スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯1回戦 島vs井上

棋譜→2012年07月01日第62回NHK杯1回戦第13局

井上と島は2年前にもこのNHK杯で戦っていた。本局はそれ以来の対戦となる。過去の対戦成績は井上9勝、島6勝。

戦型は後手島九段の一手損角換わりに先手の棒銀となった。先手の3筋攻めに対して後手は飛車を4筋に振って玉を右に囲う。△6二玉・△7二金の佐藤流。玉の囲いを2手で済まして4筋からの反撃を急ぐ。

この形の代表例としては第60回NHK杯の▲羽生△勝又戦がある。羽生勝又戦は△3五銀(40手目)に▲9六歩と端歩を突いたが本譜は▲5五歩。将来▲5四歩のコビン攻めがイヤらしい。


44手目△4六銀(図)に▲同銀と取ったが、ここで一本▲2四歩を入れておくのもあった。△2四同歩には▲3四歩と叩いて、△3二金なら▲5四歩△同銀▲2四飛△2三歩▲3三歩成△同金▲5四飛△同歩▲4六銀(取れば王手飛車)が狙い。
ただ、▲2四歩を取ってくれるとは限らないし、▲3四歩には強く△同金もある。
井上は最初▲2四歩と突くつもりだったが手抜かれた時の変化に自信がなかったようで、素直に▲4六同銀と取った。

後手が△3六歩からと金を作ったのが上手い構想だった。と金の引き場所を作った△3五歩(64手目)に感心したのだが、実はここまで前例があった。▲中村修△島戦(銀河戦)で、2筋の突き捨てが入っているのを除けば同じ将棋。そうか、どうりで島の指し手が早かったわけだ・・・

このと金攻めが早かった。△5六と(74手目)を取れないのは痛い。3二の馬がよく利いている。さらに飛車を成った手が詰めろで後手勝勢となった。

86手で島九段の快勝。井上さんは全く良いところがないまま終わってしまった。
開口一番、「いやー、アホみたいな将棋にしてしまいましたー。こうするつもりじゃなかったのに」と何度もボヤいていた。
前例通り進めて島の研究にすっぽり嵌ってしまった。

先手はどこかで▲5四歩を一本入れたほうが良かったと思う。感想戦で検討されていたのは67手目▲8五歩と桂馬を取る手で▲5四歩。△同馬は▲4五銀、△同歩はコビンが開いて馬の利きが止まる。本譜は3二の馬の利きが強すぎた。

ベテラン同士の捻り合いを期待していたのだが、一方的な内容になってしまい残念。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/03 07:15 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

Number801号に羽生二冠の特集

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 4/19号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 4/19号 [雑誌]
(2012/04/05)
不明

商品詳細を見る

今日から第70期名人戦が開幕する。

Numberの最新号(801号)に名人戦特集ということで羽生二冠の記事「羽生善治42歳。『闘う理由』」(文・高川武将)が載っている。高川武将さんは以前Numberで藤井九段の記事(「非エリートの思考法」)を書いたことのあるライターさんだが、今回も良記事だった。
谷川、森内、島へのインタビューもあり読み応えがあった。これは羽生ファン以外のファンにも読んでほしい。

羽生さんはなぜ今も強いのか。島朗九段の言葉が特に印象に残ったのでここに抜粋する。
僕は不思議と羽生さんの衰えを感じないんです。彼の強さの根源は、今も昔も変わらない。負けたら終わりなんだ、という強い気持ちですよ。島研は序盤の最新形を探る今の研究会と全く違って、答えの出ない終盤しかやらなかった。地に這い蹲って手を拾う練習、泥臭く、みっともない勝ちを目指す練習です。どんなに情報やデータが大事でも、将棋は最後は根性じゃないんですかね。彼は負けたら終わりという気持ちを根底に植えつけてしまっている人ですよ。

最後まで泥臭く諦めないのが羽生さんの強さ。それは森内さん含め他の羽生世代にも共通することだが、羽生さんは特に負けず嫌いだと思う。そうでなければ鬼リーグのA級を勝ち上がってくることはできなかっただろう。

昨年のリベンジに闘志を燃やす羽生二冠。対して「相手が強いほどやりがいがあります」と語る森内名人。
今年もこの2人の熱い戦いが見られそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/04/10 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

NHK杯 丸山忠久vs島朗 丸山17連勝

タイトルでネタバレしてしまったが、丸山-島戦は今回も丸山九段の勝ちとなった。
これで対戦成績は丸山忠久九段の17勝0敗!
島朗九段もA級経験豊富な実力者なので1回ぐらい勝っていてもおかしくないのだが・・・まさに「棋界の七不思議」ですね。

=========================
戦型は島九段の△8四歩から正調角換わりとなった。丸山さんは角換わり将棋のスペシャリスト。特に先手角換わりは棋界最強と言ってもいい。今日解説の郷田九段も丸山の先手角換わりに苦しめられている1人。

この将棋は序盤の駆け引きが面白かった。
後手は右銀の動きと△3二金を保留する → 丸山の▲4七銀を見て棒銀に出る → 先手は右玉を含みに玉の位置を保留
▲6八玉を見て、△7五歩と仕掛けていったが△9四歩▲6八玉の交換は先手得。先手も攻撃形が出来上がっているので反撃が厳しい。郷田解説によればプロ間では先手の勝率が高い形とのこと。

