スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期B級1組順位戦11回戦

年が明けて順位戦も大詰めを迎えています。昨日は順位戦B級1組の11回戦がありました。

結果は以下の通りです。

畠山 鎮七段(4勝6敗)●-○山崎 隆之八段(5勝5敗)
橋本 崇載八段(6勝5敗)○-●豊島 将之七段(8勝3敗)
阿久津 主税七段(8勝2敗)○-●松尾 歩七段(6勝4敗)
飯塚 祐紀七段(4勝6敗)●-○広瀬 章人七段(8勝2敗)
鈴木 大介八段(2勝8敗)●-○丸山 忠久九段(7勝3敗)
藤井 猛九段(4勝6敗)○-●木村 一基八段(3勝7敗)

▲橋本△豊島戦はハッシー得意の3手目▲6六歩に豊島七段が△3二飛から相振り飛車を選択。先手西川流の出だしに後手が△3三桂~△4五桂の速攻を仕掛けましたが、ちょっと無理攻めだったようですね。
20140116橋本豊島
先手に受け切られてしまい後手は駒損で苦しくなりました。そこから豊島さんも粘ったのですが差は縮まらずハッシーの快勝に終わりました。

▲阿久津△松尾戦は変則的な出だしの矢倉戦でしたが、阿久津七段の鋭い攻めが炸裂して快勝。

▲藤井△木村戦はこれまた変則的な出だしで藤井九段が角道を止めたまま三間飛車。終盤は形勢不明の大熱戦となりましたが藤井九段が制しました。藤井九段は残留へ向けて大きな一勝です。


昇級争いは8勝2敗で広瀬七段と阿久津七段がトップを走り、3敗で豊島七段と丸山九段が追う展開。豊島さんは順位が悪いだけに今日の敗戦は痛いです。最終局勝って広瀬阿久津のどちらかが連敗しないと上がれない。2期連続の昇級は厳しくなりました。丸山九段は阿久津広瀬よりも順位が良いので残り連勝ならば昇級できる。次回の広瀬丸山戦は大一番ですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/17 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(2)

B級1組順位戦5回戦 豊島連勝ストップ

昨日はB級1組順位戦の5回戦がありました。結果と戦型を簡単にまとめておきます。

山崎 隆之八段(1勝4敗)●-○飯塚 祐紀七段(2勝3敗)
戦型は山崎八段得意の▲相掛かり棒銀でした。
20130822山崎飯塚1
129手目、山崎八段が▲1四桂と打てば後手玉は受けがなく先手勝ちだったのですが、本譜は▲1四歩だったためまさかの逆転負け。持ち時間を2時間以上残していたのに、なぜ時間を使わなかったのか・・・。敗れた山崎八段は1勝4敗となって、今期のA級昇級は厳しくなりました。

広瀬 章人七段(4勝1敗)○-●藤井 猛九段(2勝3敗)
戦型は藤井先生の後手角交換四間飛車。先手は四枚矢倉、後手は銀冠に組み替えます。先手が5六に自陣角を打って局面が動きましたが、その後の折衝で後手に失着があって先手優勢になりました。最後は大差となって藤井九段投了。

丸山 忠久九段(3勝1敗)○-●木村 一基八段(1勝3敗)
丸山九段が先手で横歩取り青野流。最近流行ってる将棋ですね。△7六飛と横歩を取らずに先に△2六歩と垂らしたのが後手の工夫で、公式戦の前例はないようです。
感想コメントを読むと、その後の指し手(24手目、30手目)が良くなかったと木村八段は悔やんでいました。

松尾 歩七段(4勝1敗)○-●畠山 鎮七段(3勝1敗)
松尾七段先手で相掛かり棒銀。先手は4筋の位を取って矢倉、後手は銀冠に組み替える。先後共に右四間の形から後手が端攻めに出ましたが、少し攻めが細かったようです。
最後は後手が入玉できるかという将棋になりましたが、先手が寄せ切りました。

