スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63期王将戦第7局 渡辺王将防衛

3勝3敗で迎えた渡辺羽生の王将戦第7局。改めて振り駒を行った結果、先手となったのは羽生三冠でした。

後手の渡辺王将は第4局に続いてゴキゲン中飛車を採用。渡辺王将は最近ゴキ中を連採していますが、最終局の大一番でも振るというのはちょっと予想外でした。
先手の超速に後手は△4四銀型で対抗し相穴熊になりました。▲8六角はこの戦型ではよく出てくる手。対して後手は8筋の歩を伸ばしていきましたが、ちょっと伸びすぎな感じもしました。

20140327羽生渡辺1
封じ手の局面(46手目△4五銀)は先手不満なし。しかし、そこから十数手進んだ△7三角(60手目)の局面は後手ペースになっています。
20140327羽生渡辺2
先手は5筋の歩を突いて銀を成り込んだものの戦果が上がらず。一方、後手は角を好位置に転換することに成功しました。どうして先手がまずくなったのか、感想コメントを見ると△7五歩(50手目)に▲同歩でなく▲5五歩だったのが良くなかったようです。
△7三角に羽生三冠は▲5三成銀と寄りましたが、△5二金とぶつけられて成銀と金の交換は後手が得しました。

20140327羽生渡辺3
▲8四銀に△5五角(70手目)と天王山に角が出て後手がはっきり優勢になりました。
以下羽生三冠も粘りましたが形勢挽回できず、110手で渡辺王将の勝ち。4勝3敗で防衛を果たし、二冠を堅持しました。

今期の渡辺さんは竜王失冠、勝率も5割台と苦しんだ1年でした。それでも最後に二冠をしっかりキープするのは流石ですね。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/28 07:15 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第63期王将戦七番勝負第5局

2勝2敗で迎えた第5局。渡辺王将が先手で戦型は角換わりでした。

先手が▲6六歩を保留し、後手は△7四歩を突かない専守防衛型。41手目▲6六歩を見て羽生三冠は△1二香と上がりました。前期竜王戦決勝トーナメント▲羽生△森内戦と同じ進行で、その将棋は後手の森内名人が羽生三冠の猛攻を受け切って勝っています。今度は羽生さんが後手を持つ形になりました。
△1二香▲1八香△1一玉に▲4五歩と仕掛けて戦いが始まりました。58手目△2二玉までは前例通り。そこで▲羽生△森内戦では▲1四歩でしたが、本局渡辺王将は▲3五歩。
20140228渡辺羽生1
▲3五歩に羽生三冠は△4五銀直と取って一気に激しくなりました。
封じ手△7八銀成▲同金に控室では△6九角と打ってから8六に桂香を打ち込む手が検討されていましたが、羽生三冠の選択は△8六歩。▲同歩△8七歩▲同金と形を乱してから金桂香を投資して先手の飛車を捕獲しにいきます。

20140228渡辺羽生2
しかし、△4六金に▲4二角成△同金▲1一銀!がありました。△同玉▲3一銀の受け方が難しい。羽生三冠は△3二金と受けましたが、一度捕まった飛車が5三に成って先手が優勢になりました。

対して羽生三冠は△6七銀~△7八銀打と迫りますが、▲6九金(95手目)のタダ捨てが受けの決め手。
20140228渡辺羽生3
107手で渡辺王将の勝ちとなりました。

飛車が捕まったときには先手がピンチかと思いましたが、▲4二角成~▲1一銀が鋭い切り返しでした。渡辺王将の会心譜だったと思います。

これで渡辺王将が3勝2敗で防衛まであと1勝に迫りました。次局は渡辺王将が後手。第4局に続いてゴキ中連投があるのか、渡辺王将の後手番作戦に注目ですね。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/01 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(1)

渡辺二冠のゴキゲン中飛車(王将戦第4局)

王将戦中継ブログ
渡辺明王将の2勝1敗で迎えた第4局。渡辺王将が後手で、戦型はまさかのゴキゲン中飛車になりました。

渡辺さんは2月14日の王位リーグ対佐藤九段戦でもゴキ中を採用していますが、まさか続けてやってくるとは思わなかったですね。30代を迎えて新境地を開拓しようとしているのか、それとも後手番で指す戦法に苦労しているというネガティブな理由なのか。心境を聞いてみたいですね。
20140219羽生渡辺3
先手超速対後手銀対抗(△4四銀型)に進みました。後手は金美濃から木村美濃に組み替え。
40手目△2三歩に▲2五飛と引いた手が羽生三冠の工夫でしょうか。ただ、水面下では研究されていた手だったようです。封じ手のあたりは先手のほうが指しやすそうに見えました。

20140219羽生渡辺1
しかし、ここから渡辺王将が形勢を立て直します。まず封じ手の△7四歩▲5六歩の交換を入れてから△6五銀~△7六銀。そして▲7七歩を打たせてから△8五銀と引きました。この銀引きの評判が良く、逆に先手は7九に引いた角が使いづらそう。振り飛車がやれそうな雰囲気が出てきました。

20140219羽生渡辺2
しかし、▲3五歩に△同歩と取ったのがどうだったか。本譜は▲3四銀(67手目)以下飛車成りが実現して先手が一気に優勢になりました。

終盤、後手は△4七と~△5七歩と垂らして先手玉に迫りましたが、7九の角がいるため△5八歩成が詰めろにならない。一見働いてないように見えた7九角でしたが、ちゃんと守り駒になっていました。

111手で羽生王将の勝ち。渡辺王将が珍しく飛車を振りましたがイマイチ歯車が噛み合わず完敗に終わってしまいました。やはり振り飛車に慣れてないのかなという感じはしました。

これで2勝2敗の五分、振り出しに戻りました。第5局は渡辺王将の先手番なので嫌な流れを断ち切りたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/20 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第63期王将戦七番勝負第2局

王将戦中継ブログ

渡辺王将が先勝して迎えた第2局。羽生三冠が先手で初手▲2六歩から相掛かりになりました。私の予想は矢倉か角換わりだったので相掛かりは意外でしたね。

先手の引き飛車棒銀に対して後手が飛車を四段目に引くか、五段目かがまず一つ目の分岐点。渡辺王将は△8五飛を選びました。△8四飛型よりも積極的な指し方です。▲3六銀には△8三銀~△7四銀とこちらも棒銀で対抗しました。ただし、一直線に攻め合うのではなく、棒銀でけん制しながら先手の駒組みを制限するような指し方。先手は一歩得したものの角が使いにくい展開になりました。

45手目▲7七桂はその角の活用が難しくなるので良くなかったようです。代えて▲5六歩のほうが良かったと局後の感想にあります。本譜は徐々に後手が指しやすい形勢になりました。

△9五歩(60手目)の仕掛けから後手の攻めが炸裂して渡辺王将が優勢に。終盤は羽生三冠が追い上げたように見えましたが、差は縮まらず渡辺王将の快勝に終わりました。

今日の将棋は羽生三冠からするとかなり不本意な内容でしょう。ただ、このまま終わるとは思えないので第3局以降の巻き返しに期待したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/25 08:31 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第63期王将戦七番勝負第1局

渡辺明王将に羽生善治三冠が挑戦する王将戦七番勝負が開幕しました。この2人が番勝負で顔を合わせるのは昨夏の棋聖戦以来です。棋聖戦は渡辺さんが奪取すれば四冠という戦いでしたが、1勝3敗で敗退。その後竜王も失って二冠に後退してしまいました。この王将戦にも敗れると一冠、棋王戦の結果次第では無冠の可能性もある。渡辺二冠にとって今回の王将戦は正念場といえます。

第1局は渡辺王将が先手で相矢倉になりました。▲4六銀・3七桂で▲6五歩(宮田新手)を突かずに▲2五桂と跳ねる将棋に進みました。昨年末の渡辺vs森内の竜王戦第4局、第5局でも指された定跡形です。68手目は△4四歩か△4四馬の2通りあって、竜王戦第4局で森内名人は△4四馬と指しましたが、本譜羽生三冠は△4四歩を選択。羽生三冠は昨年12月の棋王戦敗者復活戦(▲永瀬△羽生戦)でもこの△4四歩の将棋を指しています。

20140113渡辺羽生1
▲6六桂(87手目)は永瀬羽生戦で永瀬六段が指した新手。永瀬羽生戦は▲6六桂以下△4三金▲7四桂△6九銀・・・と進みましたが永瀬六段が勝ちました。そこで本譜は単に△6九銀。この手は永瀬羽生戦の感想戦で有力とされていた手です。

20140113渡辺羽生2
後手の二枚飛車の利きが強く、先手が攻めを繋げるのは難しそうに見えましたが▲7二銀(103手目)と捨てる手がありました。△同飛▲8三角△7一銀▲7二角成△同銀に▲2三銀と再びタダ捨て。渡辺王将得意の細い攻めが繋がりそうな雰囲気に。

対して後手は△4五歩(114手目)から反撃に転じ先手玉を寄せにいきましたが、羽生三冠に見落としがあって先手勝ちになりました。△8五桂(122手目)では△5五角と引けばまだ難しかったようです。
20140113渡辺羽生3

この形、またどこかで指されると思いますがどういう結論になるのか。竜王戦のときみたいに先後変えて同じ形がまた出てくる可能性もあるでしょうね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/01/14 19:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)