スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続・第1回電王戦感想 2手目△6二玉

米長永世棋聖「築いた万里の長城、穴が開いた」 電王戦敗北後の会見 全文 | ニコニコニュース
米長邦雄・永世棋聖(以下、米長): 残念ながら負けてしまいました。将棋の中身について申し上げますと、私はボンクラーズに対する後手の最善手は「6二玉」ということに、私の研究では結論が出ました。プレ対局のときに「私が奇を衒った」というようなことを書いた(新聞)社もありますが、どうかそれはやめてほしい。それは6二玉という手がかわいそうなのですね。6二玉が悪いのではなくて、その後の私の指し方が良くなかったので。私が弱い、あるいはその後の作戦・読み筋が劣っていたということはどのように書いてもいいけれども、6二玉という手に失礼があるようなことは書かないようにしていただきたい。私の研究ではボンクラーズが76歩ときたときは、6二玉が最善手ということに決めておりました。


米長邦雄永世棋聖の2手目△6二玉は「奇策」だったのか、それとも「最善」の手だったのか。

記者会見によると△6二玉はBonanza開発者の保木さんに教えてもらった手だという。
なるほど、対コンピュータとしてみれば「最善手」なのかもしれない。しかし、公式戦のデータベースには2手目△6二玉という手はない。角道を開けるか飛車先を突くのが普通であり、いきなり玉飛接近する△6二玉はまずありえない。「オーソドックス(正統)」ではないという意味では「奇策」と言えるかもしれない。

米長さんは「対コンピュータ」には普通の将棋で戦っては勝てないと考えて△6二玉と指した。それを「本気」とみるか、「最初から負けを認めたようなものだ」と捉えるか。

私は、米長さんは将棋とは似て非なる別のゲームを戦ったのだと思っている。真っ向勝負で斬り合うのではなく、「万里の長城」を築きひたすら待機して入玉を狙う。そういう作戦だった。別のゲームとしてみれば△6二玉は最善だったのだろう。

途中、千日手模様になりボンクラーズが飛車の移動を繰り返すあたりで別ゲー感が強くなった。がっぷり四つに組んで攻め合うような「将棋」を観に来た人々にとってはつまらない内容になったかもしれない。私はこれはこれで面白いと思ったけど。

=========================

あから2010対清水市代」のときは終盤COMが▲8六桂という勝負手を受けなかったのが印象に残った。恐怖を感じないのがコンピュータの長所なのだ。

今回の対戦で見えてきたのはコンピュータは恐怖だけでなく「焦り」も感じないということだ。千日手模様でも自分が良いと思っていれば何千手でも何万手でも指し続ける。このことを米長さんは軽視したのだろう。そうこうしているうちに人間のほうが指し手に困り、形を崩したところ隙を突かれてやられてしまった。

コンピュータにあそこから勝てるのは、同じように焦りや疲れを感じない(別の)コンピュータだけなのかもしれない。あそこからCOM同士に指し継がせたらどうなるのだろう?見たいような、見たくないような・・・

今回のイベントを見る限り「別ゲー」的な戦い方で勝つのは難しいということが分かった。だからといって真っ向勝負で簡単に勝てるというわけでもない。人間相手とは違うということは頭に入れておかなければならない。渡辺竜王が言うように「作戦だけで勝てるレベルではない」ところまで来ているのは確かだろう。

観るほうからすると、別ゲーは別ゲーで興味深かったけれど物足りなさは残った。勝ち負けは別として真っ向勝負のほうが見ていて面白い。

最後に佐藤慎一四段が力強いコメントを残しているので引用して締めたい。

だから今の現役棋士が△62玉は指さない、指したら失格(笑)。現役のときの米長先生なら指すわけないし、誰しも棋士なら真っ向勝負で行くでしょう。

これから現役棋士が指すときこそが本当に「コンピューターが棋士と肩を並べた、もしくはそれ以上」と言われるような注目を浴びる対局になると思っています。
サトシンの将棋と私生活50-50日記 電王戦と道中写真

サトシン先生も言うように次は本当の意味で大事な戦いになるのだろう。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/16 23:59 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

1月14日 電王戦vsボンクラーズ 米長永世棋聖敗れる

本日行われた米長邦雄永世棋聖対ボンクラーズの電王戦は113手でボンクラーズの勝ちとなりました。

後手の米長永世棋聖が取った作戦は2手目△6二玉。プレマッチに続いて対コンピュータに有力と言われている作戦を採用。駒落ち上手のように指し、入玉含みで抑え込む方針で戦いました。