高橋 道雄九段(0勝5敗)●-○橋本 崇載八段(4勝1敗)
共に前期A級から降級してきた同士の対戦。ハッシーが後手で4手目角交換からダイレクト向かい飛車を採用しました。先手の▲6五角に△7四角と合わせてから7筋に振り直す形になりました。
終盤の入り口までは先手優勢と言われていましたが、高橋九段にミスが出て逆転。橋本八段の勝ちとなりました。
勝ったハッシーは4勝1敗。先日放映された銀河戦でも渡辺竜王に勝ってましたし、今期は好調ですね。一方高橋九段は5連敗。本局もそうでしたが、最近の高橋先生は序中盤で良くなっても終盤競り負ける展開が多いような気がします。

阿久津 主税七段(2勝2敗)○-●豊島 将之七段(4勝1敗)
ここまで4戦全勝の豊島七段と阿久津七段の対戦。阿久津さんが先手で横歩取り模様の出だしでしたが、横歩を取らずに▲9六歩と突く趣向を見せます。対して後手は△8二飛と引いて先後共に引き飛車の相掛かりになりました。
一度戦いが起こってから第二次駒組みに入り長期戦に。そこから先手が先に攻める展開になり阿久津さんが良くなりました。
終盤、豊島七段もしぶとく粘りましたが阿久津七段が押し切って勝ち。

==========
昇級争いは4勝1敗で橋本、松尾、広瀬、豊島の4人、そして3勝1敗で丸山、畠山鎮。1敗が合わせて6人という混戦になりました。前期は行方八段の独走でしたが、今期は星の潰し合いで団子状態になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/23 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第71期A級順位戦最終局 挑戦者は羽生三冠

名人戦棋譜速報

△羽生善治三冠(7勝1敗)-▲橋本崇載八段(2勝6敗)
羽生が勝てば挑戦、橋本は負けると降級という大一番。▲7六歩△3四歩▲1六歩の出だしから先手ゴキゲン中飛車になった。最近のハッシーは先手でも後手でも角交換系の振り飛車を指すことが多い。後手の作戦は△7三銀~△6四銀の超速。通常のゴキ中対超速と比べて先後逆だが、先手が▲1六歩のぶん一手得。この端歩がどれだけ利いてくるか。

羽生橋本A級002
図は先手が端の位を取ったところ。ここからの羽生三冠の構想が素晴らしかった。
図から△5三金!▲6六銀△4四金。
自陣が薄くなるが、金を繰り出して先手の飛車を圧迫する。以下△4五金~△3四角で後手の抑えこみが決まり羽生三冠が優勢になった。78手で後手の中押し勝ち。羽生三冠が8勝1敗で2年連続の挑戦を決めた。

この将棋が一番早く終わってしまったのは残念。日付が変わるところまでは持ってほしかった。羽生さんが強すぎるので仕方ないとも言えるのだが。本局もそうだが今期のハッシーは精彩を欠く将棋が多かった。去年羽生さんに竜王戦で勝った時のようなキレのある将棋を取り戻してほしいと思う。

▲渡辺 明竜王(5勝3敗)-△郷田真隆棋王(5勝3敗)
唯一挑戦、降級に関係ない将棋。いわゆる「消化試合」なので余り注目していなかったのだが、とても面白い将棋だった。

戦型は渡辺先手で相矢倉。途中までは先日のNHK杯▲行方△郷田戦と同じ将棋。定跡形なので指し手がハイペースで進んだ。79手目▲3三歩に郷田棋王は3時間を超える大長考の末に△2二玉とかわす。渡辺竜王の攻めが続き後手が苦しそうな展開で、解説のプロ棋士もほとんどが先手持ちだったが、その攻めを凌ぎ切って郷田の逆転勝ち。郷田らしさ全開の名局だった。途中の大長考でその後の展開を読み切ってたところに凄味を感じた。

囲碁将棋チャンネルの煽り文句に「竜王vs棋王 2手目△8四歩の存在意義」とあったが、存在意義は十分示せたと思う。これが挑戦を決める将棋だったらもっと盛り上がっただろうなぁ。棋王戦でもこういう将棋を見せてほしいと思う。

