スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期B級1組順位戦11回戦

年が明けて順位戦も大詰めを迎えています。昨日は順位戦B級1組の11回戦がありました。

結果は以下の通りです。

畠山 鎮七段(4勝6敗)●-○山崎 隆之八段(5勝5敗)
橋本 崇載八段(6勝5敗)○-●豊島 将之七段(8勝3敗)
阿久津 主税七段(8勝2敗)○-●松尾 歩七段(6勝4敗)
飯塚 祐紀七段(4勝6敗)●-○広瀬 章人七段(8勝2敗)
鈴木 大介八段(2勝8敗)●-○丸山 忠久九段(7勝3敗)
藤井 猛九段(4勝6敗)○-●木村 一基八段(3勝7敗)

▲橋本△豊島戦はハッシー得意の3手目▲6六歩に豊島七段が△3二飛から相振り飛車を選択。先手西川流の出だしに後手が△3三桂~△4五桂の速攻を仕掛けましたが、ちょっと無理攻めだったようですね。
20140116橋本豊島
先手に受け切られてしまい後手は駒損で苦しくなりました。そこから豊島さんも粘ったのですが差は縮まらずハッシーの快勝に終わりました。

▲阿久津△松尾戦は変則的な出だしの矢倉戦でしたが、阿久津七段の鋭い攻めが炸裂して快勝。

▲藤井△木村戦はこれまた変則的な出だしで藤井九段が角道を止めたまま三間飛車。終盤は形勢不明の大熱戦となりましたが藤井九段が制しました。藤井九段は残留へ向けて大きな一勝です。


昇級争いは8勝2敗で広瀬七段と阿久津七段がトップを走り、3敗で豊島七段と丸山九段が追う展開。豊島さんは順位が悪いだけに今日の敗戦は痛いです。最終局勝って広瀬阿久津のどちらかが連敗しないと上がれない。2期連続の昇級は厳しくなりました。丸山九段は阿久津広瀬よりも順位が良いので残り連勝ならば昇級できる。次回の広瀬丸山戦は大一番ですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/17 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(2)

B級1組順位戦2回戦の感想

昨日はB1の2回戦がありました。とりあえず、結果と簡単な感想だけ書いておきます。

畠山鎮七段(2勝0敗)○-●鈴木大介八段(0勝2敗)
戦型は後手鈴木八段の角交換四間飛車。対して先手は矢倉から穴熊に潜ったが、途中で穴熊から這い出て銀冠に組み替える。そこから玉頭戦になったが先手が厚みで押し潰して勝ち。
畠山さんは2連勝スタート。畠山さんは順位戦だと力が安定していますね。

高橋道雄九段(0勝2敗)●-○豊島将之七段(2勝0敗)
高橋先手で得意の横歩を取らずに▲2八飛と引く将棋になった。高橋九段は先手でも後手でも横歩を取らせるのを好む。中盤激しい展開になったが、後手が一気に攻め切った。高橋九段は最後呆気なく土俵を割ってしまった。

丸山忠久九段(1勝1敗)○-●飯塚祐紀七段(0勝2敗)
戦型は丸山先手で角換わり腰掛け銀。41手目▲1八香までは最近よくある形で名人戦第3局もこの将棋だった。そこで△9三香と上がる手が5月に増田三段が指した新手らしい。
以下、難解な攻防が続いたが丸山九段の勝ち。渡辺との竜王戦では結果が出なかったが、やはり丸山さんの角換わりは強いですね。

松尾 歩七段(2勝0敗)○-●広瀬章人七段(1勝1敗)
広瀬七段のゴキ中に松尾七段の超速。後手の△4四銀型に対して先手は急戦を選ぶ。▲5三銀(31手目)と打つところまでは前例があるようだ。▲6八銀(33手目)が松尾の新手。これで先手が良いようだ。
20130627松尾広瀬
広瀬の粘りで手数はかかったが、松尾が押し切った。

山崎隆之七段(1勝1敗)●-○木村一基八段(1勝0敗)
山崎先手で相掛かり棒銀。対して後手は△8五飛型で棒銀を受ける。後手の木村が攻め、先手の山崎が受ける展開になった。
途中は先手が受け切れそうにも見えたが、終盤山崎にミスが出て後手が勝勢になった。勝った木村八段は通算500勝目の節目の白星となった。

