スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第60期NHK杯 中座vs豊川

久々にNHK杯を観戦

先週から第60期がスタートしたNHK杯テレビ将棋トーナメント
今日は、B1昇級で今期から予選シードとなった豊川孝弘七段に、「8五飛戦法」の創始者として有名な実力者中座真七段の対決だ。

戦型は先手中座の相掛かり棒銀。横歩取らせ8五飛で有名な中座さんだが、相掛かりもよく指す。
対する豊川は8五飛と浮いて銀の動きをけん制する作戦に出た。

棒銀が上手くいかないと見て中座が▲4五銀~5六銀と中央に活用する方針に切り替えた手に対し
豊川は端から手を作る。部分的には昨年の山崎vs羽生の王座戦でも現れた端攻めだ。ここから後手が9筋にと金を作ることに成功し、ややリードを奪ったか。
と金寄りが間に合わないように先手は激しく攻め合う。角金交換から竜を作るのに成功したが、攻防の自陣角△3二角~△2三角打で竜を消されてしまう。これでは先手辛い。

しかし、中座も苦しいながらも粘り、7二銀型中住まいの弱点でである4筋と5三の地点に狙いをかけたが8筋方面に上手く逃げられてしまった。その前に8二に作った成香を抜かれてしまったのが痛かった。豊川の手厚い寄せが決まり、154手の激戦の末豊川七段の勝ち。


終盤、ハンカチを食いしばって対局する豊川が印象に残った。何度も噛むのでちょっと面白かったが、豊川の気迫が画面越しに伝わってくるようだった。やはり豊川さんは色んな意味で「魅せてくれる」棋士だなぁと思う。


↑今日の将棋にも出てきた棒銀vs△8五飛の対抗型もフォローされている相掛かりの最新定跡書。「解説名人」の野月七段の著書だけあって非常に丁寧で分かりやすいです。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/04/11 20:18 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)