スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

里見さんが女流王座奪取(女流王座戦第4局)

リコー杯女流王座戦中継

挑戦者・里見香奈女流二冠の2勝1敗で迎えた第4局。結果は106手で里見女流二冠が勝ち、3勝1敗で初の女流王座獲得となりました。

第1局は加藤女流王座の勝ち、第2局は中盤加藤さんがリードを奪うも終盤混戦になって里見さんの勝ち。そして第3局は加藤女流王座が終盤勝勢を築いたものの、まさかの大逆転負け。3局戦ってスコアは里見さんの2-1ですが、内容的には加藤女流王座のほうが良い将棋を指していました。しかし、昨日の第4局は終始里見さんペースで快勝。加藤女流王座はやはり第3局の逆転負けが痛かったですね。

里見さんは5月に女流五冠を達成したものの、その後立て続けに3つのタイトル(女流王位、女流王将、倉敷藤花)を失冠。この女流王座戦も黒星スタートで不調説もささやかれていましたが、やっと嫌な流れを止めることができました。

里見さんは現在奨励会で直近11勝3敗。12月23日の例会で1つ勝てば三段リーグ入りが決まります。こちらも頑張ってほしいですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/14 06:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

第3期女流王座戦第1局 加藤先勝

リコー杯女流王座戦中継ブログ
女流王座戦の五番勝負が昨日から開幕しました。

女流棋戦で奨励会員同士の番勝負は今回が史上初となります。加藤桃子女流王座は関東奨励会の1級。挑戦者の里見香奈女流三冠は関西奨励会の二段。奨励会では2段と1級は香落ちの手合いになりますが、今回は平手戦です。普通に考えれば上位者の里見さんのほうが期待勝率は高いですが、力の差は紙一重なので結果はどちらに転ぶか分からないと思います。

棋譜→2013年10月26日 第3期リコー杯女流王座戦五番勝負 第1局 加藤桃子女流王座 対 里見香奈女流三冠

第1局は里見女流三冠の先手で石田流。対して後手の加藤女流王座は居飛車左美濃で対抗しました。
△6三銀(28手目)に▲6五歩△同歩▲同銀と仕掛けて戦いが始まりました。この局面は前例がないですが、1筋の交換があれば▲久保△渡辺戦と同じ進行。前例は7八の金取りを6九角と受けていましたが里見さんは▲6七角と手を変えました。

仕掛けたあたりは振り飛車もまずまずという感じでしたが、加藤女流王座の△2三銀打(48手目)~△4五金が手厚く後手がリードを奪いました。
20131026里見加藤1

67手目飛車取りに桂を打たれたところでは、飛車を逃げずに▲3四桂と勝負したほうが良かったようです。本譜は6七にできた"と金"が大きく居飛車が優勢に。以下後手が着実にリードを広げて快勝となりました。

里見さんは女流棋戦での負けが続いているのがちょっと心配ですね。第2局以降の巻き返しに期待したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/27 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

第2期女流王座戦第2局 幻の9七角

リコー杯女流王座戦中継ブログ

本田小百合女流三段が加藤桃子女流王座に挑戦する五番勝負第2局。第1局は加藤女流王座が相掛かりの乱戦を制し、先勝した。本田挑戦者からすると力を出し切れなかった将棋だった。

棋譜→第2期リコー杯女流王座戦五番勝負 第2局 加藤桃子女流王座 対 本田小百合女流三段
第2局は本田さんが後手で一手損角換わり。対して先手が腰掛け銀を選んで相腰掛け銀の将棋になった。一手損の相腰掛け銀は久々に見たような気がする。後手は△8三歩型で先手は▲7八金を保留したまま駒組みを進める。△8四歩に▲6八金寄。この先手の囲いは何て言うんだろう?箱入り娘とはまた違うような。横からの攻めには強いが、場合によっては二枚の金が壁になるデメリットもある。

加藤本田2_002

後手は3筋を突き捨ててから△6五銀と出たが、▲5五角が好点の角打ちで先手がペースを握る。

▲6一角から角を切って▲2四飛(73手目)と走った局面は先手がはっきり優勢だと思った。先手の玉が堅いので飛車を切って攻め続けることができる。

最終盤、加藤は▲2二銀(89手目)から決めにいったが雑な寄せだった。▲3三と(95手目)で後手玉は受けが難しい、、と思いきやここで△9七角!と放り込む手があった。

加藤本田2_001

▲9七同香は△9九飛から詰みなので、▲8八桂と合駒するしかないが桂を使うと後手玉への詰めろが消える。しかし、本田女流三段はこのチャンスを逃し△2一金と指してしまう。これは▲2五桂打から即詰みで加藤女流王座の勝ちとなった。

感想戦によると、本田さんも△9七角は見えていたとのこと。見えていたが、▲8八桂△2一金▲6五桂△3二金▲同との局面で受けがないとみて読みを打ち切ってしまった。が、そこでまだ受けはあって以下後手が勝ち筋だったようだ。1分将棋だったとはいえ、△9七角が見えていたのにもったいなかった。相手を信用してしまったのだろう。