橋本崇載八段(1勝1敗)●-○藤井猛九段(1勝1敗)
橋本藤井戦は千日手指し直しになった。千日手局は藤井九段が先手で角交換四間飛車穴熊。
向かい飛車に振り直してから銀を6六から5五に出る構想で主導権を握る。
先手は四枚穴熊に組んだが、後手に待機戦術を取られて手詰まりに。藤井九段は桂損の攻めを敢行し打開を目指したが、馬と飛車の追いかけっこになって千日手が成立した。

指し直し局も後手藤井九段の角交換四間飛車。先手は端の位を取り、後手は美濃に囲う。
後手の2筋逆襲に対して先手は5六に筋違い角を打って対抗。対して後手も3二に自陣角を打った。
20130628橋本藤井1

終盤ハッシーが飛車を切って寄せにいったが、藤井九段が上手く受け切って快勝。藤井先生は今期順位戦初勝利。

2戦全勝は畠山鎮、松尾、豊島の3人。前評判通り、豊島七段が昇級争いの中心になるのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/28 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

藤井九段B1昇級決定!

名人戦棋譜速報
昨日はB級2組順位戦9回戦がありました。首位の藤井猛九段は過去の対戦成績で分が悪い森下卓九段との対戦でした。

▲藤井 猛九段(7勝1敗)-△森下 卓九段(4勝4敗)
戦型は藤井九段の角道オープン四間飛車。対して後手は角道を突かずに銀冠→穴熊に囲った。俗に「居飛穴音無しの構え」と呼ばれる布陣。アマチュアの方が考案された作戦で、藤井システム対策として見たことがある。

藤井九段は4筋の位を取って4六に角を転換する構想。後手の穴熊が完成する前に▲7七桂から動いて先手優勢になりました。森下九段も終盤粘ったが及ばず藤井九段の勝ち。先手の圧勝でしたね。

そして、同じく7勝1敗の飯島栄治七段が先崎学八段に敗れたことで、最終戦を待たずして藤井九段のB級1組復帰が決まりました。

藤井先生おめでとうございます!!

昨年、降級が決まったときには「B級2組に3年いる覚悟はある」と語った藤井九段ですが、見事に1年で復帰を決めました。
「降級の藤井九段 “新鉱脈”にかける」(朝日新聞デジタル、2012年4月27日の記事)
「以前は、A級棋士がB級2組に落ちたら『墓場行き』と思った。でも本当に終わりかは、その人次第。いつか落ちるなら、また上がる機会をねらえる若いうちがいい。新しい鉱脈を見つけた今は、地球の裏側で、裕福ではないけど、初めて見る景色と新鮮な空気の中で生きている気分です」

改めてこの記事を読むと泣けてきますね・・・

今期は「新鉱脈」の角交換振り飛車を武器に活躍。王位戦では挑戦者になり、残念ながら奪取はなりませんでしたが存在感を見せました。他棋戦でも白星を重ね、藤井先生らしい将棋を見せています。

藤井先生が上の記事で言うように、A級からB級2組に落ちた棋士がまた上に戻るのは難しい。過去B2に落ちた棋士がA級に戻った例は原田泰夫先生しかないはず。でも、藤井先生ならまた戻れると思う。もう一度A級で戦う姿を見たいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/08 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

NHK杯3回戦 森内名人vs藤井九段

B2に落ちてから好調の藤井九段が森内名人に挑んだ一局。藤井九段にとって森内名人は苦手な相手だ。過去の対戦成績は藤井の5勝18敗で、直近は5連敗中。このカードでは藤井得意の攻めが森内の受けの前に切らされることが多い印象がある。

さて、本局はなんと千日手指し直しになった。

千日手局は藤井後手で角交換四間飛車。森内の3手目▲2五歩は振り飛車党相手にはよくある手で、藤井得意の角交換振り飛車を封じる狙いがある。それでも藤井は角道を空けたまま飛車を振った。△3三角と上がってから角交換しているので通常よりも手損、計二手損している。また通常は△8八角成▲同銀と限定させられることが多いが、本譜は▲8八同玉と取ることができる。

