スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期B級1組順位戦11回戦

年が明けて順位戦も大詰めを迎えています。昨日は順位戦B級1組の11回戦がありました。

結果は以下の通りです。

畠山 鎮七段(4勝6敗)●-○山崎 隆之八段(5勝5敗)
橋本 崇載八段(6勝5敗)○-●豊島 将之七段(8勝3敗)
阿久津 主税七段(8勝2敗)○-●松尾 歩七段(6勝4敗)
飯塚 祐紀七段(4勝6敗)●-○広瀬 章人七段(8勝2敗)
鈴木 大介八段(2勝8敗)●-○丸山 忠久九段(7勝3敗)
藤井 猛九段(4勝6敗)○-●木村 一基八段(3勝7敗)

▲橋本△豊島戦はハッシー得意の3手目▲6六歩に豊島七段が△3二飛から相振り飛車を選択。先手西川流の出だしに後手が△3三桂~△4五桂の速攻を仕掛けましたが、ちょっと無理攻めだったようですね。
20140116橋本豊島
先手に受け切られてしまい後手は駒損で苦しくなりました。そこから豊島さんも粘ったのですが差は縮まらずハッシーの快勝に終わりました。

▲阿久津△松尾戦は変則的な出だしの矢倉戦でしたが、阿久津七段の鋭い攻めが炸裂して快勝。

▲藤井△木村戦はこれまた変則的な出だしで藤井九段が角道を止めたまま三間飛車。終盤は形勢不明の大熱戦となりましたが藤井九段が制しました。藤井九段は残留へ向けて大きな一勝です。


昇級争いは8勝2敗で広瀬七段と阿久津七段がトップを走り、3敗で豊島七段と丸山九段が追う展開。豊島さんは順位が悪いだけに今日の敗戦は痛いです。最終局勝って広瀬阿久津のどちらかが連敗しないと上がれない。2期連続の昇級は厳しくなりました。丸山九段は阿久津広瀬よりも順位が良いので残り連勝ならば昇級できる。次回の広瀬丸山戦は大一番ですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/17 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(2)

B級1組順位戦5回戦 豊島連勝ストップ

昨日はB級1組順位戦の5回戦がありました。結果と戦型を簡単にまとめておきます。

山崎 隆之八段(1勝4敗)●-○飯塚 祐紀七段(2勝3敗)
戦型は山崎八段得意の▲相掛かり棒銀でした。
20130822山崎飯塚1
129手目、山崎八段が▲1四桂と打てば後手玉は受けがなく先手勝ちだったのですが、本譜は▲1四歩だったためまさかの逆転負け。持ち時間を2時間以上残していたのに、なぜ時間を使わなかったのか・・・。敗れた山崎八段は1勝4敗となって、今期のA級昇級は厳しくなりました。

広瀬 章人七段(4勝1敗)○-●藤井 猛九段(2勝3敗)
戦型は藤井先生の後手角交換四間飛車。先手は四枚矢倉、後手は銀冠に組み替えます。先手が5六に自陣角を打って局面が動きましたが、その後の折衝で後手に失着があって先手優勢になりました。最後は大差となって藤井九段投了。

丸山 忠久九段(3勝1敗)○-●木村 一基八段(1勝3敗)
丸山九段が先手で横歩取り青野流。最近流行ってる将棋ですね。△7六飛と横歩を取らずに先に△2六歩と垂らしたのが後手の工夫で、公式戦の前例はないようです。
感想コメントを読むと、その後の指し手(24手目、30手目)が良くなかったと木村八段は悔やんでいました。

松尾 歩七段(4勝1敗)○-●畠山 鎮七段(3勝1敗)
松尾七段先手で相掛かり棒銀。先手は4筋の位を取って矢倉、後手は銀冠に組み替える。先後共に右四間の形から後手が端攻めに出ましたが、少し攻めが細かったようです。
最後は後手が入玉できるかという将棋になりましたが、先手が寄せ切りました。

高橋 道雄九段(0勝5敗)●-○橋本 崇載八段(4勝1敗)
共に前期A級から降級してきた同士の対戦。ハッシーが後手で4手目角交換からダイレクト向かい飛車を採用しました。先手の▲6五角に△7四角と合わせてから7筋に振り直す形になりました。
終盤の入り口までは先手優勢と言われていましたが、高橋九段にミスが出て逆転。橋本八段の勝ちとなりました。
勝ったハッシーは4勝1敗。先日放映された銀河戦でも渡辺竜王に勝ってましたし、今期は好調ですね。一方高橋九段は5連敗。本局もそうでしたが、最近の高橋先生は序中盤で良くなっても終盤競り負ける展開が多いような気がします。