これで加藤女流王座が2連勝。おそらくこのまま防衛ということになりそうだが、本田さんには何とか1つ返してほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/04 08:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

初顔合わせは里見に軍配 里見女流三冠vs加藤女流王座

マイナビ女子オープン

棋譜:里見香奈女流三冠対加藤桃子女流王座

先日女流王座を獲得したばかりの加藤桃子16歳と女流三冠里見香奈19歳の対戦がついに実現した。楽しみにしていたファンも多かっただろう。この2人は里見香奈さんの奨励会編入試験で一度対戦がある(加藤勝ち)が、女流公式戦では初手合いとなる。

里見女流三冠の先手で中飛車となった。最近は角道を止めない中飛車が流行っているが、里見さんは早々と角道を止める。対するカトモモはレトロな急戦。昔の大山加藤戦のような展開となった。

36手目までは35年前に指された▲中原△加藤の十段戦と同一。
香奈桃子002
だが、両者ともこの前例は知らなかったという。平成生まれの両者の将棋がクラシカルな対抗形になるのは面白い。37手目▲6六銀でその前例から離れる。

▲6六銀に後手は8筋を突き捨てて開戦。△6五同銀(46手目)に▲5五銀とかわす手を軽視したか?次の▲6四銀からの桂取りが受けにくく先手がペースを握った。

中終盤、控室の検討では形勢が二転三転していたようだが、後で追加されたコメントによればずっと先手が良かったようである。

先手優勢の最終盤、カトモモが△5五角!の勝負手で迫る。
香奈桃子001
ここで里見さんは▲3九玉と早逃げ。控室の予想になかった手だが、この手自体は好手だったようだ。ここで単に▲1五歩と詰めろをかけるのは△3六桂に▲1八玉(▲3九玉は一手詰め)で、1九の香車が影になってしまい詰めろが消えてしまう。

玉を逃げてから▲1五歩(101手目)と詰めろをかける。ここで加藤さんは△5二飛と銀を払ったが、▲3三飛成で即詰みとなってしまった。

△5二飛では△3六桂が3五に逃げ道を作って「詰めろ逃れの詰めろ」で後手の勝ち筋だった。先手は▲1五歩が疑問手だったようだ。

うーん、惜しい!加藤さんが最後のワンチャンスを逃してしまった。
急転直下の終局となってしまったが、期待通りの熱戦だった。


この2人はこれからも互いに競い合って上を目指してほしい。
香奈と桃子のライバル物語はまだ始まったばかり。この物語が今後どんな展開を見せるのか、楽しみです。
百番勝負目指して頑張ってほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/16 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

加藤桃子さんが初代女流王座獲得!

リコー杯女流王座戦中継

女流王座戦五番勝負第5局は、加藤桃子奨励会1級が清水市代女流六段を破り3勝2敗で初代女流王座を獲得した。

最終局までもつれた今回の五番勝負だったが、内容的には加藤さんが圧倒していたと思う。初めての大舞台で力を出し切るのは大変なことだが、加藤さんは16歳とは思えないほど落ち着いていた。

今回の番勝負、私の予想は清水持ちだった。実力的にはほぼ互角でも、大舞台での実績や経験値の差が出るのではないかと思ったからだ。私自身が清水ファンなのでタイトルを獲ってほしいという期待もあった。
しかし、その予想は外れた。
第4局の逆転はそういう部分が出たのかもしれないが、それ以外は加藤さんの指し回しが素晴らしかった。

女流棋士の資格を持たない奨励会員がタイトルを獲ったことについては色々な意見があると思う。個人的にはこの結果にはそれほど驚きはない。奨励会1級の里見さんが3つタイトルを持ってるのだから4つ目も奨励会1級が取るのは不思議ではないよね。ゼロが1になったというよりは3が4になったという感じかもしれない。

それでも、「女流将棋界のさらなる発展に寄与するため」という名目で始まった棋戦なので女流棋士に頑張ってほしいという思いもあった。上田さん、甲斐さん、矢内さん・・・etcの奮起にも期待したい。(もちろん清水さんも)

加藤 この一年は、この棋戦に出させていただいいたおかげで、自分でもわかるくらい成長しているな、強くなっているなと感じました。この勢いで奨励会の方も調子を上げていきたいと思います。この一年は人生で一番将棋が好きになったので、もっと将棋の勉強をしていきたいと思います。
リコー杯女流王座戦中継ブログ: 記者会見

加藤さんのこの感想を聞くと、今回出場することができて良かったなぁと思う。
本人もこの結果が最終目標ではないと思うので、是非プロの「四段」を目指してこれからも頑張ってほしいですね。

最後になりましたが、今回は本当におめでとうございます!

以下、新聞各紙の記事
奨励会の加藤1級が初代女流王座 将棋リコー杯 (日本経済新聞)
【時の人】初代女流王座 加藤桃子さん | 静岡新聞(※加藤さんは静岡県牧之原市出身)
中日新聞:16歳で初代女流王座に 奨励会の加藤桃子1級

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/13 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)