スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レビュー『初段になるための将棋勉強法』

初段になるための将棋勉強法初段になるための将棋勉強法
(2011/01/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る


池袋のジュンク堂にてサイン本を入手しました。

urano1


<これから将棋を始めたいという人にオススメの一冊>


「将棋を始めたけど、どういう勉強をやればいいの?」私もこの類の質問を実際に知人から受けたことがあります。でも、いざ聞かれても漠然としたことしか答えられないんですよね。誰か書いてくれないかな~と思っていた将棋勉強法の本がやっと発売されました。

Amazon等では大きな反響を呼んでいるようですね。「初段」になりたい将棋ファンの多さを実感させられます。

内容は将棋を始めた人、初段を目指す人がやるべきことがコンパクトにまとめられています。まず最初に「初段」の定義をしっかり整理しているところが良いですね。一口に「初段」といっても色々あり、それぞれハードルの高さが異なります。最近ではネット将棋の普及により「初段=24初段」と解釈する人が増えてきているように思います。本書はその「将棋倶楽部24」についても詳しく触れていて、ネット将棋時代を意識したつくりとなっています。将棋倶楽部24で強くなった菅井竜也四段へのインタビューもありとても参考になります。

紹介されている勉強法はどれも将棋勉強法の「本筋」「本道」という感じで、信頼できる内容だと思います。著者も言っているように勉強法は人それぞれです。私にもこの本には載っていない独自の勉強法があります。ですが、最初のうちは、本書に載っている勉強法をやれば十分だと思います。

詰み手筋、必死手筋の解説、戦法の紹介などもあり、初心者の入門書としても使えるのではないでしょうか。

個人的に興味深かったのは、浦野プロと脳科学者中谷氏との対談。
プロは詰将棋を考えて解いているというよりも記憶していることを引き出している感じに近い、という話が出てきますが、これは私の持論「詰将棋は暗記」(勉強法で有名な某精神科医の「受験数学は暗記」のパクリです)を補強する内容でした。詰め将棋は5分ぐらい考えたら直ぐ答えを見て、詰みパターンをできるだけ沢山吸収するようにしたいですね。

対談で森信雄プロもおっしゃっていますが、「勉強のやり方がちょっと間違っていても長く続けていれば効果がある」と思います。極端な話、勉強法の本を読む時間があったら一問でも多く詰将棋を解いたり、実戦をこなしたりする時間にあてたほうが良いです(笑)でも、始めたばかりの人は何やって良いかわからないと思うので、ある程度勉強の道筋を教える本は必要ですね。本書は今までになかったタイプの将棋本であり、画期的な一冊といえるでしょう。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/03 07:00 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(2)