スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯3回戦 広瀬章人vs村山慈明

先手の広瀬章人七段は現在順位戦B級1組で7勝2敗、一方後手の村山慈明六段もB級2組で6勝1敗と好成績を残している。20代若手強豪同士の対戦ということで楽しみにしていたのだが、将棋は意外な幕切れとなった。

広瀬七段が先手で▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成の出だしから一手損角換わりになった。2人の過去の対戦はすべて相穴熊で、相居飛車になるのは今回が初めてだ。相腰掛け銀で先後共に4筋(6筋)の位を取る形に進んだ。先手の仕掛けに対して後手が反撃して難解なねじり合いに。

終盤まで形勢が揺れ動く大熱戦になった。先手が勝ちに近づいたのだが・・・
20131208広瀬村山

△5九飛(114手目)の局面、後手玉は▲3二銀成以下簡単に詰んでいる(7手詰め)。しかし、広瀬七段はこれを見逃し4三に銀を打ってしまう。以下△4三同金▲同銀成△7九角以下先手玉が詰んで村山六段の逆転勝ちとなった。

村山六段もこの詰みには気づいていなかったようで、感想戦で指摘されて驚いていた。

終盤に強い広瀬さんが簡単な7手詰めを見逃すとはびっくり。今年のNHK杯はこの前の行方さんの△8八馬とか事件が多いですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/09 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第63回NHK杯 村山慈明vs阿部光瑠

電王戦で一躍有名になった阿部光瑠四段と若手実力者の村山慈明六段の対戦。村山さんは序盤研究に精通している居飛車党。対して光瑠君はどちらかといえば実戦重視で強くなった棋士で両者タイプは異なる。

戦型は後手の阿部四段が角道を止めてノーマル四間飛車。光瑠くんは基本居飛車党だが、たまに飛車を振ることがある。対して先手は居飛車穴熊を選んだ。

もう少し駒組みが続くかと思ったが△5二飛~△5五歩で戦いが始まった。
5筋で飛車交換になった。先手としては後手の角が7九に利いているのが気になるが、▲6八角と引く手がピッタリ。以下角を交換して▲2七角と両取りをかけたところは先手良しだと思う。

20130630村山阿部光2
だが、先手が歩切れということもあって実際は難しかった。▲6九桂(87手目)では解説の中村六段推奨の▲7七桂打のほうが良かったか?本譜は△5九竜と6八の金に当てる手があった。そこから飛車角を切って△7九銀と食らいついた局面は逆転模様になっている。

二度目の△7九銀で先手玉は二手スキ。あとは後手玉に詰めろが続くかどうかだが、▲5二成香(115手目)で詰めろが途切れた。
20130630村山阿部光3
対して△5七角が攻防の詰めろで形勢ははっきり逆転。このまま先手玉に詰めろが続けば後手勝ちだが・・・

20130630村山阿部光4
△9四歩(124手目)と桂馬を取った手が痛恨の敗着。この手は詰めろになっていなかった。△8八銀不成▲同玉△7八金▲同玉△6六桂・・・以下王手は続くが先手玉は詰まず阿部四段の投了となった。

戻って△9四歩では中村太地六段指摘の△6七金(詰めろ)で先手玉は受けがなく後手勝ちだったようだ。

中盤までは居飛穴ペースだと思ったが、光瑠四段の追い上げが見事だった。それだけに最後もったいなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/01 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

C級1組8回戦終了

C級1組対戦表(名人戦棋譜速報)

昨日はC級1組8回戦があった。全勝の村山慈明六段が金井恒太五段に敗れて1敗に後退、さらに1敗の中村太地六段が長沼洋七段に敗れるなど波乱の展開となった。

成績は以下の通り
【7勝1敗】真田(4)、稲葉(7)、村山(9)、宮田(23)
【6勝2敗】千葉(6)、佐々慎(14)、片上(25)、阿部健(28)、中村太(29)
【5勝3敗】平藤(5)、塚田(8)、小林裕(10)、金井(16)、高野(19*)、糸谷(20)
【4勝4敗】近藤(13)、日浦(18)、佐藤秀(22)、船江(30)、富岡(33*)
【3勝5敗】田中寅(1)、高崎(3)、大平(11)、浦野(12)、長沼(17)、小林健(31*)
【2勝6敗】森(21*)、北島(26)、福崎(27*)、土佐(32*)
【1勝7敗】桐山(2)、内藤(34*)
【0勝8敗】加藤(15)、脇(24)


昇級争いは1敗の4人と2敗の千葉、佐々木までだろうか。片上以下にも可能性は残っているが順位が悪いので厳しいと思う。

上位陣の残りの対戦相手をみると村山が有利にみえる。暫定首位の真田は千葉戦、稲葉は中村太地戦を残しているので星のつぶしあいになりそう。ただ、真田稲葉が共に連勝すると真田9-1,稲葉9-1,村山9-1で村山が2度目の9勝1敗頭ハネの可能性もある。。。
稲葉、宮田との対戦を残している大平六段がキーマンか。