△佐藤康光王将(4勝4敗)-▲深浦康市九段(3勝5敗)
後手の佐藤が序盤から面白い指し方を見せてくれた。4手目角交換から△4二銀~△5三銀と上がって向かい飛車を目指す出だし。これに深浦が「怒りの▲2四歩」で大乱戦になった。

その後局面は落ち着いて持久戦模様になったが、先手がずっと苦しい将棋だったと思う。後手が優勢を維持して勝ち切った。敗れた深浦は3勝6敗。競争相手が敗れたことで初のA級残留が決まったが、対局者はそれを知る由もない。終局直後は降級を覚悟したような表情で見てて辛かった。

▲屋敷伸之九段(4勝4敗)-△谷川浩司九段(2勝6敗)
戦型は後手谷川のゴキゲン中飛車からの相穴熊。
後手が6筋から反撃して振り穴ペースと思ったが、▲2八飛から角を取って▲2九飛が絶妙な受け。これで後手は駒損で苦しくなった。
117手で屋敷九段の勝ち。屋敷九段は前期に続いて先手番で全勝。順位戦先手番連勝記録を16に伸ばした。敗れた谷川九段は2勝7敗。高橋三浦戦の結果次第では降級という状況に追い込まれた。

△三浦弘行八段(6勝2敗)-▲高橋道雄九段(2勝6敗)
最後まで残ったのがこの将棋だった。戦型は高橋先手で横歩を取らずに2八飛と引く将棋。昨年の最終局もこの横歩取らせで谷川九段を破って劇的な残留を決めている。

49手目の▲2六歩!が印象に残った。なかなか指せない手だと思った。そこから先手が攻める展開になったが、やや攻めが細く後手が良さそう。しかし、最後は先手に勝ちがあったようだ(103手目▲7七角で▲3四銀)。その勝ち筋を逃して高橋九段の逆転負け。
高橋九段は2勝7敗で降級。谷川九段は順位の差で降級を免れることとなった。

最終成績は以下の通り。
【8勝1敗】羽生(挑戦)
【7勝2敗】三浦
【6勝3敗】郷田
【5勝4敗】渡辺、屋敷、佐藤康
【3勝6敗】深浦
【2勝7敗】谷川(残留)、高橋(降級)、橋本(降級)

今回はスカパーとニコ生で生中継があったが臨場感を楽しむことができた。ニコ生は長岡裕也プロの解説が明快で良かった。来年もこれを続けてほしいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/02 09:14 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第62回NHK杯 羽生三冠vs橋本八段

棋譜→2012年10月28日第62回NHK杯2回戦第12局(NHKの公式サイト、月曜の昼以降に更新される。)

昨日のNHK杯はハッシーこと橋本崇載八段と4連覇中の羽生善治NHK杯の対戦、A級棋士同士の好取組だった。NHK杯では無敵を誇る羽生三冠だが、直近の対戦(竜王戦)で橋本さんに2連敗している。今回も密かにハッシーの「金星」を期待していた。

本局はそれよりもハッシーがどんなネタを仕込んでくるかに注目していた人が多いのではないでしょうか。事前に矢内さんがtwitterで何か面白いことがあったと呟いてましたからね。そして予想通り対局前のインタビューでやってくれました(笑)

―羽生NHK杯にはどのような印象をお持ちですか?
羽生さん?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙が無いと思うよ。だけど、オイラ負けないよ。
―本局への意気込みをお願いします
えー、こまだっ、駒たちが躍動するオイラの将棋を皆さんに見せたいね。

えーと、これは佐藤紳哉さんのモノマネじゃないですか(苦笑)こういうのやるんだろうなとは思ってましたが、まんまパクリとはw最初テレビで見たときは正直引いちゃって見ていられなかったです。でも後で↓の比較動画を見るとその面白さが分かってくるというか、これは元ネタを知らないと笑えないですよね。



さて、将棋のほうは橋本八段が先手で3手目▲6八飛からの角交換振り飛車に。橋本さんは先手でも後手でも角道を止める派だったが、今年の夏ぐらいから角交換振り飛車の採用が増えている。先手の美濃囲いに後手は矢倉。囲い以外は先後同型だ。そこから筋違いに角を打ち合ってのねじり合いになった。

