スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回電王戦第5局 屋敷九段敗れる

屋敷九段が先手で初手▲2六歩△8四歩の出だしから相掛かりかと思いきや、横歩取りになりました。ちょっと変わった出だしでしたが戦型を横歩取りに限定させるための手順だったようです。対するponanzaは中住まいでなく△6二玉!
形は違いますが第3局豊島-YSS戦でもこの△6二玉が出てきました。

これを見て屋敷九段は▲3六歩~▲3七桂の青野流。このあたりは屋敷九段の事前研究どおり進んでいるような印象を受けたのですが、そう簡単にはいきませんでした。

20140412屋敷ponanza3
飛車交換になったところでは形勢互角になっています。
20140412屋敷ponanza1
その後、ponanzaが△1六香から先手の角を詰ましにいったのですが、この一連の手順は評判が良くなかった。というのも成香と金が僻地で遊んでしまう可能性があるからです。この手順をみて解説の渡辺二冠は「観戦記者の方に△1六香を聞かれたら、そんなところに香車を使うのは良くありませんと答えてしまう手ですよ。これが良い手だとしたら相当強い」というコメントを残しています。私もこの手順には違和感を持ったのですが、GPS将棋の評価値は後手持ち。結果的にはCOMの形勢判断どおりに進みました。

20140412屋敷ponanza2
あの成香が6九まで大移動して寄せに働く展開に。

終盤は先手玉の入玉の可能性もあったのですが、▲8一成香が最後の敗着。△8三歩(104手目)と突かれて万事休しました。
20140412屋敷ponanza4
どうやら屋敷九段はこの△8三歩を軽視していたようです。以下は後手勝勢となって130手でponanzaの勝ちとなりました。

これで今期電王戦はプロ側の1勝4敗、2年続けての負け越しとなりました。今回はルール改正があって前評判ではプロ棋士有利の声が多かったと思いますが、結果は昨年と同じく1勝しかできませんでした。内容的には熱戦の面白い将棋が多かったと思いますが、熱戦、ねじり合いになるとコンピュータが勝つんですよね。勝つとしたら阿部光瑠-習甦戦や豊島YSS戦のように短手数で決めるしかないのかもしれません。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/13 06:33 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

ponanza in 将棋倶楽部24最終回(通算92勝5敗で終了)

昨日は「ponanza in 将棋倶楽部24」の最終回ということで渡辺竜王邸からの中継でした。


※プレミアム会員の方は「将棋中継コミュニティ」の生放送履歴一覧からタイムシフト視聴可能です。

放送開始は20時でしたが、ゲストの渡辺竜王とBonanza保木さんは22時ごろからの登場でした。竜王邸なのに竜王がいないというのも変な感じですが、色々用事があったんでしょう。出てくれるだけでも有難いです。

将棋の内容は5局戦ってponanzaの4勝1敗でした。5月6日からの通算だと92勝5敗ですね。

5局目はソフトの欠点が出た将棋で、ponanzaが▲3三角成から無理攻めをやってしまって人間が優勢になりました。
20130517pona1.png

ponanzaは最初自分のほうが良いと判断していたようですが、徐々に評価値がマイナスになって最後は大駒全部取られて全駒状態に。後手の入玉が確定したところでponanzaの投了となりました。

渡辺竜王は終始先手不利と解説していたのですが、その通りに評価値が覆っていくのが面白かったです。竜王の大局観と読みが上回っていて流石だなと思いました。ケーキもぐもぐ食べながら眠そうな感じでしたが(笑)、読みは鋭かったですね。最後は「人間は強かった」で終わって良かったんじゃないでしょうか。

この将棋も含めて5敗中3敗が入玉絡み。ソフトは入玉に弱いということが再確認されました。あとは定跡で不利とされる変化(例:2八歩打たずに4五角で負けた将棋)に飛び込んでしまうことがあるのが課題でしょうか。