後手は△7二銀と締まらずに2筋から仕掛けた。この2人は過去に本譜と似た形を指していた。それが2010年3月の順位戦▲森内△藤井戦(参考図)で、参考図から▲4四角△同歩▲3二角!△3九角▲2三歩△2八角成▲2二角成と進んでいる(先手勝ち)。
森内藤井A級001

深浦九段も当然その将棋のことは覚えていて▲3二角の筋を解説していたが、本譜は▲3七桂(29手目)だった。

ここから先手は二枚の桂馬を跳ねて5三の地点を狙うが、藤井は受けずに△3四金。▲5三桂右成には△6四歩で後手は桂得になる。このあたりで先手は時間を使いきったのだが、編集が入っていたのでもしや千日手?と思って見ていたら千日手コースに入った。先手は桂損しているので打開できなかった。

指し直し局は藤井先手で▲7六歩△8四歩▲6八銀から矢倉!藤井九段の矢倉は久々に見たような気がする。
後手の作戦は左美濃。左美濃に対して先手は早囲いにすることが多いが、これは普通の早囲いとは違う。▲7八玉型で▲4六角とぶつける藤井流の早囲いだ。

△3一玉(48手目)のあたりは深浦曰く「後手が少し失敗した感」。私も先手のほうが面白いと思っていたが、ここからの仕掛けがどうだったか。▲2四歩△同歩▲5五歩△4七角に▲4五銀と攻めていったが、駒を渡したことでカウンターがきつかった。

藤井森内NHK001

△8六歩(58手目)は悩ましいタイミングでの突き捨て。藤井矢倉の弱点はこの8筋だ。▲8六同歩は次に桂馬を取って△7五桂がある。本譜は▲同銀だったが、▲5五角に△7二飛が王手で入る。先手は馬を作ったが、△2二銀で馬を封じ込められてしまった。攻守が入れ替わって後手優勢になった。

以下は藤井も必死の粘りを見せたが、森内の攻めを食い止めることができなかった。

負けたのは残念だったが、藤井九段の将棋を一度で2局見ることができてお得な気分だった。今期藤井先生はB2なので来期は予選からの出場となると思うが、頑張って勝ち上がってほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/20 22:42 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

B級2組順位戦 藤井vs野月

名人戦棋譜速報
一昨日のB級2組順位戦。1敗の藤井猛九段は野月浩貴七段との対戦だった。

戦型は先手藤井の角交換振り飛車。図は野月七段が△6四歩と突いたところ。後手は玉の囲いよりも△7四歩~△6四歩を優先したが、反面先手に争点を与えてしまうデメリットがある。「相手の指した手を必ず悪手にする」のが藤井将棋。当然この手を咎めにいく。
藤井野月001

図から▲6六歩△7三桂▲7七桂

△8八角が見えているだけに大胆な手だが、この手が成立していた。△8八角には解説にもあったように▲6五歩から6筋を突破できそう。

そこで野月七段は長考の末に△7二金と自重したが、△8八角が打てなかった時点で既に勝負アリの感がある。▲6五歩から桂交換になって先手がポイントを奪った。

後手は△7三金と上がって辛抱するが、▲4六角から▲6四飛(35手目)と気持ちよく捌いて振り飛車がリードを広げた。
以下、後手に何もさせず61手で藤井九段の圧勝。序盤で△7四歩から△6四歩を急いだ後手だったが、▲7七桂で見事に咎められてしまった。

===============
7回戦終了時点でのB級2組の成績は以下のようになっている。
6勝1敗:藤井(1)、飯島(5)、窪田(15)、豊島(22)
5勝2敗:佐藤天(21)
4勝3敗:北浜(3)、戸辺(4)、畠山成(8)、杉本(12)、阿部隆(13)、安用寺(20)
3勝4敗:中村修(2)、島(7)、堀口(9)、野月(10)、森下(11)、南(14)、先崎(16)、田村(18)
2勝5敗:豊川(19)、青野(24)
1勝6敗:中川(6)、泉(17)、神谷(23)

佐藤天彦七段が窪田六段に敗れ、2敗に後退した。昇級者争いは1敗の4人と2敗の天彦までだろうか。次回は飯島vs窪田の直接対決がある。

藤井先生は残り3つ、先崎、森下、神谷との対戦が組まれている。いずれも手強い相手だがこのまま勝ち続けてB1に戻ってほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/15 08:05 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)