スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

塚田泰明九段の自戦記(新潮45)を読んだ

18日発売の『新潮45 2013年6月号』に電王戦第4局を戦った塚田泰明九段の手記「われコンピュータ将棋と引き分けたり」が載っています。タイトルは故・米長永世棋聖の「われ敗れたり」をもじったもの。62ページから9ページにわたって掲載されています。

新潮45 2013年 06月号 [雑誌]新潮45 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/18)
不明

商品詳細を見る


詳しくは本誌を手に取って読んでいただくことにして、気になった部分を抜き出しておきます。

・電王戦の応募者は十数名いたそうだが非公開。佐藤慎一四段は前会長の御指名。三浦八段は「A級の参加者が1人欲しい」というドワンゴの要請。純粋に公募で決まったのは阿部光瑠と塚田の2人。

・ツツカナの開発者は△7四歩という普通では珍しい手をあらかじめ入力しておくことにより、ソフトの弱点が出ないよう手を加えていました。それは「人工知能」だけの戦いではないので妙な話です。(中略)ちょっと人力を加えることで隙が減るのは不公平で、ルール上認めてしまったのは失敗でした。

・(第4局の内容について)端に垂れ歩をしたら、なぜか飛車を引いてくれたので入玉を目指す方針に転換した。飯田さん(弘之六段)から教わった作戦「入玉を狙え」に従い、確信を持って手順を進めた。

・対局を観戦していた妻(高群女流)からは「指さして駒を数えるのはみっともない」と指摘された

・終わった後にさまざまな議論があったが、びっくりしたのは「勝てた」という意見があったこと

・第3回は最新版に近いソフトを提供してもらうこと、序盤に開発者の意志を加えないことをルール化すべき

※注:「塚田九段は勝てた」という意見はネット上でもいくつか見かけましたが、参考までにApery開発者の平岡さんのブログを載せておきます。
電王戦第四局 塚田泰明九段 対 Puella α - buoyance

==========
一番気になったのは、序盤に開発者の意志(例:ツツカナの△7四歩)を加えるのはおかしいという意見。

私は別に不公平だとは思わなかったです。ツツカナの場合、開発者の一丸さんが事前にソフトを貸し出してたので。
それに、序盤の駆け引きがあったほうが「人間対人間」の戦いという感じがしてむしろ面白かったですね。でも、対局者の立場だとそれは不公平だと思うのも分からなくはない。どこまで開発者の意志を入れていいのか、難しい問題ですね。

現代ビジネスの観戦記(後編)で塚田九段は「第3回があるなら、その運営委員に立候補したい」と語っていました。前回はルールが曖昧な部分があったので、もし第3回やるのであれば開発者ときちんと議論してほしいと思います。

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【前編】対局3日前、「棋界の武蔵」三浦八段が漏らした本音 文/山岸浩史
「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【後編】一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか 文/山岸浩史

↑現代ビジネスの山岸さんの観戦記は非常に読み応えがあって面白かったです。未だ読んでない方は是非。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/20 21:28 ] 電王戦 | TB(0) | CM(5)

電王戦第4局 塚田九段、執念の引き分け

第2回 将棋電王戦 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α(ニコニコ生放送)

電王戦第4局は凄まじい将棋だった。何から書いたら良いのか分からないが、とりあえずいつも通り初手から振り返ってみる。

<戦型は相矢倉>
▲7六歩△3四歩▲2六歩に後手の塚田九段は△4四歩と角道を止めた。人間同士なら▲2五歩を決めて矢倉をけん制したと思うが、プエラは▲4八銀。△4二銀と上がってウソ矢倉になった。第3局までは力戦形の将棋が続いたが、初めて普通の将棋になった。

通常の矢倉と違って先手が▲2六歩突いているのに対し、後手は飛車先不突。△7二飛から森下システムの先後逆バージョンになった。
20130414プエラ塚田1
▲1三桂成△同銀▲2五歩(本譜は桂不成だったが)は矢倉戦ではよくある手筋。最初に指したのが南芳一九段だったので南流とも呼ばれる。

先手の端攻めを逆用して後手は△1六歩と垂らしてと金を作る。入玉含みの手だ。しかし、先手に馬を作られる。その馬を▲6三馬(71手目)と寄られた局面は次に▲4一金の飛車取りがあって後手が苦しい。
20130414プエラ塚田2

ここで△5二銀打と受ける手もあったが、受けてもキリがないとみた塚田は覚悟を決める。△2六香から入玉勝負に出た。局後の会見によると、塚田も点数は足りなくなるのは分かっていたが、相手がコンピュータということで決断したとのこと。

