スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

里見さんが女流王座奪取(女流王座戦第4局)

リコー杯女流王座戦中継

挑戦者・里見香奈女流二冠の2勝1敗で迎えた第4局。結果は106手で里見女流二冠が勝ち、3勝1敗で初の女流王座獲得となりました。

第1局は加藤女流王座の勝ち、第2局は中盤加藤さんがリードを奪うも終盤混戦になって里見さんの勝ち。そして第3局は加藤女流王座が終盤勝勢を築いたものの、まさかの大逆転負け。3局戦ってスコアは里見さんの2-1ですが、内容的には加藤女流王座のほうが良い将棋を指していました。しかし、昨日の第4局は終始里見さんペースで快勝。加藤女流王座はやはり第3局の逆転負けが痛かったですね。

里見さんは5月に女流五冠を達成したものの、その後立て続けに3つのタイトル(女流王位、女流王将、倉敷藤花)を失冠。この女流王座戦も黒星スタートで不調説もささやかれていましたが、やっと嫌な流れを止めることができました。

里見さんは現在奨励会で直近11勝3敗。12月23日の例会で1つ勝てば三段リーグ入りが決まります。こちらも頑張ってほしいですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/14 06:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

第3期女流王座戦第1局 加藤先勝

リコー杯女流王座戦中継ブログ
女流王座戦の五番勝負が昨日から開幕しました。

女流棋戦で奨励会員同士の番勝負は今回が史上初となります。加藤桃子女流王座は関東奨励会の1級。挑戦者の里見香奈女流三冠は関西奨励会の二段。奨励会では2段と1級は香落ちの手合いになりますが、今回は平手戦です。普通に考えれば上位者の里見さんのほうが期待勝率は高いですが、力の差は紙一重なので結果はどちらに転ぶか分からないと思います。

棋譜→2013年10月26日 第3期リコー杯女流王座戦五番勝負 第1局 加藤桃子女流王座 対 里見香奈女流三冠

第1局は里見女流三冠の先手で石田流。対して後手の加藤女流王座は居飛車左美濃で対抗しました。
△6三銀(28手目)に▲6五歩△同歩▲同銀と仕掛けて戦いが始まりました。この局面は前例がないですが、1筋の交換があれば▲久保△渡辺戦と同じ進行。前例は7八の金取りを6九角と受けていましたが里見さんは▲6七角と手を変えました。

仕掛けたあたりは振り飛車もまずまずという感じでしたが、加藤女流王座の△2三銀打(48手目)~△4五金が手厚く後手がリードを奪いました。
20131026里見加藤1

67手目飛車取りに桂を打たれたところでは、飛車を逃げずに▲3四桂と勝負したほうが良かったようです。本譜は6七にできた"と金"が大きく居飛車が優勢に。以下後手が着実にリードを広げて快勝となりました。

里見さんは女流棋戦での負けが続いているのがちょっと心配ですね。第2局以降の巻き返しに期待したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/27 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

女流王座戦挑決 里見大逆転勝ち

リコー杯女流王座戦中継ブログ: *第3期リコー杯女流王座戦挑戦者決定戦
棋譜→2013年9月6日 第3期リコー杯女流王座戦挑戦者決定戦 里見香奈女流四冠 対 本田小百合女流三段

昨日行われた女流王座戦挑戦者決定戦、里見香奈女流四冠対本田小百合女流三段戦は里見女流四冠が勝って初の女流王座挑戦を決めました。

戦型は後手里見女流四冠の5筋位取り中飛車から相穴熊。中盤から終盤にかけて本田さんがリードを奪い先手がはっきり勝ちになったのですが、決め損ねてまさかの大逆転。

20130906本田里見

109手目は▲7二銀成△同銀▲7三金打と踏み込めば先手勝ちでした。しかし本田さんは▲5四歩△同金▲7五金打と指してしまったために△6八竜で逆転。。。

痛恨の一手バッタリで里見さんの勝ちとなりました。将棋は最後まで何があるか分かりませんね。
里見さんは準決勝の伊藤沙恵奨励会1級戦も逆転勝ちでしたが、今日の将棋はそれ以上の、大が2個ぐらいつくレベルの逆転でした。なんというか里見さんは運を持ってますね。