番組内では竜王と保木さんへの質問コーナーもありました。
渡辺竜王は自宅では盤駒を使わずにパソコンで研究するそうです。その理由は棋譜を動かす時に将棋盤でやると30手前とかだと戻らない時があって、歩の枚数を間違えたりするからだと。「プロでも戻らないことがあるのか」と視聴者からコメントで突っ込まれてましたね(笑)
但し、データベースとして使うだけで将棋ソフトを使っての研究はやらないそうです。形勢判断が人間と違うので使いにくいとのことでした。

最後の「楽しめましたか?」のアンケートは97%が「はい」と回答。ニコ生の人気生放送ランキング(一般)でも1位を獲得したそうです。一般枠でやるのがもったいないくらいの良い番組でした。
mtmtさん、一成さん、竜王、そして保木さんお疲れ様でした。

またこういう企画をやってほしいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/18 08:07 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(0)

ponanza、3400点超え

9日にbonkrasの最高Rを更新したponanzaですが、その後も快進撃が続いています。
昨日は19局指して、19戦全勝!ついにレートが3400点を超え、最後は3430点まで到達しました。

6日間の通算成績は70勝3敗。
3敗の内容を振り返ってみると、1敗目は入玉、2敗目は横歩で△2八歩▲同銀を入れずに△4五角打って定跡どおり負け。そして3敗目は時間切れ。3局目は最後ponanzaの評価値がマイナス860点ぐらいまで下がって人間が優勢だったんですがフリーズしてしまいました。これは熱戦だったので最後まで観たい将棋でした。

全体的にponanza圧勝の将棋が多いですね。2年前に将棋倶楽部24に参戦したときは人間側が惜しい将棋がもっとあったと思うんですが、今回は序中盤で差がついてしまう将棋が多いです。当たり前ですが2年前よりも強くなってますね。



昨日のニコ生ゲストは細川大市郎さんと女流の島井さん、そして東大将棋部の方々でした。
途中細川さんがponanzaと指すという企画があって面白かったです。19時14分からponanzaと対戦されてる方が細川さんですね。戦型は細川さん得意の角換わり右玉から相右玉になりましたが、ponanzaに上手く打開されて完敗でした。

今日(12日)は深夜A時(佐藤紳哉&飯島栄治)のコンビがゲストで来るそうです。回を重ねるごとにゲストが豪華になっていきますね。
そして17日(金)には渡辺明竜王がゲスト出演!これは楽しみです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/12 08:15 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(1)

ponanzaが将棋倶楽部24に参戦(2日目は12戦無敗)

月曜日(5月6日)から将棋倶楽部24にponanzaが降臨しています。

1日目は19局指して17勝2敗でした。対戦相手はいずれもR2900点以上の猛者ばかり。それを相手にこの成績は凄いですね。

昨日(2日目)も午後8時ごろから対局が始まりました。平日にもかかわらず観戦者が定員(1000人)をオーバーする大盛況でした。平日に赤ランプ(入場者4000人超え)がつくのは最近では珍しいですよね?最近は将棋ウォーズに客を食われていると思うので。昨日はponanzaを観戦するために24に登録したって人もいたみたいですね。

そして昨日は中継記者のmtmtさんと銀杏さんが山本一成さん宅からニコ生とust中継で盛り上げてくれました。開発者の山本さんも含めて3人とも棋力が高いので聴いてて面白かったです。


上のリンク先はmtmtさんのニコニココミュニティですか、そこの生放送履歴一覧からタイムシフト視聴可能です(プレミアム会員のみ)

昨日は12局指して、結果は12戦全勝でした。挑戦者は全員R2900以上でしたが、ほぼ圧勝という内容。40手台で投了に追い込まれた将棋もありました・・・40手台が2局、50手台が2局。それにしても凄いですね。

昨日は人間が序中盤で不利になって短手数で投了に追い込まれる将棋が多かったです。乱戦が多かったので仕方ない部分はあります。こういう戦型はソフトの得意パターンなのかなと思います。
放送内で銀杏さんが言ってましたが将棋ソフトは「序盤が機敏」なんですよね。良くも悪くも動きが素早い。機敏な動きが功を奏す展開が多かったような印象です。