<相入玉>
塚田玉の入玉は確定したが、大駒を全て先手に取られ点数が圧倒的に足りない。人間同士なら先手の判定勝ちなので、もっと前に投了していると思う。だが、この将棋は団体戦だ。自分が投了した瞬間にチームの負けが決まってしまう。それに、将棋ソフトは入玉模様が苦手なので何が起こるか分からない。塚田は粘り続ける。

プエラは8八玉のままなかなか玉を上がろうとしない。将棋ソフト全般に言えることだが、入玉を狙わないために大逆転が起きることがある。塚田も事前の研究でソフトが8八玉型にこだわることを知っていて入玉勝負にかけた。

20130414プエラ塚田4
しかし、▲7七玉(125手目)が人間の望みを打ち砕く一手。ついにプエラが自ら入玉を目指した。以下▲9五銀~▲8六玉で入玉が確定。これは終わったと正直思った。塚田九段も▲7七玉から入られたのが大誤算だったそうた。

<奇跡の引き分け>
しかし、塚田は諦めない。最後まで持将棋の可能性を信じて指し続けた。

そして奇跡は起こった。プエラの指し手が乱れ大駒を詰まされてしまう。一時は10点近く足りなかったのが2点差まで詰まった。さらに小駒を一枚、二枚と取ってついに24点達成!
230手の大激戦の末、持将棋成立引き分けとなった。

終局直後、塚田九段は泣いていた。色んなものを背負いながら戦っていたのだろう。
記者会見でも涙。記者に「投了も考えましたか」と聞かれ、目頭を拭いながら「自分からは・・・」と言葉を詰まらせていた。これを見て私も貰い泣きしてしまった。

棋譜だけみれば格好悪い将棋だったかもしれない。でも、それを分かった上で恥もプライドも捨てて戦う姿に感動しました。タイトル取ったこともある棋士が泥水すすって戦うのは並大抵の覚悟ではできないと思う。

塚田九段の思いは第5局対局者の三浦八段にも伝わったはず。その思いを引き続いて三浦さんも最後まで諦めず勝利を掴んでほしい。

"「第2回将棋電王戦」第4局、大熱戦の末、持将棋引き分けに"(日本将棋連盟)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/14 09:05 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

電王戦第4局 Puella α対塚田泰明九段戦の見どころ

"第2回 将棋電王戦 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α"(ニコニコ生放送)
明日(4月13日)の電王戦第4局、塚田泰明vs puella α戦について



まずは第4局のPVをご覧ください。
毎回そうですが今回は特に対立を煽ってますね。特に開発者の伊藤英紀さんのヒールっぷりが素晴らしい。
一応断っておくと、こういう動画は意図的に編集している部分があります。なので、あまり真に受けないでほしいですが、それにしても良く出来てますね。

PVにも出てきましたが、伊藤さんは「技術的には名人を超えた」と発言しています。この発言に関して伊藤さんがブログを更新していますので詳しくはこちらをご覧ください↓

現状認識@2013年4月: A級リーグ指し手1号

非常に論理的な説明でブレがないですね。
レーティングで推定すればそういう結果も出るでしょうね。現に早指しでは人間を上回っていると私も思います。

一方で、将棋ソフトの序盤には違和感を覚えることも多いです。中終盤の強さに比べると序盤が弱点だと思います。なので、塚田九段の「あの序盤でよく名人超えたと言えますね」という発言にも共感します。

さて、本局の勝敗予想ですが、伊藤さんはpuellaαの勝率を85%と予想しています。が、私は勝率はそこまで高くないと思います。この勝率は将棋倶楽部24のレーティングを代用して推測したものですが、早指しと4時間の将棋だと若干違いが出てくるのかなと思います。なので、塚田さんが勝つ可能性も十分あると思います。
塚田先生には下馬評を覆してほしいですね。

最後に戦型予想。塚田九段は攻め将棋で「塚田スペシャル」で有名ですが、本局は急戦形の将棋にせずにじっくりした戦いに持ち込むのではないでしょうか。塚田先生が勝つとしたら阿部vs習甦戦のように序盤でリードして圧勝という展開でしょう。第2局、第3局のように接戦になるとソフトのほうが有利と思います。2月に行われた非公開の練習対局(vsツツカナ)では「序盤から序々に差をつけて勝っていた」そうですが、本局もそんな感じで勝ちたいですね。

序盤巧者の塚田九段の作戦に注目したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/12 22:25 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

第2回電王戦開幕まであと1ヵ月

3月23日に開幕する第2回電王戦まで残り1ヵ月となった。

今月の将棋連盟モバイルの棋士コラムでは出場者5人が意気込みを語っている。昨日(22日)は塚田泰明九段だったが、良い文章だった。メンバーが決まったときは正直「なぜ塚田?」と思ったのだが、これを読むと応援したくなりますね。

