スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12月2日 王将戦プレーオフ 棋王戦勝者組決勝

2日(金)は竜王戦の他に、王将戦プレーオフがあり、さらにモバイルでは棋王戦(勝者決勝、敗者復活)、棋聖戦(谷川山崎)の中継もあった。

棋王戦
棋王戦勝者決勝 ▲広瀬章人七段-△郷田真隆九段
将棋連盟モバイルで中継されていた棋王戦、勝てば挑戦者決定戦進出、敗れれば敗者復活に回る。先手の広瀬さんが十八番の四間飛車穴熊を採用。相穴熊戦となった。

上図、△9九角成から飛車を成られてしまう前に先手は何かしたい。ここで広瀬七段は▲6四歩△同歩▲5五歩。

▲6四歩は筋で同飛なら▲5五角~▲3四飛があるようだ。△6四同歩に5筋の歩を伸ばしていくのが広瀬流。先に桂馬は取られるが▲7二角~▲5四歩でと金を作る。ゆっくりしているようだけど、このと金攻めが間に合うんですねー。広瀬さんはこういった細かい手の作り方が上手いと思う。

以下、広瀬ブログの言葉を借りれば「先手大優勢」となったが、終盤形勢が逆転し後手の勝ち。苦しい局面での郷田九段の辛抱強い指し回しが印象に残った。

勝った郷田真隆九段は挑決進出を決めるとともに、通算700勝を達成した。おめでとうございます!
敗れた広瀬七段は糸谷哲郎五段との敗者復活戦に回る。

王将戦
王将戦は佐藤康光九段が前期挑戦者の豊島将之六段を破り挑戦者となった。

棋譜:第61期王将戦リーグ7回戦プレーオフ 佐藤康光九段-豊島将之六段

プレーオフの将棋は後手佐藤九段の一手損角換わりに先手の早繰り銀。最近この形は減っている(と思う)けれども、後手の勝率のほうが高いのもあるのだろうか?早繰り銀よりも棒銀が増えていると思う。

先手は3筋を抑えてから銀を引いてじっくり作戦勝ちを目指す。50手目付近は先手が良いと思ったが、歩切れなので意外と大変だったようだ。

65手目の▲8三歩成が敗着(▲8三銀が優った)で、△4六桂を食らって形勢逆転、後手の勝ちとなった。

佐藤康光九段はこれで2010年の棋王戦以来2年ぶりの番勝負登場。棋王を奪われた相手でもある、久保利明王将へのリベンジマッチとなる。佐藤久保戦は毎回激しく面白い将棋になる。どんな番勝負になるか今から楽しみだ。

===============
棋王戦も王将戦も若手の挑戦を予想したが、最後に残ったのは「羽生世代」の佐藤さん、郷田さん。(棋王戦はまだ決まってないが)
今年一年を振り返ってみると、森内さんが名人奪取、竜王戦は丸山さんが挑戦、羽生さんが王位奪取と「羽生世代」の活躍が目立った。まだまだこの世代の壁は厚いということになるのだろうか。


佐藤康光の一手損角換わり (佐藤康光の将棋シリーズ)佐藤康光の一手損角換わり (佐藤康光の将棋シリーズ)
(2010/08/25)
佐藤 康光

商品詳細を見る

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/12/04 21:47 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第60期王将戦七番勝負第3局 3七銀急戦

1勝1敗で迎えた第3局

予想通り久保利明王将のゴキゲン中飛車、対して豊島将之六段は第1局と同じく「超速3七銀」急戦を選んだ。後手は△3二銀型で急戦を迎え撃つ。18手目△5六歩から開戦。角交換から、本譜は2筋の突き捨てを入れて▲6五角だが、突き捨てを入れるべきかどうかは今後の研究課題のようだ。

封じ手の局面

豊島王将3-1

振り飛車が香得だが、玉と反対側の香車なのでそれほど差はついていない。中央で戦いが起こりそうだが馬が僻地で遊んでいるのが気になる。Twitter上でも呟いたように、1九の馬をどう使っていくかがポイントになるだろうと予想した。

封じ手は5三の地点に利かせる△4三飛が有力ではないかとみていたが、久保王将は△4一飛。

当然の▲6四馬に控室では香車を打つとみられていたが、久保は3筋を突き捨てて△1八馬。やはりこの馬を働かせないことには戦えないとみたのだろう。しかし、検討陣が言うように△1七馬と一歩補充した瞬間は馬の働きが良くない。ということで▲2二歩から動いたわけだが、先手の攻めが無理気味だったようだ。