昼食休憩の時点(上図)では後手陣が手厚く有利とみられていました。
ここから米長永世棋聖は△7二玉→△8三玉!と飛車の上に王様を移動して入玉を狙いにいきます。先手はやることがなく飛車の移動を繰り返し千日手模様となりました。

▲5七角(77手目)と引いた手に△3四歩と角道を開けましたが▲6六歩△同歩▲同角から先手に争点を与えてしまいました。

わずかな隙を突いて先手ボンクラーズが逆転。いったん手がつくと玉飛接近の後手陣はひとたまりもないですね。

最後は大差となってしまいました。Twitterで強い人がおっしゃっていましたがこういう将棋は「完勝か完敗しかない」ですよね。勿論米長さんもそうなることは分かって採用したのでしょう。途中までは上手く指していただけに残念です。

今回は人間側が引退棋士の米長さんだったので、将棋ソフトがどれくらいの実力なのかが正直分かりませんでした。
第2回電王戦では船江恒平四段ら現役の棋士が登場するので、そのあたりもはっきりと分かるようになるのでしょうね。個人的にはとっとと第2回をやって欲しいのですが、早くても1年後のようです。

早く第2回が見たい!

最後に、棋譜を置いておきますね。(要adobe flash player) このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/14 20:00 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

2011印象に残る一手ベスト10(6位~10位)

年末ということで、今年のプロ将棋で印象に残った妙手・鬼手を紹介しながら1年を振り返ろうと思う。
色んな手があって正直選びきれなかった。今年を振り返るという主旨なので番勝負中心になりますがお付き合いください。

10位、3月18日 第36期棋王戦五番勝負第4局 ▲渡辺明△久保利明 106手 △7六玉

久保利明棋王が二冠防衛を決めた一局。図は7五の玉を7六に逃げたところ。この△7六玉が凌ぎの妙手でなんと"詰めろ逃れの詰めろ"になっている。つい8六に逃げてしまうところだけど。渡辺竜王優勢で迎えた終盤だったが最後に着地失敗。劇的な逆転でしたね。
「玉は最強の攻め駒」と言いたくなるような△7六玉だった。
棋譜リンク→第36期棋王戦 五番勝負 第4局 久保利明棋王 対 渡辺明竜王

9位、7月19日 第24期竜王戦決勝トーナメント ▲橋本崇載△久保利明 32手 △5三金
続いて久保二冠の快勝譜。今年も色々な新手を見せてくれた久保二冠だが、この将棋が一番印象に残っている。
久保橋本001
5二の金を6二に寄るのかなと思っていたら△5三金!と上がった。5五の歩を取らせる大胆な構想だ。これは思いつかない。
これで久保さんの挑戦だろうと思ったのだが、挑決で丸山九段に敗れその後失速してしまったのは残念だった。
関連記事:SHOGI DIARY 第24期竜王戦 久保利明二冠が挑戦者決定戦進出

8位、6月4日 JT将棋日本シリーズ1回戦 ▲深浦康市△佐藤康光 78手 △6五飛
深浦佐藤jt001
大震災のあった2011年。震災の影響で、仙台で開催予定だったJT杯1回戦の公開対局も将棋会館での対局(ネット中継あり)に変更となった。

後手の佐藤九段がゴキゲン中飛車を採用。後手が苦しいと言われていた中盤戦、佐藤九段が△6五同飛のタダ捨てで迫る。▲同銀なら△4七歩成で勝負するというもの。実戦は▲6六歩に△5五飛!と再度飛車の押し売り。一連の勝負手で後手が優勢となったが、そこから形勢は二転三転。終盤後手が一時は入玉したのだが、それを引き戻し最後は6七の地点で仕留めて深浦さんの勝ち。199手の大熱戦。名局でした。

米長会長の迷解説も対局を盛り上げた。下品なコメもあったけれど(苦笑)米長解説は好きだけれどもちょっとやり過ぎだったね。(今見ると中継のコメントは消されている)
棋譜はこちら→2011年度「プロ公式戦」一回戦第一局 | JT ウェブサイト

7位 7月15日 第24期竜王戦決勝トーナメント ▲山崎隆之△久保利明 37手 ▲3八角
山崎久保001-2
今年最も印象に残った自陣角ということでこの将棋を挙げたい。
図は後手が飛車交換を迫り先手がそれに応じたところ。バラバラの陣形なのに飛車交換しても良いの?と思っていたら▲3八角という手があった。飛車の打ち込みを防ぎつつ遠く後手玉をも睨んでいる。次に▲4六歩と突いて▲8五歩から玉頭を攻める狙いがある。これで後手が苦しい。
しかし、ここから山崎七段は勝機を逃し逆転負け。最後はこの角が全く働かない展開になってしまった。中盤以降の崩れ方は正直見てて辛かった。
自由奔放な山崎将棋は見てて楽しい。来年は結果のほうでも(具体的にはタイトル)ファンを喜ばせてほしい。
棋譜リンク→久保利明二冠 対 山崎隆之七段