昇級争いとは関係ないが通算勝数歴代単独2位の1309勝にリーチをかけている加藤一二三九段はまたしても黒星。昨年7月に1308勝目を挙げてから12連敗のようだ。まぁそのうち勝つだろうが早く決めてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/16 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

NHK杯2回戦 阿久津主税vs村山慈明

「あっくん」こと阿久津主税七段と、研究家で知られる村山慈明五段の対戦。
過去の対戦成績は村山慈明五段が2勝0敗。村山五段が勝ち越していることよりも対戦回数がまだ2回しかないことのほうが意外だった。もっと上のほうで沢山対戦してほしい2人である。

相居飛車戦が予想されたが、阿久津七段が3手目に▲6六歩と角道を止めて先手三間飛車対後手居飛車の対抗形となった。阿久津さんは横歩取りや角換わり形の将棋も得意としているが、後手は「序盤は村山に聞け」の村山慈明。早指しで研究に嵌る展開は避けたかったのだろう。

この形だと先手は石田流に組むのが普通だが、居飛車もその間に堅く囲える。
そこで先手は穴熊のハッチが閉まる前に▲6五歩と開戦した。

△8八角成▲同飛△2二角の飛車取りには▲6八飛。香車を取られても6筋を突破できる。実戦は香車を取らなかったが▲7七角と合わせて「振り飛車が1本取った」(解説の野月七段)

ここから先手は7筋も絡めて捌く。▲7三銀成(47手目)からの強襲が受けづらかった。
7九に飛車を回った手に対し、△7七銀と受けなければならないようでは辛い。

この後飛車を取り合ったが金得で先に飛車を打ち込んだ先手が大優勢。
以下7一のと金を3手かけて活用する手が間に合うくらいだから相当な大差だったのだろう。最後は一手差になって冷や汗かいてたみたいだけど^^;

阿久津七段が快勝で3回戦進出。本局の阿久津流の作戦はなかなか有力だと思った。

阿久津主税の中盤感覚をみがこう (NHK将棋シリーズ)阿久津主税の中盤感覚をみがこう (NHK将棋シリーズ)
(2010/12/14)
阿久津 主税

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/11/13 23:07 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

7月5日 順位戦C級1組2回戦

名人戦棋譜速報

前にも書いたが、今年のC1は若手有望株が勢揃いの面白いリーグとなっている。

昨日は2回戦16局が一斉に行われた。注目の対局だけ感想を書いておく。
豊島将之 六段(1勝0敗)-▲稲葉陽 五段(1勝0敗)
注目の関西若手強豪対決は、豊島六段の2手目△8四歩から角換わり腰掛銀の将棋となった。先日の棋聖戦で羽生棋聖が2手目△8四歩から角換わり腰掛銀の後手番を持って勝ち。その影響もあるのだろう。途中までは棋聖戦と同じ進行を辿る。
後手の豊島六段が専守防衛の構えから新構想をみせたが、結果は稲葉五段の勝ち。稲葉五段が持ち味の切れ味鋭い終盤力をみせた。敗れたが、豊島六段の8六歩突き捨てて8二飛と回る構想は有力かもしれない。今後の研究に注目。

▲真田圭一 七段(1勝0敗)-△大平武洋 五段(1勝0敗)
このブログの昇級予想で候補に挙げていた真田圭一七段と、将棋世界の予想で自ら昇級候補に挙げていた大平武洋五段の対戦。どちらも本格派の居飛車党なので矢倉戦を予想したが、果たしてその通りになった。いわゆる「加藤流」から先手が先攻し良さそうに見えたが、後手からの歩を沢山持っての反撃が厳しかった。「後手の中の人は渡辺竜王?」と言うと大平先生に失礼だが、渡辺竜王の後手矢倉を思い出させる強い勝ち方だった。後手矢倉を持つ人は必見だと思う。
強敵を倒して大平五段は2連勝。本人が言ってたように昇級もあるかもしれない。

村山慈明五段(1勝0敗)-△日浦市郎八段(1勝0敗)
日浦八段の2手目△3二飛。2手目△3二飛、4手目△4二銀というのが最近の流行らしい。直近の対局ではこの組み合わせて後手が連勝しているようだ。本局も後手ペースで進み日浦八段の完勝。

森けい二 九段(1勝0敗)-▲糸谷哲郎 五段(0勝1敗)
森九段がノーマル四間飛車で糸谷五段の居飛車穴熊を撃破。松尾流(穴熊)に組まれて勝つのは凄い。数年前の竜王戦挑決で森内さんが深浦さんに勝った将棋を思い出した。糸谷五段まさかの2連敗スタートで早くも昇級戦線から脱落。


その他の結果は以下の通り。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/06 23:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)