スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

順位戦C級1組10回戦 佐々木慎六段昇級

名人戦棋譜速報
昨日はC1の最終局10回戦がありました。

9回戦を終えた時点で糸谷哲郎六段が9連勝で昇級決定。残り1枠を8勝1敗の佐々木慎六段(4位)と中村太地六段(10位)の2人が争う展開でしたが・・・、結果はどちらも負け。この結果両者8勝2敗になりましたが、順位の差で佐々木慎六段が昇級することになりました。佐々木六段おめでとうございます!

最終成績は以下の通りです。小林健二九段以下6名に降級点。小林九段、土佐七段、桐山九段、加藤九段は2つ目の降級点でC2降級が決まりました。

【9勝1敗】糸谷(9)
【8勝2敗】佐々木慎(4)、中村太(10)、菅井(28)
【7勝3敗】真田(2)、船江(18)、高崎(20)、斎藤(30)
【6勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、福崎(22)、長沼(26)、北島(31*)
【5勝5敗】宮田(5)、小林裕(12)、佐藤秀(21)、浦野(25)、脇(34*)
【4勝6敗】阿部健(7)、金井(8)、日浦(13)、高野(14)、富岡(15)、田中寅(19)、阪口(29)
【3勝7敗】神谷(1)、塚田(11)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝8敗】平藤(16)、桐山(32*)
【1勝9敗】加藤(33*)

8勝1敗の中村太地六段は菅井竜也五段との対戦でした。戦型は菅井五段が後手でまさかの横歩取りとなりました。序盤20手目の△2三歩!が波紋を呼んだ一手。
20140304中村菅井1
普通は△2二銀と上がるところです。Twitterで遠山プロ(@funnytoyama)が「コンピュータ将棋の匂いがする」と呟いていましたが、言われてみればそんな感じはしますね。
△2三歩以下▲2八飛△4二銀と進みました。銀を2二ではなく4二に上がるのが菅井五段の狙いでした。

中終盤、先手が好調に攻め続けているように見えたのですが、後手が粘り強く指して入玉に成功。最後は先手玉を即詰みに打ち取って菅井五段の勝ちとなりました。

中村六段はこの悔しさをバネに来期頑張ってほしいと思います。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/05 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第72期順位戦C級1組7回戦

昨日はA級順位戦の郷田深浦戦とC級1組7回戦がありました。

郷田深浦戦は郷田九段の先手で横歩取りでしたが深浦九段の勝ち。後手が先攻してペースを握りそのまま押し切ったという将棋でした。敗れた郷田九段は2勝4敗、勝った深浦九段は4勝2敗となりました。今までA級では何度も頭ハネを食らった深浦先生ですが、今年はさすがに残留できると思うんですが、どうなるでしょうか。

C1の7回戦も行われました。結果は以下の通りです。

小林 健二九段(3勝4敗)●-○日浦 市郎八段(4勝3敗)
菅井 竜也五段(6勝1敗)●-○斎藤 慎太郎五段(4勝3敗)
土佐 浩司七段(2勝5敗)●-○大平 武洋五段(3勝4敗)
福崎 文吾九段(4勝3敗)●-○片上 大輔六段(4勝3敗)
佐藤 秀司七段(3勝4敗)○-●塚田 泰明九段(1勝6敗)
小林 裕士七段(3勝4敗)●-○富岡 英作八段(3勝4敗)
阪口 悟五段(4勝3敗)○-●阿部 健治郎五段(3勝4敗)
近藤 正和六段(3勝4敗)●-○佐々木 慎六段(6勝1敗)
糸谷 哲郎六段(7勝0敗)○-●千葉 幸生六段(4勝3敗)
高野 秀行六段(3勝4敗)○-●平藤 眞吾七段(1勝6敗)
加藤 一二三九段(1勝6敗)●-○金井 恒太五段(4勝3敗)
高崎 一生六段(6勝1敗)○-●真田 圭一七段(4勝3敗)
脇 謙二八段(4勝3敗)○-●北島 忠雄六段(4勝3敗)
長沼 洋七段(4勝3敗)○-●宮田 敦史六段(3勝4敗)
桐山 清澄九段(1勝6敗)○-●浦野 真彦八段(2勝5敗)
船江 恒平五段(5勝2敗)●-○中村 太地六段(6勝1敗)
田中 寅彦九段(2勝5敗)●-○神谷 広志七段(2勝5敗)

