スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯決勝 郷田真隆vs丸山忠久

タイトルホルダー、A級棋士が次々と敗れる波乱の大会となった今期のNHK杯だが、最後に残ったのは「羽生世代」の2人だった。丸山九段は優勝した第55回以来8年ぶりの決勝進出。対する郷田九段は第49回(1999年度)以来14年ぶりの決勝進出で初優勝を目指す。

この2人の過去の対戦成績は丸山30勝、郷田16勝と丸山九段が大きく勝ち越している。丸山郷田戦は丸山先手だと角換わりになることが多く、9割近くが角換わり。郷田は丸山の角換わりに何度も苦しめられながら、それでも毎回角換わりを受け続けてきた。本局も丸山九段が先手になった時点で角換わりを予想した人が多かっただろう。しかし、その予想は外れて戦型は横歩取りになった。

先手の指し方は3四の飛車を引かずに▲3六歩を突く「青野流」。対して後手は△4一玉型の中原囲いに構える。最近の対青野流は△5二玉型が多く本局の△4一玉型は古い指し方だ。

▲4五桂(27手目)まではおそらく前例があるはず。そこで郷田九段は長考の末、角を逃げずに△3七歩!と叩いた。
20140323丸山郷田1
解説の森内名人曰く「私のデータでは新手」とのこと。後手の狙いは3七同銀に角を交換して△5五角。この受け方が色々あって難しい。
20140323丸山郷田2
本譜は▲7七角(33手目)だったが、▲8七歩や▲9七角もあった。▲7七角以下△7六飛▲8四飛△3七角成▲8一飛成△7五飛と進んだ。先手は銀取りを受けずに▲8四飛と回ったが、△7五飛と1つ浮く手をウッカリしていたようだ。4五の桂取りが受からず郷田九段が優勢になった。
20140323丸山郷田3

そこから丸山九段も上手く粘ったが、最後まで差は縮まらず形を作るのがやっとだった。82手で郷田九段の完勝に終わった。

勝った郷田九段は43歳にして初のNHK杯優勝。今年度の郷田九段は3棋戦(棋聖、竜王、王座)で挑戦者決定戦に進出したが、いずれも敗退。あと一歩タイトル・優勝に手が届かないシーズンだった。最後にNHK杯を獲れて良かったですね。

郷田九段優勝おめでとうございます!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/24 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第63回NHK杯準決勝 郷田真隆vs西川和宏

波乱が続いた今期のNHK杯。タイトルホルダー3人(森内、羽生、渡辺)は既に姿を消している。ベスト4に残ったのは郷田真隆九段、丸山忠久九段、西川和宏四段、大石直嗣六段の4人。羽生世代の常連(郷田、丸山)対関西若手(大石、西川)という構図になった。

そして今日は郷田九段と西川四段の対戦。西川四段は振り飛車党で1回戦から準々決勝までの4局全て振り飛車で勝ち上がってきている。本局も先手番でノーマル三間飛車を採用した。西川四段は最近では珍しく角道を止める振り飛車を指すことが多く、準々決勝の村山六段戦もノーマル三間だった。

後手の郷田九段は居飛車穴熊。これを見て先手は石田流に組み替えた。石田流対△6三銀型居飛穴のよくありそうな将棋だが、▲5九角と引いたまま▲7四歩と仕掛けていったのが先手の工夫だろうか。

20140302西川郷田1
先手が▲7五歩(39手目)と歩を合わせたのに対し郷田九段は長考の末△6三銀と引いて辛抱する。△7五同歩▲同飛△6六角とは出られなかったということか。しかし、これは一度引いた銀を引くのでちょっと辛い。後手が作戦負け気味の序盤となった。

先手も飛車が狭いのでゆっくりはしていられない。6筋を突き捨ててから▲2六角と出て△4二金と受けさせてから▲3七桂~▲4五桂と跳ねていく。さらにもう一枚の桂馬も跳ねて5三の地点を強襲したが、ちょっと無理攻めだったか。
20140302西川郷田2

20140302西川郷田3
後手の穴熊に▲3二金(71手目)と貼りついたが、△5五角▲4七金の交換を入れてから△5二飛打。この自陣飛車で先手の攻めは切れ模様になっている。以下西川四段が駒損しながらも攻めを繋げようとしたものの、郷田九段に丁寧に受け切られてしまった。

128手で郷田九段の勝ち。序盤は西川四段ペースだったと思いましたが、▲6五桂のあたりでもう少し上手い攻め方がなかったかというところでしょうか。郷田九段の受けの強さが光った将棋でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/03 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

竜王戦挑決第3局 森内名人が挑戦者に決定

昨日行われた竜王戦挑戦者決定戦第3局は森内名人が郷田九段を破って4年ぶりの竜王挑戦を決めました。棋聖戦、王座戦に続いて今年三度目の挑決進出だった郷田九段でしたが、またしても挑決で涙をのむ結果となりました。