番外編 12月5日 将棋倶楽部24 bonkras △8二角
自陣角つながりで、プロ将棋ではないがボンクラーズ(bonkras)の将棋を取り上げたい。今年の年末はボンクラーズの将棋倶楽部24参戦、最高R更新が話題を呼んだ。
下図での次の一手が凄かった。

なんと△8二角!狙いは△7四歩からのコビン攻めである。普通は△5五角だが▲3七角と合わせる手がある。いやー、この8二角は思いつかなかった。
実戦は▲1八玉と角筋を避けたが、△7四歩▲同歩△3六飛以下先手のミスもあって48手でボンクラの勝ち。
3筋に飛車を転換して、△8二角。人間でこんな構想を思いつくのは山崎七段か藤井九段ぐらいではないだろうか。
<関連リンク>2ch名人 : ボンクラーズの構想がヤバい!(棋譜と2ちゃんねるの反応をまとめた記事)

6位 2月20日 第60回NHK杯本戦準々決勝 ▲羽生善治△佐藤康光 ▲9六金
この将棋は覚えている人も多いだろう。
羽生佐藤96金001
NHK杯史上初の3連覇を達成した羽生さんの将棋から。解説の加藤一二三九段が興奮して叫んでたのも記憶に残っている。
実戦は▲9六金に△5二玉と早逃げしたが、△5六飛▲7八銀△9六香▲9七歩△7六桂(詰めろ)なら後手勝ち筋だったようだ。
次の一手問題で出されれば解けるかもしれないけど、30秒将棋でこういう手がよく指せるなぁと思います。
今期も既に3回戦進出を決めているが、4連覇なるかどうか。年明けのNHK杯も注目ですね。
関連記事:SHOGI DIARY 第60回NHK杯準々決勝 羽生善治vs佐藤康光 ▲9六金

5位~1位は次回更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/30 09:00 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

米長永世棋聖敗れる

昨夜行われた米長邦雄永世棋聖vsボンクラーズ電王戦プレマッチはボンクラーズの圧勝という結果に終わりました。
29手目の▲7五歩で終わっちゃった感じでしたね。完敗でした。
一応棋譜だけ貼っておきます。
(↓棋譜再生 要Adobe Flash player)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/22 07:30 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

今夜7時から電王戦プレマッチ

将棋電王戦プレマッチ - ニコニコ生放送
本日、12月21日(水)の午後7時から米長邦雄永世棋聖とボンクラーズのプレマッチがニコ生で生中継されます。
それにあわせて、「将棋名人400年祭クイズ」なるものも用意されているようだ。

「米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦」 (2012年1月14日開催)のプレマッチ!(日本将棋連盟)
☆将棋名人400年祭クイズ☆

1.12月21日の米長永世棋聖の秘策2手目を当ててください。
2.来年1月14日、米長永世棋聖の将棋盤の前に座るのはだれでしょうか。
3.同日、ボンクラーズは1秒に何手読むのでしょうか。


、会長の2手目は秘策ということで、「△3四歩と△8四歩の2手を除いた28通りのどれか」だそうだ
予想はは△2四歩。米長会長が昔、本を出していた「角頭歩戦法」だ。
△2四歩以外では、香上がり(△9二香、△1二香)だろうか?コンピュータの思考を乱すという意味で。私はあまり良い作戦とは思わないけど。
あとは阪田三吉流の端歩(△9四歩、△1四歩)か。でもこれだと奇策という感じがしない。
個人的に見たいのは2手目△3二飛。解説がこの前△3二飛で勝った谷川九段なので。

、大物が来るんじゃないかと思います。佐藤康光九段で。
、会長のHPを見ると現時点では700万手ぐらい読むらしい。当日は800万手ぐらいまでいくのだろうか?

=========================

会長が若手プロに試しにボンクラと対戦させたところ「1手30秒だとプロ側の勝率は20%くらい」だったそうである。持ち時間が長くなればもう少し勝率も上がるのだろうが、今回は早指しなので米長さんが勝つのは厳しいと思う。ただ「勝ちパターンが分かってきた」とも言っているので少しだけ期待してみようと思う。どういう作戦を見せるんでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/21 07:00 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)