スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王位戦 佐藤九段と行方八段が挑戦者決定戦進出

王位戦中継Blog: *第54期王位挑戦者決定戦リーグ

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ最終戦の中継がありました。白組は佐藤康光九段と澤田真吾五段の全勝対決、紅組は行方尚史八段(全勝)と松尾歩七段(1敗)の直接対決でした。

▲佐藤康光九段(4勝0敗)-△澤田真吾五段(4勝0敗) 棋譜
後手の澤田五段が本家相手にKKDM(角交換ダイレクト向かい飛車)をぶつけてきた。▲6五角に角を合わせてから飛車を7筋に振り直すところまでは最近良くある将棋。

対して▲3六歩から銀を繰り出して棒銀で2筋突破を狙うのが先手の構想。▲4五角と打たれて後手が困っていたようだ。▲7七銀から玉を囲って先手が作戦勝ちを築いた。

中盤で優位を築いた佐藤九段がそのまま押し切って完勝。
渡辺竜王を破る活躍をみせた澤田五段だが、最後は残念な結果で終わった。リーグには残留するので来期また頑張ってほしい。

▲松尾歩七段(3勝1敗)-△行方尚史八段(4勝0敗) 棋譜
▲7六歩△8四歩▲5六歩の出だしから中飛車かと思ったが、▲8八銀から居飛車。飛車先を交換して▲2五飛と引いたのが珍しいが、1局だけ前例があるようだ。

△6四銀から後手が先攻する。歩損しても先攻できるので悪くないという判断だろうか。56手目、金をポロッと取らせたのには驚いたが、それでも後手の攻めが繋がった。
行方さんの最近の勢いがそのまま出たような将棋だった。


この結果、挑戦者決定戦は佐藤康光九段と行方尚史八段の対戦になった。直近の対戦では佐藤九段が5連勝しているようだ。
行方が勝てば初のタイトル挑戦。佐藤が勝てば、羽生佐藤のタイトル戦は2008年棋聖戦以来5年ぶりということになる。行方さんの初挑戦も見たいし、久しぶりの羽生佐藤も見たい。ファンとしては悩みますね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/14 07:30 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)