スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糸谷新竜王誕生

竜王戦中継ブログ
棋譜→2014年12月3日~12月4日 第27期竜王戦七番勝負 第5局 森内俊之竜王 対 糸谷哲郎七段

昨日行われた竜王戦第5局は挑戦者・糸谷哲郎七段が森内俊之竜王を破り、4勝1敗で竜王位を奪取しました。
糸谷さんは初のタイトル獲得で八段に昇段。一方、森内さんは春の名人戦に続いてタイトルを失い約3年ぶりの無冠(九段)となってしまいました。

第5局は第4局に続いて森内さんが終盤に間違えて、糸谷七段の大逆転勝ちとなりました。
まさか、2局続けて大逆転劇が起きるとは思いませんでしたね。2日目の昼休にチラッと見たときには先手(糸谷)が悪かったので、これは第6局コースだろうなと思っていたらいつの間にか逆転してたので驚きました。過去のタイトル戦でも終盤の大逆転は何度もありましたが、2局続いてこういう結末というのはあまりないのでは。

20141205糸谷森内
本譜は132手目の△9八桂成が敗着だったそうですが、その前に△1二玉と早逃げしておけば後手が残していたんじゃないかと思います。森内竜王らしくない着地ミスでした。糸谷さんの早指し、時間攻めにペースを乱されたんでしょうか?

逆に、糸谷さんの悪くなってからの粘り方は巧かったですね。良くも悪くも糸谷らしさが出た将棋だったと思います。
消費時間が4時間29分で3時間31分も残して勝つとは、、、すごいですね

糸谷さんは新四段のころから「怪物」と呼ばれ期待されていました。その後、NHK杯で2年連続準優勝に輝きましたが、タイトル戦挑戦には届かず、順位戦でも豊島さんに先を越されました。僕の中では、「強いけど少し安定感に欠ける」イメージがあったのですが、今年に入って一気に飛躍しましたね。

20代若手棋士がタイトルを獲得するのは渡辺さん、広瀬さん以来ですか。広瀬さんも1年で王位を失い、その後は渡辺さんが孤軍奮闘している状況でした。その渡辺二冠も今年三十路になって20代のタイトルホルダーはいなくなった。
個人的には若手棋士の台頭を待ち望んでいたので、糸谷さんの竜王奪取は嬉しいです。

タイトルを獲ると色々な仕事も増え大変だと思いますが、糸谷さんには竜王らしく頑張ってほしいです。順位戦も早くB1に上がってほしいですね。

糸谷新竜王おめでとうございます!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/12/05 07:45 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(1)

順位戦C級1組4回戦 中村太地六段敗れる

昨日の順位戦の感想に入る前に、船江恒平五段が結婚しましたね。おめでとうございます!
Twitterの@kansaishogiのアカウントで一ヶ月前ぐらいにサプライズ報告があると呟いていたので、もしかして結婚かなと思ってたのですがやはりそうでした。順位戦の棋譜コメによると9月11日に入籍されたそうですね。彼は良いお父さんになりそうです。

船江五段は昨日桐山九段に勝って3勝1敗。まだ昇級の可能性は残っているので後半戦も頑張ってほしいです。

昨日の対局前の時点では全勝が6人いましたが、そのうち千葉、中村、小林裕士の3人が敗れ1敗に後退。全勝は糸谷、高崎、菅井の3人となりました。

糸谷 哲郎六段(4勝0敗)○-●小林 健二九段(2勝2敗)
この将棋が一番早い終局でした。正調角換わりの出だしから後手の小林九段が右玉、先手は穴熊。△8三銀~△9二香~△9一飛の地下鉄飛車の構想をみせましたが、穴熊の堅さを生かした攻めが炸裂して糸谷六段の快勝。

菅井 竜也五段(4勝0敗)○-●田中 寅彦九段(2勝2敗)
これは面白い将棋でした。菅井五段の先手中飛車にタナトラ先生の急戦で、後手の仕掛けがちょっと珍しい形でした。中盤から終盤にかけて猛烈な攻め合いになりましたが菅井さんの勝ち。

真田 圭一七段(3勝1敗)○-●小林 裕士七段(3勝1敗)
両者ともに竜王戦では1組昇級したことがある(小林さんは来期初の1組)実力者ですが、順位戦ではあと一歩成績が伸びず足踏みが続いています。戦型は真田七段が先手で横歩取り。△8四飛+5二玉型に先手が端を伸ばしていく形でした。終盤の競り合いを制して真田七段の勝ち。