阿久津 主税七段(2勝2敗)○-●豊島 将之七段(4勝1敗)
ここまで4戦全勝の豊島七段と阿久津七段の対戦。阿久津さんが先手で横歩取り模様の出だしでしたが、横歩を取らずに▲9六歩と突く趣向を見せます。対して後手は△8二飛と引いて先後共に引き飛車の相掛かりになりました。
一度戦いが起こってから第二次駒組みに入り長期戦に。そこから先手が先に攻める展開になり阿久津さんが良くなりました。
終盤、豊島七段もしぶとく粘りましたが阿久津七段が押し切って勝ち。

==========
昇級争いは4勝1敗で橋本、松尾、広瀬、豊島の4人、そして3勝1敗で丸山、畠山鎮。1敗が合わせて6人という混戦になりました。前期は行方八段の独走でしたが、今期は星の潰し合いで団子状態になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/23 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第63回NHK杯 中田功vs阿久津主税

中田功七段(コーヤン)は三間飛車のスペシャリスト。私もノーマル三間を指すので、コーヤンの華麗な捌きには憧れます。最近ニコ生で電王戦を見て将棋を始めたという人には「人狼」のイメージがあるのかな?人狼番組でも良い味を出してましたね。

対局前のインタビューでコーヤンは先後どちらでも三間飛車でいくと宣言。一方、阿久津さんは居飛車か相振りか迷ってる様子でした。

戦型は予想に反して後手阿久津の三間飛車に先手中田の居飛車左美濃。途中から見始めた人は後手がコーヤンと勘違いした人も多かったのではないでしょうか。序盤に駆け引きがあって、▲7六歩△3四歩▲6六歩に阿久津七段が△1四歩▲1六歩△3二飛と相振りを志向したんですね。それを見て中田さんは端の交換が損とみたのか▲4八銀と居飛車を選択。▲4八銀と上がる時中田先生の表情が映ったのですが、ちょっと不満そうな表情をしてました(笑)

後手は穴熊に囲って石田流。対して先手は▲6六角~▲7七桂から端を狙う構想をみせる。
▲6七金(41手目)に後手は狙い筋の△3六歩を決行。先手は▲3六同飛と応じて飛車交換になった。

飛車交換は穴熊のほうが得かと思ったがそうでもなく、端攻めで先手が優勢になった。後手が歩切れなので▲9九香が厳しい。阿久津は9まで秒を読まれて△9二香と受けたが、▲9四歩があって部分的には受からない。
20130616中田阿久津1

しかし、ここで後手が鋭い勝負手を繰り出す。
図から△8六香▲8七歩△9八歩▲同香△9六桂▲同香△9九角▲同玉△8七香成

端に桂馬と角を立て続けに捨てることで美濃囲いがあっという間に崩れた。
△8七香成に中田は▲同銀と取ったが、▲5九桂と受けておけば先手が残していたようだ。本譜は直後の△9七桂が痛打。中田さんは△9七桂を見落としていたのかもしれない。

20130616中田阿久津2
これで形勢が入れ替わったと思ったが、先手からも▲9三角成が返し技。この手が「詰めろ逃れの詰めろ」になっていて△6一桂と受けても▲8五桂(この手も一応詰めろ)の足し算がある。しかし、ここで△6四歩(90手目)が6三に逃げ道を作って「詰めろ逃れの詰めろ」。これで後手玉が広くなって寄せにくくなったようだ。
20130616中田阿久津3

この後も詰むや詰まざるやの終盤戦が30手近く続いたが阿久津が制した。

局後の感想戦(5分しかなかった)によると、▲8七同銀では▲5九桂のほうが良かったようだ。最後まで難解な終盤戦だったのでもうちょっと感想戦が見たかった。

序盤の駆け引きから始まって終盤の詰むや詰まざるやまで面白い将棋だった。矢内さんが言ってたように「日曜日のひととき」という感じではなかったが、両者の気迫が画面を通して伝わってくる大熱戦だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/06/16 22:52 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