そこから控室の形勢判断は二転三転したようだが、98手目△5七歩が「一歩千金」の叩きで激痛。△3九馬と入って、遊び気味だった馬に喝が入った。私の頭でも後手が良くなったのが分かった。

そして最終盤、▲6三歩(109手目)に逃げずに△同金と応じたのが印象に残った。「勝ちを読みきりましたよ」という手であり、この踏み込みの良さが久保二冠の持ち味だ。以下収束も鮮やか。このblogで「鮮やか」という形容詞を濫発している私だが、この収束はほんとうに鮮やかだった。

一局を振り返ってみると、最後の収束に至るまでアーティストらしい流れるような将棋だった。やはり馬をウマく使ったのが勝因と言えるだろう。第4局は久保王将先手番だが、第2局で出なかった石田流になるのだろうか?






このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/11 18:00 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第60期王将戦七番勝負第1局 久保王将vs豊島六段

王将戦 - 毎日jp(毎日新聞) 王将戦 - 毎日jp(毎日新聞)

豊島将之六段が史上最年少の挑戦者となった第60期王将戦七番勝負がいよいよ開幕した。

弱冠二十歳、体重47kg、表情にはあどけなさの残る豊島くんだが、その所作振る舞いはタイトル初挑戦とは思えないほど落ち着いていたという。和服の着付けも自分1人で行ったということで感心させられた。和服を身につけ盤上に向かうその姿は非常に華がある。

挑戦を受ける立場の久保利明王将。前期第6局難解な終盤を制した「トリプルルッツ」の将棋は名局だった。「羽生善治」という厚い壁に何度も跳ね返されていただけに、前期は久保さんを応援しながら観ていた。今期は久保さんにタイトルを死守してほしいという思いと世代交代も見てみたいという思いが半々。今までとは違い、今度は自らが若手の壁となるわけで、逆の意味で難しさがあると思う。年下相手の防衛戦という意味では久保さんも「初体験」のタイトル戦なのだ。


さて、将棋の内容は後手番となった久保王将の「ゴキゲン中飛車」。豊島六段は流行の「超速3七銀」急戦を採用し、対して久保王将は△3二銀型に構えた。居飛車の銀の進出に対して軽く捌いて指すというのがこの△3二銀型の思想だと私は理解している。

23手目、豊島六段の側から新構想が出た。▲5八飛。
5筋を交換させず、何もしなければもう一枚銀を繰り出して5五の歩を取って中央を制圧するという狙い。△3二銀型の弱点を突いたとも言え、振り飛車は△4四歩と止めて、3二の銀を4三→5四と使いたいが△4四歩と止めた瞬間5五の歩を取られてしまう。そこで7二の左銀を6三→5四と動かして5筋を死守した。本来は玉の囲いに使いたいが仕方がない。

封じ手の局面(下図)、
豊島久保1
中飛車側は5筋と6筋の位を取ったが、金銀がバラバラでスキの多い陣形。居飛車は堅いが中央を制圧され、角が使いずらい。角の働きだけ見れば後手のほうが良い。この局面まではおそらく豊島六段も想定の範囲内で「指せる」とみていたのではないか。この局面をどう見るか?解説の南九段が言うように「どちらも持ちたくない将棋」だと思う。

振り飛車はここから角を6四に転換する。居飛車は依然として角が使いづらいということで端に出て角をぶつけた。角交換後の端攻めがみえるので決断の一手といえる。本譜もやはり端攻めから△6三角で香取りが確定。これに対して▲1八角と「遠見の角」を放ったが、この角が働かず結果的には敗着となったようだ。

取られた香車を8四に打たれて8七の地点を数で攻められては居飛車苦しい。その後も後手が優勢を維持しそのまま押し切った。磐石の指し回しで久保王将が先勝。久保王将の強さが際立った一局だった。

豊島挑戦者にとっては残念な一局となってしまった。だが、あの羽生さんも竜王初挑戦の時は島竜王(当時)に2連敗スタート(正確には●-持将棋-●の2敗1持将棋)だったわけで、まだ分からない。1つ勝てば景色が変わってくると思うので、2局目以降に期待したい。








このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/01/09 23:28 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)