個人的に面白かったのは2局目のcharmerさんとのゴキ中対超速と、9局目の相矢倉の将棋。9局目は中盤のねじり合いが見応えのある将棋でした。

12戦全勝でレートは3320点。24の最高記録はbonkras(ボンクラーズ)の3364点ですが、それを更新することができるかどうか。bonkrasのときは自動運転でしたが、今回は開発者の山本さんの手動なんですよね。なので対局数が限られるので更新するのは結構大変そうですが、このまま連勝が続けば最高レート更新もありますね。

ponanzaは今週1週間で100局程度指すそうです。今晩もおそらく登場すると思うので楽しみですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/08 07:30 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(0)

第23回世界コンピュータ将棋選手権 Bonanzaが劇的な逆転優勝

第23回世界コンピュータ将棋選手権 ライブ中継

世界コンピュータ将棋選手権決勝は劇的な幕切れとなりました。

決勝 7回戦 ▲Bonanza(4勝2敗) - △GPS将棋(5勝1敗)
棋譜→http://live.computer-shogi.org/wcsc23/kifu/WCSC23_F7_BON_GPS.html
6回戦終了時点で1敗で単独トップのGPS将棋と2敗のBonanzaの対戦。GPSは勝てば文句なしの優勝だが、負けると優勝の目はない。一方Bonanzaは勝てば条件次第で優勝の可能性がある。

戦型は相矢倉の▲4六銀・3七桂だった。先手が中央から戦いを起こすところまでは良かったが、馬を作られて少し苦しくなる。そこでBonanzaは穴熊に組み替えるが、玉頭から攻められて劣勢に。

そこから先手は粘ったが徐々に差を広げられ、後手GPS勝勢で最終盤を迎える。

図は△7七香に▲3四角(181手目)と出たところ。ここで△7八銀と打てば先手玉は必至(後手玉は詰まない)なので後手勝ち。
20130506bonaGPS1.png

人間なら長い詰みより短い必至を選ぶところだが、GPSは△9八歩▲同玉△8七角不成!▲同玉△7五桂から詰ましにいく。実際、194手目△7八銀に代えて△7六銀なら詰んでいた。しかし本譜は△7八銀▲同角で詰まない。
20130506bonaGPS3.png

△7五金(196手目)は予定変更。だが、ボナンザも▲2二銀から駒を渡したため再び先手玉に詰みが生じる。ところが、GPSは詰ましきれずまさかの時間切れ負け。

GPSは800台で大規模クラスタを組んだことが裏目に出る結果となってしまった。こういうリスクを承知の上で大規模クラスタを組んでいるので仕方ないか。

この結果、5勝2敗でBonanza、ponanza、GPS将棋の3チームが並んだが、SB(勝った相手の勝数の合計)の差でBonanza優勝となった。もし最終戦でYSSが習甦に敗れていれば、ponanzaの初優勝だった。。

最終結果は以下の通り
【5勝2敗】Bonanza(優勝)、ponanza、GPS将棋
【4勝3敗】激指
【3勝4敗】NineDayFever、ツツカナ
【2勝5敗】習甦
【1勝6敗】YSS

Bonanzaは7年ぶり2度目の優勝。コンピュータ将棋にブレイクスルーをもたらしたBonanzaだったが、近年はボナンザチルドレンの活躍が目立ち前回は二次予選敗退。今回は久々に本家の面目を保つ結果となった。

前回優勝のGPS将棋は前評判通りの強さだったが、最後の最後で残念な結果に。やはり「あの(三浦に勝った)GPSが3位」という反応が多かったが、優勝した前回も通算で3敗しているのでこういう結果もあるとは思っていた。

二次予選までは強いソフトと弱いソフトがはっきり分かれていたが、決勝進出の8チームはどれも強く素人目には差が分からなかった。優勝したBonanzaは2勝5敗の習甦に敗れているし、新参のNineDayFeverは激指、ponanzaを破る大活躍だった。全体のレベルが上がっているので、来年以降も大混戦となるでしょうね。

コンピューター将棋 世界一を競う NHKニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/06 07:00 ] コンピュータ将棋 | TB(0) | CM(0)