全勝の菅井竜也五段は同じ関西の斎藤慎太郎五段との対戦でした。菅井五段の先手中飛車に居飛車が角交換する形に。中盤▲5五歩の仕掛けが成立するかどうかがポイントとなりましたが、結果は後手良し。66手の短手数で斎藤五段の快勝となりました。

1敗同士の▲船江△中村太地戦は相矢倉のねじり合いを制した中村六段の勝ち。船江五段は2敗となって昇級戦線から後退です。

昇級争いは全勝の糸谷六段(9位)が単独トップ。続いて1敗で佐々木慎(4位)、中村太地(10位)、高崎一生(20位)、菅井竜也(28位)の4人が追う展開。C1の昇級枠は2つしかいないので、このまま糸谷、佐々木が1敗以上をキープすると中村六段以下が9勝1敗でも頭ハネを食らうことになります。ラス前に糸谷高崎戦、そして最終10回戦に中村太地と菅井竜也の直接対決があるんですよね。この2局が昇級争いを大きく左右する将棋になりそうです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/18 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)

第3回電王戦の出場棋士5人が決定!

「第3回 将棋電王戦」5人の出場棋士揃う、屋敷九段「非常に心強い面々です」 | マイナビニュース
将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画

第3回電王戦の出場棋士が発表されました。
出場者は
屋敷伸之九段、菅井竜也五段、森下卓九段、佐藤紳哉六段、豊島将之七段
の5人に決まりました。

良いメンツを揃えたなと思います。

菅井五段は振り飛車党枠。大和証券杯優勝の実績があり、若手振り飛車党では最も強い棋士だと思います。前回は振り飛車党がゼロだったので菅井くんには期待しています。
森下九段はベテラン枠(塚田枠)。故・米長永世棋聖と縁が深かった棋士なので出そうな予感はしてました。出場を決めた理由について「最近は解説する側が多かったので解説される側に回りたかった」と答えてましたね。塚田さんのような根性を見せて男を上げてほしい。森下さんは入玉が得意なので塚田さんの時みたいに入玉将棋になるかもしれません。
佐藤紳哉さんはサトシン枠?(笑)最近はバラエティ方面で注目されてますが、勝率第1位賞を取ったこともある実力者。あまりネタに走らず将棋の内容でいいところを見せてほしいと思います。
豊島七段は若手エース。順位戦はB1ですが実力はAクラスと言って良いと思います。豊島さんが出てくれるとは思っていませんでした。

A級棋士は前回と同じく一人しかいませんが、豊島さんは実質A級みたいなもんですし、菅井五段は某所のレーティングでは20位以内に入ってる強豪。前回よりも少しレベルが上がっている印象があります。順位戦の各クラスから1人ずつ、関東3人に関西2人とバランスの取れた人選だと思います。

対戦相手の5つのソフトは11月2日~4日に行われる「将棋電王トーナメント」で決まります。電王トーナメントに出場するのはBonanza、ponanza、ツツカナ、習甦ら23チーム。前回出場のGPS将棋、Puella αとコンピュータ将棋選手権で上位に進出した激指、Ninedayfeverの名前はありません。強豪ソフトが出ていないのは残念ですが、あのルールだと仕方ないですか。

第3回電王戦の新ルールも発表されました。持ち時間はプロ棋士、コンピュータそれぞれ5時間のチェスクロック方式で、消費後は1分将棋。さらに、休憩を12時~13時までの昼食休憩と、17時~17時30分までの夕食休憩の二回設けることになりました。前回は持ち時間4時間で夕食休憩がなかったので、より人間に有利な時間設定になったと言えます。

勝敗予想は人間側の2勝3敗としておきます。理想は勝ち越しですけど、前回は1勝しかできなかったので2つ勝てば御の字でしょう。屋敷、豊島、菅井で2勝できるかどうか。森下さんと紳哉さんはちょっと厳しいかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/07 21:46 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

C級2組順位戦最終局 菅井、阪口、斎藤の3人が昇級

名人戦棋譜速報

1敗で4人(菅井竜也、澤田真吾、阪口悟、斎藤慎太郎)が並ぶ展開で迎えた最終局。

結果は菅井、阪口、斎藤の3人が勝ってC1昇級を決めた。澤田五段は勝てば自力昇級だったが千日手指し直しの末、永瀬拓矢五段に敗れ昇級を逃した。

菅井竜也五段は前期9勝1敗の好成績を残すも全勝が3人いたために昇級を逃したが、今期は2期連続の9-1で格の違いを見せ付けた。来期C級1組でも昇級候補だろう。

阪口悟五段は中飛車、石田流を得意としている振り飛車党。他の2人に比べるとこの人は遅咲きだ。三段リーグに上がったのは22歳、四段昇段は年齢制限ギリギリの26歳だった。そして今年34歳でC1昇級。3年前の王座戦で佐藤康光、森内俊之を連破しベスト8入りしたことがある。

斎藤慎太郎四段は前期の船江恒平に続いての一期抜けとなった。ちなみに、船江も斎藤も詰将棋作家で詰将棋解答選手権優勝経験がある。三段時代から大器と噂されていたが、その通りの活躍ぶりだった。

3人ともおめでとうございます!