高崎 一生六段(4勝0敗)○-●富岡 英作八段(2勝2敗)
高崎先手で▲7六歩△3四歩▲7五歩の出だしから相振り。先手の穴熊に後手は左玉で対抗しましたが、やはり穴熊の堅さが生きて高崎六段の圧勝に終わりました。

高崎さんは去年は順位戦初の負け越しに終わりましたが、今期は好調ですね。後半戦に昇級候補との対戦が続きますが、そこでどれだけ白星を積み重ねることができるか。

阪口 悟五段(1勝3敗)○-●中村 太地六段(3勝1敗)
王座戦挑戦者の中村六段ですが、負けてしまいました。先手中飛車に急戦調の将棋で対抗しましたが、阪口さんに上手く指されて終始押され気味でした。太地さんの最近の成績を調べてみるとちょっと黒星が増えてますね。上位との対戦が増えているので仕方ない部分はありますが、少し調子を崩しているかもしれません。

佐々木 慎六段(3勝1敗)○-●千葉 幸生六段(3勝1敗)
この将棋は一番最後の終局で大熱戦でした。千葉さんが終盤粘りましたが及ばず佐々木六段の勝ち。

その他の結果は以下の通りです。

近藤 正和六段(2勝2敗)○-●土佐 浩司七段(0勝4敗)
片上 大輔六段(2勝2敗)●-○脇 謙二八段(2勝2敗)
桐山 清澄九段(0勝4敗)●-○船江 恒平五段(3勝1敗)
平藤 眞吾七段(1勝3敗)●-○大平 武洋五段(1勝3敗)
加藤 一二三九段(1勝3敗)●-○長沼 洋七段(1勝3敗)
金井 恒太五段(3勝1敗)○-●塚田 泰明九段(0勝4敗)
阿部 健治郎五段(2勝2敗)○-●北島 忠雄六段(2勝2敗)
福崎 文吾九段(3勝1敗)○-●浦野 真彦八段(0勝4敗)
斎藤 慎太郎五段(3勝1敗)○-●神谷 広志七段(1勝3敗)
高野 秀行六段(2勝2敗)●-○日浦 市郎八段(2勝2敗)
宮田 敦史六段(2勝2敗)○-●佐藤 秀司七段(1勝3敗)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/25 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

ツツカナに教わった粘り(NHK杯 船江vs糸谷)

電王戦でツツカナと戦った船江恒平五段とNHK杯2年連続準優勝の実績を持つ糸谷哲郎六段の対戦。今期の1回戦の中で一番楽しみにしていたのがこのカードでした。

この2人は奨励会同期で共に関西所属。今、関西の若手棋士達による「西遊棋2013」というイベントがあるのですが、実行委員の棋士たちが週替わりでTwitterで呟いています。(→http://twitter.com/kansaishogi)先週は船江くんがTwitter担当でNHK杯の放送中にリアルタイム解説をしてくれました。

戦型は糸谷六段先手で角換わりでした。17手目▲1七香が趣向の一手。次に▲1八飛からの雀刺しを狙っています。
20130707糸谷船江2
実はこの雀刺し、解説の山崎七段が糸谷六段戦で指したことのある構想でした。今年1月23日の棋聖戦二次予選で、携帯中継もあったので覚えている方も多いかもしれません。山崎糸谷戦は後手が飛車を4筋に転換して大乱戦になりましたが、後手の糸谷六段が勝ちました。

狙い通り1筋から攻める先手に対して後手は6筋から仕掛けます。その結果、金と桂香の交換で先手の駒損になりました。46手目の局面は後手のほうが良さそうです。

後手は△2四角(66手目)と遠見の角を放って角と"と金"のコンビネーションで攻めます。対して先手は、▲6八金打と埋めて頑張る。
20130707糸谷船江1
▲6八金打に「△7三銀が弱気すぎました」と船江五段の感想があります。次の▲7九玉(79手目)で先手玉が堅く攻めの糸口が見つからなくなりました。このあたりで先手ペースになったと思います。

