スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63期王将戦第7局 渡辺王将防衛

3勝3敗で迎えた渡辺羽生の王将戦第7局。改めて振り駒を行った結果、先手となったのは羽生三冠でした。

後手の渡辺王将は第4局に続いてゴキゲン中飛車を採用。渡辺王将は最近ゴキ中を連採していますが、最終局の大一番でも振るというのはちょっと予想外でした。
先手の超速に後手は△4四銀型で対抗し相穴熊になりました。▲8六角はこの戦型ではよく出てくる手。対して後手は8筋の歩を伸ばしていきましたが、ちょっと伸びすぎな感じもしました。

20140327羽生渡辺1
封じ手の局面(46手目△4五銀)は先手不満なし。しかし、そこから十数手進んだ△7三角(60手目)の局面は後手ペースになっています。
20140327羽生渡辺2
先手は5筋の歩を突いて銀を成り込んだものの戦果が上がらず。一方、後手は角を好位置に転換することに成功しました。どうして先手がまずくなったのか、感想コメントを見ると△7五歩(50手目)に▲同歩でなく▲5五歩だったのが良くなかったようです。
△7三角に羽生三冠は▲5三成銀と寄りましたが、△5二金とぶつけられて成銀と金の交換は後手が得しました。

20140327羽生渡辺3
▲8四銀に△5五角(70手目)と天王山に角が出て後手がはっきり優勢になりました。
以下羽生三冠も粘りましたが形勢挽回できず、110手で渡辺王将の勝ち。4勝3敗で防衛を果たし、二冠を堅持しました。

今期の渡辺さんは竜王失冠、勝率も5割台と苦しんだ1年でした。それでも最後に二冠をしっかりキープするのは流石ですね。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/28 07:15 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

渡辺二冠のゴキゲン中飛車(王将戦第4局)

王将戦中継ブログ
渡辺明王将の2勝1敗で迎えた第4局。渡辺王将が後手で、戦型はまさかのゴキゲン中飛車になりました。

渡辺さんは2月14日の王位リーグ対佐藤九段戦でもゴキ中を採用していますが、まさか続けてやってくるとは思わなかったですね。30代を迎えて新境地を開拓しようとしているのか、それとも後手番で指す戦法に苦労しているというネガティブな理由なのか。心境を聞いてみたいですね。
20140219羽生渡辺3
先手超速対後手銀対抗(△4四銀型)に進みました。後手は金美濃から木村美濃に組み替え。
40手目△2三歩に▲2五飛と引いた手が羽生三冠の工夫でしょうか。ただ、水面下では研究されていた手だったようです。封じ手のあたりは先手のほうが指しやすそうに見えました。

20140219羽生渡辺1
しかし、ここから渡辺王将が形勢を立て直します。まず封じ手の△7四歩▲5六歩の交換を入れてから△6五銀~△7六銀。そして▲7七歩を打たせてから△8五銀と引きました。この銀引きの評判が良く、逆に先手は7九に引いた角が使いづらそう。振り飛車がやれそうな雰囲気が出てきました。

20140219羽生渡辺2
しかし、▲3五歩に△同歩と取ったのがどうだったか。本譜は▲3四銀(67手目)以下飛車成りが実現して先手が一気に優勢になりました。

終盤、後手は△4七と~△5七歩と垂らして先手玉に迫りましたが、7九の角がいるため△5八歩成が詰めろにならない。一見働いてないように見えた7九角でしたが、ちゃんと守り駒になっていました。

111手で羽生王将の勝ち。渡辺王将が珍しく飛車を振りましたがイマイチ歯車が噛み合わず完敗に終わってしまいました。やはり振り飛車に慣れてないのかなという感じはしました。

これで2勝2敗の五分、振り出しに戻りました。第5局は渡辺王将の先手番なので嫌な流れを断ち切りたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/20 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

佐藤康光王将復位 第61期王将戦第5局

王将戦第5局は佐藤康光九段が勝ち4勝1敗で王将位を奪取した。2009年に棋王を失って以来3年ぶりのタイトル獲得。この間、A級降級を経験し、タイトル戦からも約2年間遠ざかっていた。苦労が続いただけに感慨もひとしおだろう。
佐藤新王将、おめでとうございます!

===================

第5局は久保王将のゴキゲン中飛車に佐藤九段の超速▲3七銀となった。これで久保さんは12局連続で「超速」を相手にしたことになる。直近11局は2勝9敗と「超速」に大きく負け越している。

△3二金も△3二銀も思わしくない、菅井流△4四歩はこの前惨敗した、ということで久保さんが用意してきたのは△4二銀型。実戦例の少ない形である。対して佐藤九段は▲4五銀と出て真っ向から咎めに行く。

封じ手の局面は後手の6五の位が大きく、玉形の差を考えると先手のほうが大変だと思った。仮に並みのアマ同士がここから指せば振り飛車のほうが勝つと思う。
検討陣も封じ手の△3三銀がピッタリで後手良しとみていたが、あとで感想戦のコメントを読むと疑問だったようだ。△3一金から桂馬を跳ねるほうが良かった、と。確かに本譜は左桂が捌けずに終わってしまったが、3三銀が疑問手だったとは難しい。

