スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯 森けい二vs畠山鎮

ここ1ヵ月ぐらい週末は電王戦モードでNHK杯を見る余裕がなかったんですが、電王戦も終わったのでNHK杯の感想もボチボチ再開していきます。

今日は67歳の大ベテラン森けい二九段と畠山鎮七段の対戦。

森先生といえば、前期順位戦の最終局(近藤六段戦)は大熱戦だった。深夜の持将棋指し直しで終局が早朝5時過ぎという死闘だった。惜しくも敗れC級2組への降級が決まってしまったが、最後まで諦めない姿に心打たれた将棋だった。NHK杯本戦は2年ぶり32回目の出場。今期は予選で松本、大平、門倉を破って本戦進出を決めた。

対するは順位戦B級1組在籍の実力者、畠山鎮七段。2年前の第61回NHK杯ではベスト4に進出している。

森九段先手で▲7六歩△8四歩▲1六歩△8五歩▲7七角の出だしから角交換型の向かい飛車になった。先手の美濃囲いに後手も左美濃に囲う。

▲8五桂ポンはこの戦型では常にある狙い筋。△6四歩をみて、先手は▲8五桂を決行した。△同飛に▲8六歩から逆襲していくが、居飛車も9筋を突き捨ててから飛車を四段目に引いて△7四飛~△7六飛と走れる。ということで先手は▲8六飛と一旦受けた。

20130428森畠山1

対して畠山は△9四桂!筋良くいくなら△6五歩(△6四角が狙い)もあった。△9四桂以下▲8九飛△7六飛▲7七角△9三桂▲8四歩に△7七飛成と飛車を切って攻めていく。二枚の桂馬を跳ねて居飛車が好調に見えたが簡単には決まらない。

20130428森畠山2
後手が先に飛車を下ろしたが、▲1五歩からの端攻めが厳しかった。美濃囲いはやはり端攻めに弱い。ここから森九段がノータイム指しで攻め続けて優勢になった。

後手は馬をいじめて反撃するが、▲3七同桂(91手目)~▲2五桂が厳しかった。受けが難しいので△4九竜と切って勝負するが足りない。

最後は▲1五香で自玉を安全にしてから必至をかけて森九段の勝ち。
実力者の畠山七段相手に強い勝ち方で若々しい将棋でした。終盤の怒涛のノータイム指しは迫力がありました。

2回戦の屋敷九段戦も頑張ってほしいですね。

羽生の実戦手筋羽生の実戦手筋
(2013/04/05)
森 けい二

商品詳細を見る

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/29 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

NHK杯2回戦 豊島vs畠山鎮

「豊島、強いよね?」の豊島将之七段と「マモルは攻める」の畠山鎮七段の対戦。共に関西勢同士の対戦だ。畠山七段は長年関西奨励会の幹事を務めていた。そのとき奨励会員だったのが対戦相手の豊島と解説の稲葉。礼儀作法等にも厳しい幹事だったらしい。

後手の畠山七段の2手目△8四歩から角換わり腰掛け銀の将棋になった。後手の作戦は6筋位取り。渡辺竜王が竜王戦で連採し注目されている形だ。対して先手も▲4五歩と4筋の位を取る。互いに位を取るのは珍しい。


豊島の▲7五歩(45手目)は手渡しに近い手。相手に有効な指し手がないことを見越している。この手に対して畠山は△6四角と打ったが▲7四歩と突かれて後手が困った。△同歩に▲4一角から馬を作ることができる。△7二飛と守っても▲6五銀がある。

▲6四角(71手目)からもう一枚馬を作って先手がはっきり優勢となった。これは完封もあるかと思ったがここから畠山があやしく粘る。△8七歩(80手目)▲同玉に△7五歩。歩を使ってアヤをつける。後手に食いつかれて先手も楽観できる形勢ではなくなった。


最終盤、6五の角をどかすために▲7五金と打ったが、△7七歩成▲9七玉△9五歩▲7七銀△同成桂で先手玉は必至。130手で畠山七段の逆転勝ちとなった。感想戦の時間がなかったが、▲7五金では▲9七玉と早逃げしたほうが良かったと思う。先手が残していたと思うのだが・・・