そのコラムの中でソフト貸し出しの話が出てた。12月に出場者全員にツツカナが提供されていて、塚田さんには米長永世棋聖が使っていた「ボンクラーズ」(旧バージョン)が配布されたようだ。

それに関連して朝日新聞2月18日の特集記事
"棋士VS.コンピューター、ガチンコ5番勝負 来月から将棋電王戦"(朝日新聞デジタル)

今月8日、将棋会館に5人集まってソフトと練習対局(持ち時間10分)を行ったようだ。
 パソコンに向かう5人の表情が徐々に険しくなる。「そっか」とつぶやく。「わからない」とうめく。持ち時間(各10分)が本番(各4時間)より短く、コンピューターに有利なこともあるが、人間がやや負け越す結果に。名人挑戦権を争うA級棋士の一人、三浦弘行八段も苦杯をなめた。


「負け越し」自体には驚きはないんですが、「やや」というのはどれぐらいなんでしょうか。というか、さらっと三浦が負けたと書いてるけど、大丈夫なんですかね?

「短時間で負け越しでも長時間なら・・・」という意見もあるけど、そんなに変わらないと思う。1勝4敗が2勝3敗になるぐらいで。本番でも人間が負け越す可能性は高いのではないか。

というわけで、人間にとって厳しい戦いになりそうだが、何とか頑張ってほしい。

話は変わって、明日24日から「ニコニコ本社でGPS将棋に挑戦!勝ったら賞金100万円」という企画が始まる。
詳細はコチラ→人類vs最強将棋ソフト 第2回将棋電王戦開催記念イベント | niconico

意外と一発入りそうな気もするけど、どうなるでしょうか。せっかくなのでアマのトップクラスの人に出てほしいですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/23 07:30 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

第2回電王戦 出場プロ棋士発表

将棋電王戦 2013 「5人のプロ棋士」VS「5つの最先端将棋対局ソフト」 - ニコニコチャンネル



第2回電王戦に出場するプロ棋士5人が昨日発表されました。

3月23日 第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦
3月30日 第2局 佐藤慎一四段 vs ponanza
4月 6日  第3局 船江恒平五段 vs ツツカナ
4月13日 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α
4月20日 第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋

対局は5局一斉に行うのかと思っていたが違った。3月23日(土)から一週間おきに行われるとのこと。

今回のメンバーはバランスが取れていて面白い人選だと思う。個人的には若手中心になると予想していたので、塚田と三浦が選ばれたのは意外だった。特に三浦八段、現役のA級棋士が出てくるとは思わなかった。ある意味連盟の本気を感じた。良く引き受けてくれたなぁと思う。5人の決断に拍手を送りたいですね。
ちなみに、佐藤慎一プロのブログを読むと夏前には内定していたようだ。
サトシンの将棋と私生活50-50日記 第2回電王戦

対局ルールは午前10時開始で持ち時間4時間、それを使い切ると1分将棋。なお、千日手・持将棋は時間制限を設定して、一定の時間を超えた千日手持将棋は引き分け無勝負にするようだ。

記者発表会の質疑応答で気になった質問に「事前研究用にソフトを貸し出しすることはできるのか」というのがあった。

これは開発者によって回答が違った。GPS将棋はサイトから自由にダウンロードして良いと答えたが、ponanzaの山本氏は勝負なので貸したくないとのこと。Puella αの伊藤氏は「去年は貸し出したが、普通の対策に使うのなら問題ないが、コンピュータの穴をつくような対策をされるのは、観客的には興をそぐかなと思っていて考えている途中。」と、去年の△6二玉を批判してましたね(苦笑)

それと関連して、「棋士は棋譜が残っているのでコンピュータ側は研究しやすいが、コンピュータの棋譜は公開されていないので棋士側にとってハンデとならないか?」という質問もあった。

これについては、コンピュータ将棋選手権とfloodgate(コンピュータ将棋連続対局場所)で何千と棋譜が公開されているので心配はない、とのこと。
私は開発者側の言うことが正しいと思うが、実際にソフトと指したいというプロ棋士の気持ちも分かる。この辺は連盟(プロ棋士)と開発者で納得いくまで話し合ってほしい。

最後に勝敗予想だが、人間側にとって厳しい戦いになるだろう。puella αの伊藤英紀さんは「コンピュータの4勝1敗か5勝0敗のどちらかだろう」と言っていたが、その可能性もあると思う。

ただ、自分は人間応援派だし伊藤さんと同じ予想というのも悔しいので、人間の2勝3敗としておきたい。将棋倶楽部24の早指しだとプロ全敗もあるかもしれないが、今回は持ち時間4時間なのでこれは人間に有利に働くとみた。
あとはA級の三浦が勝つか負けるかで評価が変わってくると思う。仮に1勝4敗でも三浦さんだけは勝ってほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/16 08:02 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)