スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯 森けい二vs畠山鎮

ここ1ヵ月ぐらい週末は電王戦モードでNHK杯を見る余裕がなかったんですが、電王戦も終わったのでNHK杯の感想もボチボチ再開していきます。

今日は67歳の大ベテラン森けい二九段と畠山鎮七段の対戦。

森先生といえば、前期順位戦の最終局(近藤六段戦)は大熱戦だった。深夜の持将棋指し直しで終局が早朝5時過ぎという死闘だった。惜しくも敗れC級2組への降級が決まってしまったが、最後まで諦めない姿に心打たれた将棋だった。NHK杯本戦は2年ぶり32回目の出場。今期は予選で松本、大平、門倉を破って本戦進出を決めた。

対するは順位戦B級1組在籍の実力者、畠山鎮七段。2年前の第61回NHK杯ではベスト4に進出している。

森九段先手で▲7六歩△8四歩▲1六歩△8五歩▲7七角の出だしから角交換型の向かい飛車になった。先手の美濃囲いに後手も左美濃に囲う。

▲8五桂ポンはこの戦型では常にある狙い筋。△6四歩をみて、先手は▲8五桂を決行した。△同飛に▲8六歩から逆襲していくが、居飛車も9筋を突き捨ててから飛車を四段目に引いて△7四飛~△7六飛と走れる。ということで先手は▲8六飛と一旦受けた。

20130428森畠山1

対して畠山は△9四桂!筋良くいくなら△6五歩(△6四角が狙い)もあった。△9四桂以下▲8九飛△7六飛▲7七角△9三桂▲8四歩に△7七飛成と飛車を切って攻めていく。二枚の桂馬を跳ねて居飛車が好調に見えたが簡単には決まらない。

20130428森畠山2
後手が先に飛車を下ろしたが、▲1五歩からの端攻めが厳しかった。美濃囲いはやはり端攻めに弱い。ここから森九段がノータイム指しで攻め続けて優勢になった。

後手は馬をいじめて反撃するが、▲3七同桂(91手目)~▲2五桂が厳しかった。受けが難しいので△4九竜と切って勝負するが足りない。

最後は▲1五香で自玉を安全にしてから必至をかけて森九段の勝ち。
実力者の畠山七段相手に強い勝ち方で若々しい将棋でした。終盤の怒涛のノータイム指しは迫力がありました。

2回戦の屋敷九段戦も頑張ってほしいですね。

羽生の実戦手筋羽生の実戦手筋
(2013/04/05)
森 けい二

商品詳細を見る

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/29 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

7月5日 順位戦C級1組2回戦

名人戦棋譜速報

前にも書いたが、今年のC1は若手有望株が勢揃いの面白いリーグとなっている。

昨日は2回戦16局が一斉に行われた。注目の対局だけ感想を書いておく。
豊島将之 六段(1勝0敗)-▲稲葉陽 五段(1勝0敗)
注目の関西若手強豪対決は、豊島六段の2手目△8四歩から角換わり腰掛銀の将棋となった。先日の棋聖戦で羽生棋聖が2手目△8四歩から角換わり腰掛銀の後手番を持って勝ち。その影響もあるのだろう。途中までは棋聖戦と同じ進行を辿る。
後手の豊島六段が専守防衛の構えから新構想をみせたが、結果は稲葉五段の勝ち。稲葉五段が持ち味の切れ味鋭い終盤力をみせた。敗れたが、豊島六段の8六歩突き捨てて8二飛と回る構想は有力かもしれない。今後の研究に注目。

▲真田圭一 七段(1勝0敗)-△大平武洋 五段(1勝0敗)
このブログの昇級予想で候補に挙げていた真田圭一七段と、将棋世界の予想で自ら昇級候補に挙げていた大平武洋五段の対戦。どちらも本格派の居飛車党なので矢倉戦を予想したが、果たしてその通りになった。いわゆる「加藤流」から先手が先攻し良さそうに見えたが、後手からの歩を沢山持っての反撃が厳しかった。「後手の中の人は渡辺竜王?」と言うと大平先生に失礼だが、渡辺竜王の後手矢倉を思い出させる強い勝ち方だった。後手矢倉を持つ人は必見だと思う。
強敵を倒して大平五段は2連勝。本人が言ってたように昇級もあるかもしれない。

村山慈明五段(1勝0敗)-△日浦市郎八段(1勝0敗)
日浦八段の2手目△3二飛。2手目△3二飛、4手目△4二銀というのが最近の流行らしい。直近の対局ではこの組み合わせて後手が連勝しているようだ。本局も後手ペースで進み日浦八段の完勝。

森けい二 九段(1勝0敗)-▲糸谷哲郎 五段(0勝1敗)
森九段がノーマル四間飛車で糸谷五段の居飛車穴熊を撃破。松尾流(穴熊)に組まれて勝つのは凄い。数年前の竜王戦挑決で森内さんが深浦さんに勝った将棋を思い出した。糸谷五段まさかの2連敗スタートで早くも昇級戦線から脱落。


その他の結果は以下の通り。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/07/06 23:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第61回NHK杯 畠山鎮vs森けい二

「終盤の魔術師」森けい二九段が4年ぶりのNHK杯本戦出場。予選で飯島、小倉、佐藤義を破って3連勝、御年65歳にしてこの活躍は素晴らしい。対戦相手は「マモルは攻める」の畠山鎮七段。

戦型は後手森九段のゴキゲン中飛車、対して畠山鎮七段は持久戦を選び相穴熊の将棋となった。対局前のインタビューで「乱戦にしたい」と語っていた森九段、序盤△3三角と上がることが多いところで△6二玉(10手目)として▲2四歩を誘ったが、畠山は挑発に乗らず▲7八玉。結局よくある形となった。

個人的な感想を言えば、この相穴熊は居飛車がすごく堅いので居飛車持ち。後手は「ゴキゲン」な感じがしない。攻めの主導権を後手が握っている(いつでも△7五歩がある)ので後手もやれるということなのだろうか。それにしても、四枚の穴熊は堅い。本局も後手がと金を作って穴熊を崩しにいったが、一枚剥してもまだ堅い。

中盤の駒組が長かったが、後手が8筋と9筋両方の歩を伸ばしたのはどうだったのだろう?確かに8六の角が邪魔だったが、後に8四の空間に香車を打たれてしまった。

後手はと金を作ったのだが先手が四枚穴熊なので一枚剥がしてもダメージは少ない。対して先手はじっと▲7五歩~▲7四歩(101手目)と伸ばして攻めの拠点を作る手が間に合った。▲7三銀と打ち込んで攻めが切れなくなった。以下、畠山七段が棋風どおり細い攻めを繋げて優勢、しかし魔術師も怪しい粘りを見せる。

森畠山001

最終盤、後手は7五の桂で6七の金を取ったが、この瞬間先手玉はゼット(絶対詰まない形)。▲7二竜からばらして▲7四銀(151手目)以下後手玉は一手一手となり、森九段の投了となった。

解説の南九段によれば△6七成桂で竜を取っていればまだ難しかったとのこと。しかし二枚飛車を持たれても▲6九歩があるし、▲7五香と桂馬を取って次の▲8四桂が厳しい(~▲9三銀で受けなし)ので、竜を取っても依然として先手優勢だったのではないだろうか.



寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))
(2004/04/21)
森 けい二

商品詳細を見る


↑終盤強化の定番ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/20 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)