スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

別冊少年マガジン「将棋の渡辺くん」を読んでみた

別冊 少年マガジン 2013年 06月号 [雑誌]別冊 少年マガジン 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/09)
不明

商品詳細を見る

別冊少年マガジンで伊奈めぐみさんの「将棋の渡辺くん」の連載が始まりました。

めぐみさんは渡辺竜王の奥様として有名で、「妻の小言」というブログも書いていらっしゃいます。「妻の小言」の今年4月1日の記事に「ブログが漫画になって、別冊少年マガジンで連載されることになりました。」と書いてあって、どうせエイプリルフールだろと思ってスルーしてたんですが本当だったんですね。

ということで、発売日に本屋に行って買ってきました!今話題の「悪の華」が表紙の雑誌です。コンビニだと置いてないところが多いのかな?それにしても、別マガものすごく分厚いですね。全部で855ページもあります。普通のマガジンの倍、将棋世界(約260ページ)の3倍以上ありますからね。カバンに入らないぐらい分厚い本なのでご注意ください。

さて、皆さんは渡辺竜王に対してどんな印象を持ってますか?

ヒール、合理主義者、ふてぶてしい、冷静沈着、怖い、・・・などなど。

どちらかといえばクールなイメージが強いでしょうか。確かに将棋に対する考え方は合理的だし、ものすごく仕事に厳しい人だと思います。
その一方で、ああ見えて実は面白いキャラクターの持ち主でもあります。王将戦の通称「罰ゲーム写真」では毎回ノリノリでしたし。ゆるキャラやぬいぐるみが好きだったり。そういえば名人戦第3局のニコ生でニワンゴというぬいぐるみを「この子」って呼んでました(笑)意外に可愛いところがあるんですね。この漫画はそんな渡辺くんの素顔を嫁目線でコミカルに描いた作品です。

掲載は729ページから。その前に渡辺竜王と「カイジ」で有名な漫画家の福本伸行さんとの勝負師対談もあります。



登場人物は竜王と奥様と息子さんの3人。第1回は佐藤天彦七段(クラシック音楽をこよなく愛す25歳)もチラッと出てきましたね。竜王と2人で暗号のような符号で会話する姿が描かれています。ちなみに、2人が話してた「矢倉で先手が56歩って打つ形」は阿久津流急戦矢倉の将棋ですね。△3一玉は2008年、▲羽生vs△渡辺の竜王戦第6局で指された有名な新手です。変化手順の△5一金!に天彦さんがビックリしてますが、私も当時驚いた記憶があります。

その他にはタイトル戦のおやつの話とかダイエットの話が出てきます。おやつで悩む竜王が面白いですね。
この漫画は基本的にノンフィクションですが、最後の頭突きはされてないそうです笑(と、ニコ生で竜王が言ってました)

福本伸行さんとの対談も内容が濃かったです。竜王が自分で自分の強さの理由を語っているのが新鮮でした。

渡辺 プロ棋士になると、実力は大差ないと思うんです。もし、僕に特別なところがあるとすれば、戦略性じゃないかな、と思います。
(対談より引用)

確かに渡辺竜王は戦略家、作戦巧者ですね。事前研究の深さが彼の強さの源だと思います。持ち時間の使い方にもそれが表れている。そして、実は福本さんも似たようなタイプだというのが面白かったです。

ものすごく分厚い雑誌なので毎月買うのは大変そうですが、来月以降も読んでみようと思います。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/11 20:41 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL