スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39期棋王戦第3局 渡辺棋王防衛

最近多忙で将棋の感想をちゃんと書けていません。土曜日は電王戦第1局でしたが、リアルタイムでは観戦できずモバイルでさらっと並べただけ。第2局のレギュレーションをめぐってゴタゴタが起きているようですが、それも詳しく把握していない状況です。
今日はとりあえず、昨日決着した棋王戦のことを書こうと思います。

棋譜→第39期棋王戦五番勝負 第3局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段
渡辺棋王の2連勝で迎えた第3局、戦型は渡辺先手で横歩取りになりました。後手の△5二玉・8四飛に先手は▲6八玉型を選択しました。▲3五歩突いて△8五飛と引くところまでは定跡。そこで▲3七銀が渡辺棋王の用意してきた新手でした。▲5八玉型なら前例がある形ですが、▲6八玉型ならどうかという将棋。
20140316渡辺三浦1

中盤は後手が攻め続ける展開になりましたが、先手に余されてしまいました。急所の▲1六角(61手目)~▲4四桂が突き刺さって先手が優勢になりました。ただ、感想コメントによると△5一銀(68手目)で△5一飛と受けていれば難しかったようです。
20140316渡辺三浦2
本譜は5七の馬の利きをずらす▲7九金(73手目)が決め手で、△同馬に▲8三歩以下後手玉は即詰み。
85手で渡辺棋王の勝ちとなりました。

これで渡辺棋王は3連勝で棋王初防衛を果たしました。昨年、自身初の三冠を達成した渡辺棋王でしたが、今年度(2013年度)は棋聖挑戦失敗、竜王失冠、勝率は5割そこそこと不本意な一年でした。まだ王将戦は残っていますが、とりあえず1つ防衛して最低限のノルマは達成したという感じでしょうか。残り1つ王将も防衛して来期につなげたいところです。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/17 07:30 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第39期棋王戦第2局 ゴキ中超急戦

棋王戦中継plus: *第39期棋王戦五番勝負第2局
棋譜→2014年2月22日 第39期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段

渡辺明棋王の先勝で迎えた第2局。戦型はまたしても渡辺棋王のゴキゲン中飛車でした!
直近2局、ゴキ中で佐藤、羽生に連敗しているにもかかわらず再度チャレンジする。渡辺さんの本気を感じますね。

対して居飛車の作戦は▲5八金右超急戦でした。これも三浦九段らしい選択だなと思います。かつて行方八段が三浦九段を「狭い局面、局地戦で異常に力を発揮する」と評していましたが、この超急戦は狭い局面になりやすく三浦さんの得意とするところでしょう。

20140222渡辺三浦1
▲1一龍(21手目)までは定跡手順。そこで△7二玉が少し珍しい手のようです。三浦九段は▲6三桂成と飛び込んで以下△同玉▲1八角△5四歩▲6六香△7二玉▲2二歩・・・と進みました。先手は2枚のと金で攻める方針ですが、このと金が間に合うのかどうか。

20140222渡辺三浦2
△8二玉(38手目)が価値の大きい一手でした。6三に香車は成れますが、そこで△6一香が幸便。▲5二成香と金は取れますが香車が先手陣の6七の地点に直射してきます。形勢は後手が優勢になりました

そこで三浦九段は▲4九玉と早逃げして粘りますが、△2八歩~△3五桂で逃げ道を封鎖。
さらに△2七歩で1八の角と2九の龍を抑え込まれて辛い格好になりました。

78手で渡辺棋王の勝ち。終わってみれば圧勝でした。三浦九段としてはと金攻めが上手くいかなかったのが誤算だったかもしれません。

これで渡辺棋王が2連勝。防衛に大きく近づきました。第3局は3月16日に行われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 00:12 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第39期棋王戦五番勝負第1局 

棋王戦中継plus: *第39期棋王戦五番勝負第1局

渡辺明棋王に三浦弘行九段が挑戦する棋王戦五番勝負が昨日から開幕。第1局は期待通りの大熱戦となりました。
棋譜→2014年2月2日 第39期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段

戦型は渡辺棋王が先手で横歩取り。後手の△5二玉+△8四飛型に対し、先手は中住まいで▲3七銀~▲4六銀と右銀を繰り出す作戦に出た。対して後手はじっと両方の端を伸ばして待機する。

角を交換してから▲6六角(43手目)~▲2二歩で先手が主導権を握った。以下先手が好調に進めたが、△5四桂に対して▲2四歩が疑問だったか。
20140202渡辺三浦1
ここは単に▲5六桂と打って▲2四歩は後から入れるほうが良かったようだ。本譜の進行は取られるはずの6四角が馬になり、1四の飛車も2筋に転換させて後手が得をしたと思う。

20140202渡辺三浦3
▲6六銀~▲5五桂(79手目)のあたりは再び先手が良くなったように見えたが、△3三金と受けられてみると後手玉へのすぐの寄せがない(なので先に▲4三銀を決めたほうが良かった?)
そこで渡辺棋王は▲9三龍(85手目)~▲8四桂!(91手目)
20140202渡辺三浦2
この桂打ちもすごい手ですね。しかし△5五香~△5七香成~△6九馬で先手玉も危ない形に。この辺は後手に勝ちがありそうにも見えたが・・・

非常に危なく見えた渡辺玉だったが、ギリギリの所で凌ぎ切って先手が勝ちになった。最後は5五の玉が詰みにも働くすごい将棋だった。

最後はどちらが勝ってるか分からない難解な終盤戦でしたが、1つだけ言えるのは渡辺さんの終盤力が強すぎるということですね。他の棋士だったら三浦さんに押し切られていたかもしれない。あそこで踏ん張れるのが渡辺二冠の強さだと感じました。

第2局以降も熱戦を期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/03 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第39期棋王戦挑戦者決定戦第2局

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、昨日は棋王戦挑決二番勝負の第2局がありました。勝ったほうが挑戦者となる大一番です。
棋譜→第39期棋王戦挑戦者決定二番勝負 第2局 三浦弘行九段 対 永瀬拓矢六段
永瀬六段が先手で戦型は横歩取りになりました。

中盤、▲6六角(47手目)と両取りをかけて馬を作ったところ、控室では「先手持ち」の評判でした。ここで三浦九段は△9二角(50手目)の勝負手を放ちます。
20140107永瀬三浦
この角が働くかどうかが勝負のポイントに。ここで永瀬六段は▲5六香と受けましたが、▲5六歩も有力だったかもしれない。本譜はこの後、9二の角が働く展開になって後手が盛り返しました。

しかし、永瀬六段の粘りに三浦九段が攻めあぐねて形勢は再び先手に。
121手目の局面は先手が勝ちになったと思われたのですが・・・

20140107永瀬三浦2
▲4四香△同飛に▲同馬(123手目)と取った手が敗着。永瀬六段は後手玉が詰むと思っていたのでしょうか?後手玉に詰みはなく、急転直下三浦九段の勝ちとなりました。戻って▲4四同馬では▲4五香のほうが良かったようです。

羽生三冠に2連勝する活躍をみせた永瀬六段ですが、惜しくも挑戦ならず。この悔しさをバネに次こそはタイトルに挑戦してほしいと思います。

三浦九段は2010年の名人戦以来約4年ぶりのタイトル挑戦となります。渡辺vs三浦の対戦成績は渡辺二冠が10勝3敗と大きくリードしていますが、今期の渡辺さんは成績が伸びてないので三浦九段にもチャンスは十分あると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/08 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

第39期棋王戦挑決二番勝負第1局

昨日は棋王戦挑戦者決定戦の第1局、三浦弘行九段対永瀬拓矢六段戦がありました。
三浦九段は勝者組。対する永瀬六段は準決勝で羽生三冠を倒し本戦決勝では三浦九段に敗れたものの、敗者復活戦で羽生三冠を再び破って挑決に進出してきました。

棋譜→第39期棋王戦挑戦者決定二番勝負 第1局 三浦弘行九段 対 永瀬拓矢六段
戦型は永瀬六段が先手で矢倉模様の出だしに。対して後手の三浦九段は△5三銀右急戦から雁木。矢倉というよりも相掛かりに近い力戦調の将棋になりました。

先手の▲3五歩の仕掛けに対し後手は△4五歩と突いて厚みを築きます。このあたりは後手の三浦九段の模様が良いという評判。△7三桂から攻勢を取れて後手不満なく見えたのですが・・・

20131224永瀬三浦
▲7六金(71手目)と力強く上がった手が押さえ込みの好手だったようです。後手は△5六歩▲7四歩△6五桂▲7三歩成△8六飛以下飛車を切って攻め込みましたが、永瀬六段の強い受けの前に攻めが途切れてしまいました。

115手で永瀬六段の勝ち。永瀬さんの持ち味である受けの強さが存分に発揮された将棋だったと思います。
これで挑戦者の行方は第2局に持ち越されることになりました。第2局は年明け1月7日に行われます。永瀬さんのタイトル初挑戦なるか注目です。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/25 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)