橋本羽生NHK001

中盤、▲4六銀(77手目)が手厚い一着でここは先手が良さそうだ。後手の角の逃げ場所が難しい。そこで羽生三冠は△7六桂(78手目)と金取りで角道を止める。ただ、この桂馬は本来別の場所に使いたかったので感触は良くない。対して6八の金を逃げる手もあったと思うが、橋本はシンプルに▲4五銀△6八桂成▲6三歩成△9六香▲8七角△7九成桂の取り合いを選んだ。飛車の取り合いは後手も玉が堅いのでやる気が出ると思ったが、どうだったのだろう。

▲6三歩成に飛車を取らずに先に△9六香。羽生は「いやぁー」と呟きながら香車を走った。この瞬間は意味が分からなかったが、後でこの△9六香が利いてくる。

▲9一飛に対して、先ほど入手した香車を△4八香(88手目)と打つ手が厳しかった。▲同金には△8八飛の両取りがある。橋本は▲3九金とかわしたがそれでも△8八飛。ここで角を逃げたが、阿久津七段が指摘していたように▲1五歩と端攻めで勝負するほうが良かったかもしれない。△4九金と貼りつかれて先手が苦しくなった。

橋本羽生NHK002

102手目の△5六歩が決め手となった。△5七歩成からのと金攻めと△5五角の王手飛車をみて一石二鳥。以下橋本も粘ったが、134手で羽生三冠の勝ち。これでNHK杯の連勝記録を21に伸ばした。

途中までは橋本さんが良かったと思うが、いつの間にか逆転していた。やはり早指しの羽生さんは強い。感想戦がなかったので詳しいことは分からないが、△7六桂のところで飛車の取り合いにしないほうが良かったかもしれない。

最後は差がついてしまったけれども、観てて面白い将棋でした。ハッシーの対局前のインタビューも含めてね(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/10/29 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第71期A級順位戦開幕&挑戦者予想

"名人挑戦へ世代交代なるか 将棋A級順位戦10棋士"(朝日新聞デジタル)
A級順位戦対戦表(名人戦棋譜速報)

既に開幕している今期のA級順位戦だが、挑戦者と降級者を予想してみようと思う。

まず挑戦者だが羽生二冠か渡辺竜王のどちらかだろう。この2人は堅い。前期全勝の羽生さんだが、さすがに2年連続全勝は難しいと思う。私の本命は渡辺竜王。今年こそは羽生さんに勝って名人挑戦してほしい。

降級は、羽生渡辺以外は誰が落ちてもおかしくない。その中であえて挙げるならば谷川、高橋、橋本、深浦の4人だろうか。
谷川九段はここ数年開幕ダッシュに成功してきたが、今年は黒星スタート。年齢的にもそろそろ危ないと思う。最近の成績を調べてみたがなんと半年勝ちがない・・・(達人戦除く)去年12月順位戦で渡辺さんに2手目△3二飛で快勝した将棋が最後の白星。竜王戦でも3組降級が決まっている。
半年白星がなかった森内名人が防衛したように、谷川先生も順位戦に全てを懸けてくるとは思うが大丈夫だろうか?いずれにせよ今年は苦しい戦いになりそうだ。

高橋九段は毎年下馬評を覆して残留してきたが、今期はさすがに厳しいかもしれない。コメントを読むと覚悟を決めている感じがする。

そしてハッシー。竜王戦では2年連続で羽生さんを倒しているしA級に残留する地力はあると思うのだが、最近負けが込んでいる。竜王戦で決勝T進出を逃したのが相当ショックだったようで将棋も精彩を欠いている。ハッシーは先手でも後手でも角道を止める振り飛車を指すことが多いが、あまり勝ててない。初戦の屋敷戦も後手三間からの相穴熊だったが完敗だった。あの独特の序盤戦術でどこまで勝てるか。

4人目は毎回頭ハネを食らっている深浦九段。深浦ファンとしては「4度目の離婚」はないと信じたいのだが・・・。

去年は最終戦を待たずに挑戦者が決まってちょっとつまらなかったので、今年は最後まで盛り上がる展開を期待します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/28 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)