豊島さんにしては珍しく終盤乱れたが、それよりも間違えさせた畠山七段の粘りが見事だった。対局前のインタビューで畠山は「闘争心を一手一手に込めて戦いたい」と答えていたが、まさにその通り、勝ちへの執念が伝わってくる将棋だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/09/17 08:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第61回NHK杯準決勝 畠山鎮vs羽生善治

棋譜:2012年03月11日第61回NHK杯準決勝第2局(←NHKの公式サイト、iphoneでも見ることができる)

震災から1年が経った。昨年の準決勝第2局(糸谷丸山戦)は震災の影響で放送が1週間延期された。震災関連の番組ばかりで正直疲れてたところにNHK杯を見て少しほっとしたのを覚えている。

今年の準決勝第2局は初めてベスト4に進出した畠山鎮七段と4連覇を狙う羽生NHK杯の対戦。過去の対戦成績は羽生の5勝1敗。畠山七段もB1の実力者なのでもっと対戦があるかと思ったが意外と少ない。解説の中村修九段も言っていたが、羽生さんと対戦するまでが大変なのだ。

戦型は▲7六歩△8四歩▲6八銀から矢倉。▲4六銀・3七桂で後手が△8五歩を突く将棋だが、よくある形と違うのは△7三角と引かずに先に△4二銀と引いているところ。△7三角ならば▲9八香から穴熊に組む将棋が多い。本譜は穴熊に組まずに▲2五桂。対して△7三桂と跳ねた前例もあったが羽生は△3三桂とぶつけて先手の攻めを催促する。

実戦例が少ないので畠山もここで時間を使う。▲6五歩突くのが得なのか、どこから突き捨てるのか、そして突き捨てを取ってくれるのか、難しいところだ。終盤の詰む詰まないまで一直線なので、長時間の将棋なら1時間ぐらい考えたいところだろう。考慮時間を残り1回まで使って畠山は▲5五歩(49手目)と仕掛ける。先手が穴熊ならばよくある将棋だが、▲8八玉型なのがどう影響するか。


△3四歩にじっと▲4六銀(67手目)と引いたが、銀を逃げずに▲1七桂と打ちたかった。以下ギリギリの攻めだが、感想戦を聞いてみると先手有望だったようだ。
▲2八飛(71手目)が敗着。△8四角と出られたときに角成りが受けにくかった。▲6六歩には△6五歩(次に△6四桂)が厳しい。▲2八飛では▲2六歩△同銀▲2五桂が優った。▲4六銀と▲2八飛は慎重にいこうとした手だったが、「攻めの畠山」らしくなかったと思う

馬を作って羽生二冠がはっきり優勢となった。後手の矢倉は2五の銀も引き付けて金銀四枚の堅陣。見ただけでうんざりする堅さだ。

優勢になってからの羽生二冠の指し回しが辛かった。△4九馬で飛車成りを防ぎ、△5二歩(100手目)で相手の心を折る。私ならここで投げてる(笑)前から何度か言っているが、真の激辛流は羽生さんだと思う。

以下は視聴者向けに分かりやすいところまで指したという感じだろうか。108手で羽生二冠の完勝。

これで羽生二冠はNHK杯の連勝を19に伸ばした。
来週の決勝は羽生渡辺戦。羽生さんの4連覇&名誉NHK杯&20連勝を渡辺竜王が止めることができるかどうか?


最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/12/23)
屋敷 伸之

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/03/13 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第61回NHK杯準々決勝 木村一基vs畠山鎮

準々決勝第3局は対照的な棋風の2人の対戦だった。先手の木村一基八段は「千駄ヶ谷の受け師」の異名からもわかるように受け将棋。対して後手の畠山鎮七段は鋭い攻めを得意としている。

先週に続いて角換わり腰掛け銀の将棋となった。先週の羽生郷田戦は「先後同型」だったが、本局の後手は6筋位取り。7四歩を突かずに千日手含みで待つ作戦。竜王戦で渡辺竜王が採用したことで注目されている形でもある。