▲5四歩(91手目)の突き捨てが上手い手でしたね。船江五段は△同銀左と取りましたが▲5五桂が厳しく先手の攻めが切れなくなりました。船江さんも呟いてましたが、▲5四歩には△同歩と取ったほうが良かったようです。

119手目、王手飛車がかかった局面は普通に厳しい。先手が勝勢に近い形勢でしたが、ここから糸谷さんの指し手が乱れます。△2五金(130手目)から入玉模様になって後手玉がすぐには寄らない形になりました。それまでノータイム指しで進めてきたのに、形勢が難しくなってきてから慌てて考えるダニー。解説の山崎七段には「この辺の(時間の使い方の)バランスの悪さが糸谷さんらしい」と言われてましたね。

そうこうしているうちに先手玉が危険な格好に。△9五桂に▲9六玉に△4六馬で銀を一枚入手してから△9四銀が受けにくい。△9二桂でピッタリ必至となりました。

明らかに詰まないにもかかわらず、将棋ソフトのように王手をかけ続けた糸谷さんでしたが、176手目を見て投了。最後の王手ラッシュは悔しくて投げ切れなかったんでしょうね。

最後は糸谷六段の自滅だったわけですが、相手の自滅を誘った船江五段の粘りは見事だったと思います。船江さんはツイッターで「粘りはツツカナに教わりました」と呟いていました。



この呟きには半分自虐も入ってるのかもしれませんが、何だかジーンときました。電王戦に出場した皆さんにはソフトの対戦経験を生かして強くなってほしいと思っているので、こういうのを聞くと嬉しくなりますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/08 06:46 ] NHK杯 | TB(0) | CM(1)

糸谷六段の4手目△3二銀

昨日は棋王戦挑決トーナメント、▲深浦康市vs△糸谷哲郎戦の携帯中継がありました。この将棋は序盤戦がとても面白かったので紹介したいと思います。

深浦九段が先手で▲2六歩△3四歩▲2五歩。名人戦第4局で森内名人が採用して話題になったオープニングです。本局に関していえば糸谷六段が得意とする一手損角換わりを封じる狙いがあります。将棋世界8月号の勝又講座に書いてありましたが、先日行われた▲木村△糸谷戦(竜王戦2組)でも木村八段が▲2六歩△3四歩▲2五歩のオープニングを採用したそうです。名人戦の影響なのか、3手目▲2五歩が徐々に増えているようですね

対して△3三角と上がって飛車先を受けるのが普通ですが、糸谷六段は△3二銀!と上がりました。この局面で△3二銀と上がった前例はないようです。
20130703深浦糸谷1

以下▲2四歩▲同歩△同飛△3三角▲2八飛△3一金▲3八銀△4四歩▲7六歩△4三銀(図)と進みました。
20130703深浦糸谷2
△3一金(▲7九金)は藤井流の角交換四間飛車でよく見られる手。4三に銀を上がって飛車を2筋に転換するのが糸谷さんの構想でした。

△2二飛に対し深浦九段は男らしく飛車交換に応じました。本局もそうですが深浦さんは相手の挑発に乗ることが多いと思います。

飛車交換したものの、後手陣は飛車を打ち込む隙がありません。一方、後手からは△2八歩や△2八飛があります。△2八飛から竜を作って形勢は後手良し。

以下、長期戦になりましたが後手が終始リードを保っていたと思います。
142手と手数は長くかかりましたが、糸谷六段の快勝。両者の持ち味が出た面白い将棋でした。

本譜の飛車交換は後手良しだったので、先手の敗着はその前まで遡るのでしょう。挑発に乗らずに駒組みを進めたほうが良かったと思います。局後のコメントには11手目の▲3八銀がどうだったかという感想がありました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/04 20:55 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

「現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~」

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る

現役の阪大院生でもある糸谷哲郎六段の処女作。

本書は一手損角換わりの概論書である。一手損角換わりを理論的に考察することを目的としている。なぜ理論化にこだわったかについては第2章第1節に書かれている。要約すると、一手損に詳しくない人、指したことがない人にも分かりやすく伝えるためである。理論は感覚よりも大雑把にしか理解することができないが、言語化される分共有しやすい。また、理論を学ぶことでその戦法の感覚を体得しやすくなる。

理論書なので、手順の枝葉末節よりも戦法の思想を説明することに重点を置いている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/09 17:00 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)