▲4二銀(59手目)が佐藤さんらしい踏みこみ。俗手だったが好手だった。以下は後手に良い変化が出なかったというから驚きである。


▲6五角~▲6四桂で先手陣に「トーテムポール」が完成。6四桂はこれまた俗な攻めだが振りほどくのが難しかった。
今期の七番勝負は珍形が出現するシリーズでもある。第1局の「5七玉」に始まり、第2局は「天空城」で逆転勝ち、第3局は「銀のトライアングル」で圧勝。そして本局は「天空の塔」。6筋に強大な厚みを築いて上から押しつぶした。


この将棋は先手の右銀の動きも面白かった。3九でスタートした「超速銀」が最後は7一まで来て詰みにまで働いた。封じ手のあたりは成銀が遊びそうだったが、最後は攻めに大活躍だった。

===================

佐藤さんの復活は嬉しいが、久保さんの不調は心配だ。
久保さんはこのシリーズ「エース」のゴキゲン中飛車で1つも勝てなかった。いずれも「超速」にやられた。
連続被弾のエースをこのまま一軍に置いておくのか、それともファームに落として別の「エース」を探すのか。
次の棋王戦、後手番を引いた時の作戦選択に注目したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/10 20:41 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第37期棋王戦第3局 久保棋王完敗

棋王戦第3局は午後5時前に61手という短手数で終局。私が昼寝している間に久保さんが投了していた。
これで久保二冠は王将戦に続いて棋王戦でも角番に追い込まれてしまった。

===================

棋譜→第37期棋王戦五番勝負 第3局 久保利明棋王 対 郷田真隆九段

戦型は久保棋王のゴキゲン中飛車に郷田九段の「超速3七銀」。勝又教授がtwitterで呟いていたが、久保棋王のゴキ中は11局連続で対「超速」とのこと。その中で勝ったのは棋王戦第1局ぐらいで、あとはほとんど負けている。

△4四歩(14手目)の菅井流に対して郷田九段は▲7八銀の「羽生新手」。先月の朝日杯▲羽生△菅井戦で指された新手で、羽生さんが上手く抑えこんで勝っている。

じっくりした戦いになると先手に押さえ込まれてしまうということで、△6六角(28手目)を決行したが、無理攻めだった。決断した以上は攻め続けるしかないが、駒損してるので攻めが細い。

攻めを受け止めてから▲6五歩~▲5四歩が郷田さんらしい優雅な手順。その後二枚の角で完封、後手は指す手がなくなってしまった。


本局もそうだが、最近の久保さんの将棋は無理攻めして切らされて完敗というのが多い。しかし、序盤で多少無理でも動かないと苦しくなるというのがあるのだろう。
現状、ゴキ中もだいぶ煮詰まってきて久保さんも作戦のストックがなくなっているんでしょうね。


マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破りマイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り
(2011/09/21)
中村 太地

商品詳細を見る


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/05 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第61期王将戦第3局 佐藤九段3連勝

棋譜→第61期王将戦七番勝負第3局 ▲佐藤-△久保

佐藤康光九段の2連勝で迎えた第3局。

久保王将のゴキゲン中飛車に佐藤九段が今流行りの超速3七銀で対抗した。「超速」に対して後手の対策も色々あるが本局は△4四銀型。この場合先手も持久戦にして相穴熊になることが多いのだが、佐藤九段は▲6八銀から二枚銀を選ぶ。

▲1六歩を保留して先に▲9六歩と間合いを計ったところが序盤のポイント。それをみて久保二冠は△5六歩(30手目)といきなり仕掛ける。△1五角があるのでそれに期待しての仕掛けだったが、逆に先手に押さえ込まれてしまった。

封じ手の局面では既に後手が苦しく、△5六桂(46手目)は勝負にいった手だと思う。だが、▲4五銀打(49手目)~▲6五銀上で桂損が確定。


天空に輝く三枚の銀で盤面を制圧。佐藤優勢がはっきりとした。それにしてもこの三枚の銀は美しい。やはり佐藤康光は魅せてくれる。

以下後手も細い攻めで先手玉になんとか迫ろうとしたが足らなかった。95手で佐藤九段の圧勝。

後手がどこで悪くなったかはよく分からないが、△5六歩からの仕掛けがちょっと無理だったのかもしれない。無理筋だったのかもしれないが、こう完璧に抑えこむというのはなかなか見られるものではない。佐藤九段が強すぎたということだろう。

第1局の▲5七玉に始まり、第2局は中段玉で逆転勝ち、そして本局は三枚の銀で抑えこみ3連勝。今回は佐藤ワールド全開のシリーズとなっている。薄い玉形を苦にしないのが佐藤将棋の特徴だが、3局ともその持ち味が出ている。

一方で久保二冠はA級と棋王戦で勝って復調の兆しを見せていたが、良いところなく敗れ後がなくなった。本局もそうだが、ゴキ中で「超速」に苦しんでいる印象がある。また新たな課題を突きつけられ苦悩の日々が続きそうだ。


マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破りマイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り
(2011/09/21)
中村 太地

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/02/18 21:42 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)