▲6九飛△6二飛に▲5九飛も定跡で前期竜王戦第4局と同じ進行である。互いに最善形を崩したくないためパス合戦となった。
→棋譜:第24期竜王戦七番勝負 第4局 渡辺明竜王 対 丸山忠久九段

△3一玉(50手目)を見て先手は▲4五歩と仕掛けた。一回2二に入った玉を3一に戻すのは指しづらいと思ったが他の待ち方も難しいようだ。▲2九飛△3一玉の局面での仕掛けは実戦例が沢山あり、木村八段も10年ほど前に対松尾戦で経験している。

4筋の折衝を経て後手は△8六歩(58手目)から反撃開始、継ぎ歩から端に桂を跳ねる。このあたりもまだ定跡。

畠山木村001

飛車取りと5三の成りを狙って▲7一角(77手目)と打ったが、その瞬間畠山は△8七歩と叩く。これに木村は▲同玉と顔面受け。木村さんらしい力強い手だったが、歩頭に捨てる△7五桂!が強烈なパンチ。▲同歩△同銀で後手の攻めが続く形となった。

最後は△6八金(90手目)が長手数の詰めろになっていた。8二の飛車を取るのは△7四金がまた詰めろなので負け。▲5三角成で勝負したが足らず最後はピッタリの詰みで後手の勝ち。
畠山木村002

上図から△8五飛以下23手詰め!お見事でした。

感想戦では負けた木村八段のボヤキが止まらなかった。めちゃくちゃ悔しそうにしていた。78手目の△8七歩に▲同玉と取ったのはやはり危険だったようで、▲同金が優ったようだ。△7五桂の変化のところで「猛牛が来たからなぁ、もうぎゅう」とボヤいていたのは面白かった。

まさに猛牛のような畠山七段の一気の寄せでした。

勝った畠山鎮七段はNHK杯初のベスト4進出となった。準決勝の相手は羽生二冠。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/02/20 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

NHK杯3回戦 畠山vs三浦 横歩取り4一玉

研究家で知られる三浦弘行八段と、「マモルは攻める」の畠山鎮七段の対決。

戦型は横歩取り。16手目は△3三角と上がる△3三角戦法が多いが、後手の三浦は角を上がらずに△4一玉と寄る。

△4一玉に▲2四飛なら乱戦となる。△7六飛or△3八歩▲同銀△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成・・・昔からある定跡で『将棋世界2月号』の「新・イメージと読みの将棋観」でも取り上げられている。やや先手良しがトッププロの見解か。しかし三浦さんは独自の研究を用意していたのだろう。狭い変化を深く研究するのが三浦流である。

実戦、畠山七段は△4一玉に▲5八玉と穏やかに囲う順を選んだ。

△7五歩から飛車角総交換の激しい戦いとなった。
▲8二飛は駒音高く打ち下ろされた。畠山は形勢に自信を持っているようだ。
解説の山崎隆之七段曰く「畠山さんは駒音に出るタイプ。形勢に自信があるときは(駒を下ろすまでの)滞空時間が長い」
そんなところも見ているのか、山崎くん(笑)山崎七段の解説は素直に色々と喋ってくれるから面白い。

▲8一飛成(39手目)に△9二角(竜取りと△4六桂)があって困ったかと思ったが、▲5五角の返し技があった。後手は序盤で2二銀上がっていないためこの両取りが成立してしまう。

▲4四桂(55手目)が厳しかった。4三の地点が空くと中原囲いは脆い。△4四同歩に▲3二香成以下後手玉は一気に寄せられてしまった。その前の△6五桂はぬるい手に見えたが、他に代わる手もなくここでは先手が勝勢なのだろう。

67手で畠山七段の快勝。三浦八段は△4一玉▲2四飛以下の狭い変化に誘いたかったのだろうが、じっくり囲われてあまり上手くいかなかったという印象。
研究は不発に終わったが、またこの△4一玉作戦はどこかで出してくるかもしれない。

畠山鎮七段はA級棋士2人を破って初のベスト8進出となった。次の相手は木村一基八段。


将棋世界 2012年 02月号 [雑誌]将棋世界 2012年 02月号 [雑誌]
(2011/12/29)
不明

商品詳細を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/17 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)