一方、降級点争いはもっと熾烈だった。
石川陽生、松本佳介、瀬川晶司、上野裕和、遠山雄亮、小倉久史、川上猛、西川慶二、伊奈祐介の9人が降級点となった。
このうち松本、遠山、伊奈が2つ目。上野と川上は3つ目の降級点でフリークラス降級となった。

上野裕和五段は優勢の将棋を大逆転負けしてしまい無念の降級。上野さんは普及方面で頑張っていただけに残念だ。
瀬川さんの降級点もショック。こちらも途中優勢と言われていたが、急転直下の逆転負け。終局後のtwitterでの呟きを読んで勝負の世界の厳しさを感じた。

ここ数年のC2をみると、30代、20代の棋士が何人も降級点を取っていて厳しさを感じる。これが50代、60代の人なら仕方ないと言えるのだが、年齢的にまだまだこれからという人達ですからね。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/06 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第6回朝日杯 渡辺竜王初優勝

朝日杯将棋オープン中継サイト
昨日は朝日杯の準決勝・決勝がありました。

まずは午前の▲羽生三冠対△渡辺竜王戦。これが今年度10局目の対戦だった。
後手の渡辺竜王が先日の順位戦に続いて横歩取らせを採用した。△5二玉+△8四飛型に先手が中住まい型の中原囲いで端桂を跳ねる形に進んだ。後手は△3八歩と垂らしてから桂頭を攻める。

▲7五歩(43手目)が疑問手だった。△8五桂と跳ねられて7四の歩を取っても△7七歩が生じてしまう。ただ、その前の△1五歩突かれた時点で先手が困っているのかもしれない。中盤で差が開いてしまいワンサイドゲームとなってしまった。

もう1つの菅井谷川戦は相振り飛車。終盤谷川九段が優位に進めていたが逆転、急転直下の幕切れとなった。詳しい感想コメントがupされてないが桂香拾った手が緩手だったと思う。100手目のところで先に△2七銀を打ったほうが良かったか。菅井五段の▲4八角が粘り強い受けだった。

決勝は渡辺明(28歳)と菅井竜也(20歳)の20代対決となった。

棋譜→第6回朝日杯将棋オープン戦決勝 渡辺明竜王 対 菅井竜也五段
戦型は菅井五段のゴキゲン中飛車に先手の「超速」。早めに5筋を交換するのが菅井五段の作戦だった。対して先手は5筋と6筋の位を取って盛り上がる。私はこういう手厚い陣形が好きなので先手持ちだが、後手としては5筋位取りを強要させたという意味もある。

後手は5筋の位を放棄する代わりに玉を固めて千日手含みで待つ。44手目の△5三歩は「昔だったら相当に怒られてしまう」(羽生三冠)手だが、現代感覚ではこういうのもアリなのかもしれない。「作戦勝ち」でも、居飛車が勝つまでは大変だと思った。

渡辺菅井001

70手過ぎまで膠着状態が続いたが、菅井五段にミスが出てしまう。それが△3一飛(72手目)で▲2四歩と突かれて困ってしまった。△2四同角に▲2二歩が振り飛車党にとって盲点になりやすかったようだ。

準決勝に続いて渡辺竜王の圧勝。相手のミスを的確に咎める強い勝ち方だった。

先週から今週にかけて渡辺竜王は3連敗していた。順位戦(1日)で羽生三冠に、棋王戦(3日)で郷田棋王に、そして王位リーグ(6日)で佐藤王将に敗れた。いずれも超強豪なので仕方ないのだが、並の棋士なら調子を崩してしまいそうなところだ。しかし、昨日の竜王は連敗の影響を感じさせなかった。常日頃から「将棋において精神論はない」「調子や流れは関係ない」と言い切る渡辺竜王だが、それを自ら証明してみせた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/10 08:02 ] 朝日杯 | TB(0) | CM(0)