後手が十字飛車狙いに来たのに対し、先手は手抜いて▲2二歩。十字飛車には桂馬を取って攻めあおうというもの。
これを見て後手は十字飛車に行かず4八に角を打ち込んだが、▲2八銀と打たれてみるとこの角が負担になってしまった。

劣勢の島九段はは△3三桂から△4五桂と跳ねて勝負に行ったが、▲5五角(73手目)が痛い。

後手は早逃げで粘るが▲6二歩が「焦点の歩」の好手だった。

後手は△4二歩と受けてから△5四桂と攻め合いに出たが、▲6三金と縛られて受けが無くなってしまった。
最後は王手ラッシュで6三の金を抜いて頑張ろうとしたが及ばず、またしても丸山九段の勝ち。

島さんにとっては屈辱の17連敗となってしまったが、両者の攻防は見ごたえがあって勉強になった一局だった。

マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わりマイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり
(2011/08/19)
西尾 明

商品詳細を見る



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/10/31 06:55 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

激辛流と人は呼ぶけれど・・・

新聞観戦記でこれ良いなぁ、読み返したいなぁと思ったものは昔からノートにスクラップしている。(最近はEvernoteが便利で使っている)

その中から今日紹介するのは、今年(2011年)2月25日に日本経済新聞に掲載された島朗九段の王座戦観戦記。▲鈴木大介八段-△丸山忠久九段戦の最終譜です。

島さんの観戦記は物語調で対局者の心理描写が入るのが特徴。好みが分かれるところだと思うが、私は好きだ。

激辛流の異名を持つ丸山九段だが、その呼び名について島九段はどう思っているのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/09/17 07:30 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)

第61回NHK杯 甲斐智美vs島朗 

NHK杯1回戦最後のカードは女流枠を勝ち上がった甲斐智美女流王位と初代竜王の島朗九段の対戦となった。

甲斐女流王位を始めとして強い若手が増え、女流棋士全体のレベルは確実に上がっている。例えば、先日の朝日杯では上田初美女王が金沢五段に、岩根忍女流二段が熊坂五段に、そして中村真梨花さんが伊藤能五段に白星を挙げている。だが、今日の相手が島朗というのはキツい。順位戦はB級2組に落ちたが、昨年度の勝率を見ても分かるように力はまだまだ衰えていない。フリークラスの棋士相手なら勝てても、島さんクラスに勝つのは厳しいだろう、というのが私の戦前の予想。

戦型は甲斐女流が後手番ということでゴキゲン中飛車、対する島朗九段の対策が注目されたが、今流行りの「超速3七銀」ではなく、4筋の位を取って▲4六銀と出る急戦だった。プロの将棋ではあまり見ない古風な作戦。流行形だと若手(甲斐)の研究にはまる可能性もある。自分の土俵で戦いたいというのがあったのだろう。

解説の阿久津主税七段も「見たことがない」というこの形だが、島九段は鈴木大介八段相手に一度この戦法を指して勝っている。(2007年、第56回NHK杯本戦3回戦)。この形は、通常の▲4六銀急戦と比べて歩越し銀でないので筋は良いと思うのだが、(▲4六歩、▲4五歩の2手指してるぶん)攻め足が遅いのでスピード重視の現代将棋ではあまり指されないのかもしれない。

甲斐島001

次に▲3四歩と打たれると居飛車優勢なので△5六歩と突いて捌きに出る。▲4四歩に△3四歩▲同銀と取らせて目標となっている角を捌くことができた。このあたりは振り飛車もまずまずだろう。

甲斐島002

振り飛車が5四の歩を取った局面、飛車が走れるので厳密には居飛車が良いのだろう。しかし、玉形の差があるので実戦的には互角。ここで▲2四飛には△2三歩~△1四角の反撃が気になったか、島九段は▲4三角~▲5五歩。▲5五歩は「敵の打ちたいところに打て」で、▲3四角成から5六に馬を引きつければ居飛車が手厚く負けにくい。本局、島九段は一貫して「負けにくい手」を選んでいるようだ。

後手からは△4六角から、3四の馬を狙って△3一飛と反撃したかったが、▲4三歩(53手目)と叩いたのが好手。△3二金とかわしたが、3一飛の筋がなくなりはっきり居飛車が良くなった。

▲4一飛(69手目)が先手で入ってしまってはさすがに粘りようがない。その後数手で甲斐女流王位が駒を投じた。終わってみれば島九段の快勝譜。

後手もまずまずの形勢で進めていたが、どこで悪くなったのだろうか?感想戦によると▲5五歩に△4二金(48手目)のところで△3三桂とすべきだったようだ。次に△4五桂と跳ねて中央からガリガリ反撃する。この桂馬を捌けずに最後まで残ってしまったのは痛かった。

島九段の駒落ち上手のような緩急自在の指し回しに、甲斐女流が翻弄された一局と言えるかもしれない。感想戦でも上手(うわて)の余裕が感じられて、指導対局を見てるような雰囲気だった。残念ながら力が及ばなかった甲斐さんだがこの経験を生かして頑張ってほしいですね。




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/31 23:50 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)