これで奨励会員同士の五番勝負となりました。加藤vs里見戦は個人的に一番見たかったカードですが、今日の将棋に関していえば本田さんに勝ってほしかったですね。

五番勝負は10月26日に開幕します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/07 07:00 ] 女流 | TB(0) | CM(0)

里見さん、奨励会二段昇段

"里見奨励会初段、女性として史上初の二段に昇段!"(日本将棋連盟)
“出雲のイナズマ”二段に昇段 - NHK 関西 NEWS WEB(会見動画あり)

昨日(7月29日)行われた関西奨励会の例会で里見香奈初段が2連勝し、直近12勝4敗で二段に昇段しました。
おめでとうございます!

里見さんが初段に上がったのが2012年の1月7日。そこから約一年半かかりました。これまで2回昇段のチャンスを逃してきましたが、今回は一発で決めましたね。

関西奨励会成績表はこちら
関西は強い二段の人達が三段に上がって、上が少なくなっています。二段勢が少ないということはすなわち下位者相手の駒落ち戦が増えるということで、駒落ちで苦労しなければいけるんじゃないでしょうか。

三段リーグ入り目指してこれからも頑張ってほしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/30 07:30 ] 奨励会 | TB(0) | CM(2)

女流王位戦第5局 甲斐さんが女流王位奪還

女流王位戦中継Blog: *第24期女流王位戦五番勝負第5局
棋譜→第24期女流王位戦五番勝負 第5局 里見香奈女流王位 対 甲斐智美女流四段

2勝2敗で迎えた最終局。振り駒の結果里見女流王位が先手となった。これまで4局はいずれも先手番が勝っているが本局はどうなるか。

戦型は後手甲斐のゴキゲン中飛車に先手の丸山ワクチン。▲6七角(里見新手)までは第1局と同じ進行だ。5六や6七に筋違い角を打って3四の歩を狙うのはこの戦型では頻出だが、このタイミングで打つのは少し早い。第1局は後手が漫然と銀冠に組んだため端攻めで先手が優勢になった。甲斐さんとしては同じ失敗は繰り返したくない。

20130617里見甲斐1
本局は△5五銀~△8四角が修正案だった。時間の使い方をみると研究手なのだろう。上田女流のツイートによると甲斐さんとの研究会でこの局面(△8四角)が出てきたそうだ。



対して先手は▲8六銀と上がって端棒銀を仕掛けるが、あまり上手くいかなかった。△2七歩から飛車角両取りの大技が決まって後手優勢に。▲2三歩成には△4五桂が気持ちの良い跳躍でこの桂馬がなかなか取られない。

苦しい先手は▲7五歩(69手目)からの玉頭攻めにかけたが、戦力が少しずつ足りない。

20130617里見甲斐2
△7三玉(98手目)が受けの決め手だった。指されてみると、控室が指摘していた△4六角よりもこの手のほうが良い。これで先手は攻めを繋げることが難しくなった。以下、手数は続いたが甲斐女流四段が押し切った。3勝2敗で昨年失った女流王位のタイトルを1年で取り戻すことに成功した。

五番勝負を振り返ってみると、やはり第4局が一番印象に残っている。甲斐さんにとってあの逆転勝ちは大きかったと思う。

勝った3局はいずれも甲斐さんらしい着実な勝ち方だった。今までの女流だと里見さん相手に優勢になっても終盤力の差で勝ち切れないケースも多かった。今回は甲斐さんが終始冷静な指し回しで逆転を許さなかった。それが素晴らしかったと思う。女流トップのレベルの高さを感じたシリーズだった。

里見さんは初タイトル戦から14戦目にして初めての失冠となった。残念ではあるが、長い目で見れば良い経験になると思う。渡辺明竜王も昨年初の失冠を経験してから勝ちまくって三冠を達成した。この悔しさをバネにして更なる飛躍を期待したい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/18 07:30 ] 女流 | TB(0) | CM(0)