棋譜→2013年9月9日 第26期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第3局 森内俊之名人 対 郷田真隆九段

第3局は森内名人が先手で矢倉。▲4六銀・3七桂の将棋で先手が▲9六歩と受ける形に進みました。50手目前後までは定跡手順。△4二銀と一度引いてから△5三銀(54手目)と上がるのが郷田さんの工夫でした。前例はないようです。

20130909森内郷田001
▲4九飛(54手目)の手待ちに△4四銀と上がった手が良くなかったか。以下4筋で銀交換してから▲6五飛~▲8五飛と移動することができて先手が良くなりました。△6四歩と打たされたことで後手は歩切れに。▲8五飛に8四銀と打たされるのはちょっと辛い。

郷田九段は馬を作って粘りにいきますが、森内名人の的確な指し手が続き先手の圧勝に終わりました。

この結果、七番勝負は渡辺竜王と森内名人の名人竜王対決となりました。2人が竜王戦七番勝負で対戦するのは2004年(第17期)、2009年(第22期)に続いて3度目となります。前回(2009年)は森内さんが4連敗。通算の対戦成績でも渡辺竜王が勝ち越していますが、今年の名人は内容が充実しているので期待できそうです。10年前に渡辺さんに奪われた竜王のタイトルを取り返すとなればストーリー的には面白いでしょうね。

七番勝負第1局は10月17日に千葉県野田市で開幕します。
第26期竜王戦七番勝負日程(竜王戦中継Plus)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/10 07:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)

第26期竜王戦挑決第2局

竜王戦中継Plus
棋譜→第26期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第2局 森内俊之名人 対 郷田真隆九段

昨日は竜王戦挑戦者決定戦の第2局がありました。

後手の郷田九段が珍しく2手目に△3四歩と突いたことで横歩取りになりました。先手中住まいに後手は△5二玉+7二銀型。28手目、後手が飛車をぶつけて激しい展開に進みました。この飛車交換は成立しているのかどうか。
20130902森内郷田

飛車交換の後に▲8四飛と打つのが森内名人の対策でした。時間の使い方からみてこれは研究でしょう。
そういえば、土曜日に行われた電王戦タッグマッチ▲船江ツツカナvs△三浦GPS戦も本局と似た将棋でした。(参考図)
20130831船江三浦
船江ツツカナvs三浦GPS戦は△2六歩▲2八歩の交換と△1四歩が入っていますが、それ以外は同じ。2筋のぶんだけタッグマッチのほうが条件は良さそう。このときの解説では△8三歩▲2四飛以下の二枚換えは先手良しと言われていたと思います。三浦GPSコンビは二枚換えは不利とみて△7四歩と飛車を成らせました。

本譜郷田九段は二枚換えコースを選択しましたが、やはり先手が優勢になりました。以下森内名人が着実にリードを守りきって完勝。

両者1勝1敗で挑戦権の行方は第3局(9月9日)に持ち越されることになりました。第3局は改めて振り駒を行うことになります。振り駒でどちらが先手を取るかも注目ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/03 20:45 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)

第26期竜王戦挑決第1局 郷田九段先勝

竜王戦中継plus: *第26期竜王戦挑決第1局
棋譜→第26期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局 森内俊之名人 対 郷田真隆九段

昨日は竜王戦挑戦者決定戦三番勝負第1局、森内名人対郷田九段戦がありました。

振り駒の結果先手となったのは郷田九段。戦型は相掛かりでした。先手の引き飛車棒銀に後手はひねり飛車。9筋の位を取って美濃囲いに組みます。対して先手は5筋の歩を突いて▲6八銀~▲5七銀と活用しました。この先手の指し方は山崎八段がよくやっているイメージ。低い構えの後手に対して先手は押さえ込みで対抗します。△7四飛に▲7七金と上がった瞬間は金銀バラバラでまとめにくそうにも見えました。

20130815郷田森内1

このあと後手は銀冠に組み替えますが、7筋を突き捨ててから△8三銀はちょっと意味が分からなかったですね。感想コメントによると飛車の逃げ道を作ったようですが。対して先手は▲2六銀から後手の大駒を攻めます。棒銀の活用にメドが立って先手が指せるようになったと思います。75手目、2筋を突破したところは先手優勢。
20130815郷田森内2

後手は△6九銀(82手目)から絡みますが手駒が足りません。▲7六金打から▲8七香で厚みを作られてやはり苦しい。飛車銀桂の攻めで先手玉に迫りますが、桂馬を跳ねた瞬間に▲7三歩が痛打。この手が決め手となって以下郷田九段が寄せ切りました。

終盤は後手も追い上げましたが、少しずつ足りなかったようです。郷田九段の会心譜だったと思います。

挑決三番勝負第2局は9月2日に行われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/16 08:33 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)