NHK杯2回戦 阿久津vs森内

棋譜→2012年11月25日第62回NHK杯2回戦第16局

2回戦最後の対局は森内名人と阿久津主税七段の対戦だった。過去の対戦は阿久津4勝、森内2勝と阿久津が勝ち越している。森内名人は羽生さんと違って結構負け越してる相手が多いのでそんなに意外な感じもしない。阿久津七段は早指しで実績があるので(朝日杯と銀河戦で優勝1回、今年の銀河戦では準優勝)、今日も阿久津勝ちでもおかしくないなと思いながら観ていた。

戦型は後手森内名人が4手目に角道を止めてからの「無理矢理矢倉」を採用した。対して先手は▲7七角~▲5九角~▲3七角の三手角。▲4五歩から一歩交換したあたりは先手が指しやすいと思った。▲4六角から▲3七桂と跳ねて次に継ぎ歩攻めが厳しい。そこで後手は△5五歩▲同角で角筋を緩和してから△9五歩と伸ばして端攻めをみせる。
阿久津森内001

阿久津は△9七歩の垂らしを手抜いて▲2四歩と取り込んだ。プロの将棋ではあまり見ない一直線の攻め合い。このあたり解説の佐藤王将は先手の攻めは簡単には決まらないという見方をしていた。

先手は2筋を破ったが後手玉は右辺が広い。と金と竜で追われているが一手早く逃げることができる。

阿久津森内002

△7一銀に▲5三と(81手目)と引いたが、△4二歩の中合いが受けの手筋。▲同竜と取らせることで△8三玉に▲6三とを消している。▲5三とでは▲6一とのほうが良かったようで、△同玉に①▲9二金と②▲4三歩成△5一歩▲4五桂が検討されたがいずれも難解。

本譜▲9二金(85手目)は次に▲8一金と飛車を取った手が詰めろでない。△4九銀以下後手の寄せが決まって森内名人の勝ち。受けの達人森内俊之らしい勝ち方だった。

感想戦の冒頭での阿久津と佐藤王将の会話が面白かった。「これを逆転されるのは私しかいないですね」と阿久津が言ったのに対し、「えっ、そうなんですか」と佐藤。佐藤王将はずっと後手が余せると解説してましたからね。結果的には佐藤王将の直観が正しかった。先手が作戦勝ちだったとは思うが、そんなに簡単に勝てる将棋ではなかったのだろう。

敗れはしたが、阿久津さんのこの指し方は無理矢理矢倉対策として有力だと思った。アマ同士だと先手が勝ちやすい将棋だと思う。

勝った森内名人は3回戦進出。3回戦は藤井先生との対戦ということでとても楽しみ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/26 21:44 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第61回NHK杯3回戦 羽生vs阿久津

名門・八王子将棋クラブ出身の先輩後輩対決。過去の対戦成績は羽生善治二冠の8勝1敗。この2人は数年前に朝日オープンの番勝負でぶつかったことがある。阿久津七段の1勝はそのときのもの。

阿久津七段のゴキゲン中飛車に先手が超速3七銀の対抗形となった。後手が△4四銀型なので相穴熊になるかと思ったが先手は二枚銀を選ぶ。

後手は美濃囲いでなく△7二金・△6二銀の金美濃。△7二金を最初に指したのは確か藤井九段だっただろうか?このほうが5三の地点をカバーして中央に厚い。

桂交換から△6五銀。この銀が玉頭に圧力をかけてうるさい。
そして△7七桂!(46手目)と派手な手が飛び出した。解説の森下九段が「やらないだろう」と言っていた手だ

羽生阿久津NHK001
▲同桂には△5五飛と銀を取れる。これで先手困ったかと思ったが▲2六飛と浮いて(銀取り)、▲4七桂の自陣桂が好手で簡単には決まらない。後手は△7七銀成~△6五桂から突撃していったが攻めを切らされてしまった。

▲7八歩(67手目)で後手の銀が詰んでしまい駒損が酷い。先手勝勢となった。

そこから後手も必死に手を作って粘ったが届かなかった。137手で羽生二冠の勝ち。
羽生さんの横綱相撲と言っていい内容だった。本音を言えばもう少し熱戦を期待したのだが、途中で大差となってしまった。
△7七桂は意表を突いた手だったけれどもちょっと無理だったのかもしれない。

才能は続けられること (100年インタビュー)才能は続けられること (100年インタビュー)
(2012/01/25)
羽生 善治

商品詳細を見る

↑また羽生さんの本が出るみたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/01/23 07:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(2)