スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将棋世界10月号(表紙・中村太地)の感想

中村太地201310

今月号の表紙は王座戦挑戦者の中村太地六段!なんか将棋雑誌じゃないみたい。ネット上では「ファッション雑誌」と言われてましたが、確かにそんな感じがしますねw
ちなみに中村太地さんの表紙は2回目で前回はこちらでした。↓これもすごかったですね。

中村太地201207

巻頭カラーはその中村太地さんへのインタビュー記事と王位戦第4局の観戦記(記・大川慎太郎)、そして「夏のゆかたコレクション」があります。竹俣紅女流2級、加藤桃子女流王座、山崎隆之八段、室谷由紀女流初段ら9人の棋士の写真が載っています。特に、山崎さんと斎藤慎太郎くんの浴衣姿は格好良かった。文字ばかりだとどうしても飽きてしまうのでこういうグラビアがあるのは良いことだと思います。

プロ棋戦の観戦記は王位戦第2局(記・森信雄七段)、第3局(記・小暮克洋)と棋聖戦第4局(記・上地隆蔵)。王位戦第3局の観戦記では、当日の感想戦では触れられなかった勝ち筋が解説されていて勉強になりました。その手を指されていたら「後手は投了するしかない」と行方さんは語っています。詳しくは本誌で。

続いて特集「わが青春の奨励会―夢をつかんだ男たち―
奨励会1994年入会組(渡辺竜王と同期)の橋本崇載八段、佐藤慎一四段と98年入会の広瀬章人七段の3人に奨励会時代の苦労についてインタビューしたものです。この中で一番苦労した慎一さんの話はグッと来るものがありました。

イメージと読みの将棋観・Ⅱ」は(1)「里見新手は成立するか」、(2)史上最も有名な香落ち戦、(3)「終盤の鬼、村山聖、痛恨の敗戦」、(4)「あなたは名人に香を引いて勝てるか」、の4つ。(1)の里見新手は今年の女流王位戦第1局(ゴキゲン中飛車対丸山ワクチン)の▲6七角ですね。

棋士に聞く本音対談」は高橋道雄九段と中座真七段のコンビ。この2人は同門で、17年以上同じ研究会を続けている関係。近年高橋九段は後手番で横歩取りを多用していますが、その「師匠」は中座さんだったんですね。中座さんといえば年齢制限ギリギリで四段昇段したことで有名ですが、三段リーグの話はやはり胸を打たれます。

勝又教授の「突き抜ける!現代将棋」、今回は「だから千日手はおもしろい」。千日手のルールはどのような経緯で変わったか、そして千日手が定跡をどう変えてきたかを詳しく解説しています。千日手王子・永瀬六段へのインタビューもあり。今回も濃密な内容で面白かったです。

付録は門倉啓太四段の「初手の革命"7八飛"戦法」。門倉プロが得意としている初手▲7八飛戦法について次の一手形式で解説しています。初手▲7八飛△8四歩▲7六歩△8五歩に▲7七飛!と上がって無理矢理石田流を狙う手があるんですね。最近の将棋は自由で楽しいです。
ちなみに来月(11月号)の付録は村田顕弘五段の「痛快!▲7七飛戦法(仮)」ということで今月と似た内容をやるみたいですね。こちらも楽しみです。

将棋世界 2013年 10月号 [雑誌]将棋世界 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/03)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/06 07:30 ] 将棋世界 | TB(0) | CM(0)

第62回NHK杯1回戦 深浦vs門倉

棋譜→2012年06月17日第62回NHK杯1回戦第11局

NHK杯の記録係を長く務めた門倉啓太四段が対局者として帰ってきた。対戦相手は順位戦A級、竜王戦1組の強豪深浦康市九段、そして解説が門倉さんの師匠である石田和雄九段ということでとても楽しみにしていた。

解説の石田九段は小学生時代の深浦さんに将棋を教えたことがあるそうだ。「深浦さんにはプロになる前に九州の将棋大会で指導対局したことがある。子供の頃の深浦さんと一番最初に対局したのは僕だと思う。最初に会ったときはこれほど強くなるとは思わなかった。」

深浦九段曰く「門倉四段は斬新なアイデアの持ち主」。角交換系の力戦振り飛車を得意としていて、特に初手▲7八飛戦法が話題を呼んでいる。本局は後手番なので初手▲7八飛は見られなかったが、序盤から面白い作戦を見せてくれた。

深浦の3手目▲2五歩は門倉が得意とする角交換振り飛車を避けて、作戦を限定する意味がある。対して門倉四段は△4四歩と角道を止めて三間に飛車を振った。

先手が居飛車穴熊に組んだのに対して、後手は居玉のまま二枚の銀を繰り出す。藤井システムの三間飛車バージョン。似た形で(先後逆で四間飛車だが)、▲藤井△深浦戦(1998年、竜王戦4組)の前例があるようだ。その前例は藤井勝ち。当事者の深浦にとっては苦い思い出しかない形だ。

深浦門倉NHK001

図(30手目△8二飛)では△7五歩も目に付くが▲同歩△同銀に▲2四歩△同歩▲2五歩の継ぎ歩攻めが生じる。このとき四間飛車なら▲2五歩に△3二金と上がって2筋を受けることができるが、三間なのでそれができない。よって本譜は△8二飛だが、▲7七金△4五歩に▲6六歩で銀を追い返されてしまった。以下▲5八金~▲6七金上で先手が作戦勝ち。

先手の堅くて手厚い陣形を後手はどう崩すか。まず△3六歩(44手目)と居玉で飛車交換を迫り、続いて△8六歩(46手目)と玉頭にも嫌味をつける。しかしいずれも深浦に冷静に応じられて次が続かない。

深浦門倉NHK002
苦しい門倉は△8七飛成(62手目)と切って▲同銀に△8六歩で勝負する。これに▲8六同銀だと逆転するが▲同角で大丈夫。3五の銀を取られても▲3二とが速い。以下△3二同金▲2一飛成△3一歩に▲8八歩と自陣に手を戻したのが冷静な一着。△7九角成に▲3九飛が痛打で先手の勝ちとなった。

内容的には門倉四段の完敗でしたが、序盤から意欲的な指し方で見てて面白かったですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/18 07:30 ] NHK杯 | TB(1) | CM(0)

第48回三段リーグ最終戦

門倉啓太・阿部光瑠 新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
第48回奨励会三段リーグ成績表(日本将棋連盟)

23日に行われた三段リーグ。第18回戦と19回戦が行われ、その結果13勝5敗の門倉啓太三段、阿部光瑠(こうる)三段が四段昇段を決めました。おめでとうございます!

門倉新四段は三段リーグ在籍通算11期の苦労人。NHK杯の記録係としてご存知の方も多いでしょう。Twitterにもいらっしゃるので個人的に応援していました。つぶやきを見る限り明るく面白い人のようですね^^大学にも通われていたようで両立は大変だったと思います。今度は対局者としてNHKに出てほしいです。

阿部光瑠(こうる)新四段は16歳、青森県出身。今年前期に四段昇段を決めた佐々木勇気四段と同学年。誕生日では佐々木四段より2ヶ月遅い阿部光瑠四段は最年少棋士となります。佐々木四段同様スピード出世で将来が期待されます。


前期に昇段を決めた佐々木勇気、船江恒平、そして今回の門倉、阿部、さらにはフリークラスからの「脱出」を決めた吉田正和の5人が6月から始まる順位戦(C級2組)に新たに参加することになります。特に16歳の佐々木、阿部の両先生がどのような活躍を見せるか注目したいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/24 22:13 ] 奨励会 | TB(0) | CM(0)