スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回電王戦第5局 屋敷九段敗れる

屋敷九段が先手で初手▲2六歩△8四歩の出だしから相掛かりかと思いきや、横歩取りになりました。ちょっと変わった出だしでしたが戦型を横歩取りに限定させるための手順だったようです。対するponanzaは中住まいでなく△6二玉!
形は違いますが第3局豊島-YSS戦でもこの△6二玉が出てきました。

これを見て屋敷九段は▲3六歩~▲3七桂の青野流。このあたりは屋敷九段の事前研究どおり進んでいるような印象を受けたのですが、そう簡単にはいきませんでした。

20140412屋敷ponanza3
飛車交換になったところでは形勢互角になっています。
20140412屋敷ponanza1
その後、ponanzaが△1六香から先手の角を詰ましにいったのですが、この一連の手順は評判が良くなかった。というのも成香と金が僻地で遊んでしまう可能性があるからです。この手順をみて解説の渡辺二冠は「観戦記者の方に△1六香を聞かれたら、そんなところに香車を使うのは良くありませんと答えてしまう手ですよ。これが良い手だとしたら相当強い」というコメントを残しています。私もこの手順には違和感を持ったのですが、GPS将棋の評価値は後手持ち。結果的にはCOMの形勢判断どおりに進みました。

20140412屋敷ponanza2
あの成香が6九まで大移動して寄せに働く展開に。

終盤は先手玉の入玉の可能性もあったのですが、▲8一成香が最後の敗着。△8三歩(104手目)と突かれて万事休しました。
20140412屋敷ponanza4
どうやら屋敷九段はこの△8三歩を軽視していたようです。以下は後手勝勢となって130手でponanzaの勝ちとなりました。

これで今期電王戦はプロ側の1勝4敗、2年続けての負け越しとなりました。今回はルール改正があって前評判ではプロ棋士有利の声が多かったと思いますが、結果は昨年と同じく1勝しかできませんでした。内容的には熱戦の面白い将棋が多かったと思いますが、熱戦、ねじり合いになるとコンピュータが勝つんですよね。勝つとしたら阿部光瑠-習甦戦や豊島YSS戦のように短手数で決めるしかないのかもしれません。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/13 06:33 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

第3回電王戦第2局 やねうら王vs佐藤紳哉六段

やねうら王が先手で初手▲1六歩!△3四歩▲7六歩△8四歩▲1五歩と早々に端を突き越す出だしでした。角交換系の将棋になる可能性もありましたが、先手は角道を止めて普通の四間飛車に。対して後手は居飛車穴熊に組んで、ノーマル四間飛車美濃対居飛車穴熊のよくありそうな将棋に進みました。

20140322やね佐藤1
▲4七金に△8六歩(38手目)▲同角△7五歩と仕掛けて戦いが始まりました。対して先手は2五に桂を跳ねて端に成り捨て。このあたりは先手がちょっと無理気味な感じもしましたが。

桂損してから先手は6筋で動いてきました。まず▲6四歩の突き捨て。これに△同歩と取ったのはどうだったか。継ぎ歩からの垂れ歩が受けにくい。
20140322やね佐藤2
紳哉六段は△8三飛と浮いて受けましたが▲7三歩成△同飛▲6五飛△7八飛成▲6三歩成・・・。このと金が大きく、先手が良くなったと思います。ニコ生に表示されているツツカナの評価値も先手に傾きました。

後手は△1六桂から勝負しにいきます。以下▲3七玉に△6四歩▲同角△6三香がありました。
20140322やね佐藤3
やねうら王は当初△6三香に角が成れる(▲3一角成)と読んでいたようですが、読み進めていくうちに評価値が下がっていったため▲2五飛と角を取らせる順に予定変更しました。しかし、これなら△6四歩に単に▲2五飛と逃げたほうが良かったはずです。一連の応酬で形勢は縮まり、居飛車もやれそうに見えました。

しかし、冷静に見ると先手が残していたようです。持ち時間を十分に残していたやねうら王が優位を拡大しそのまま勝ち切りました。

これで人間側が2連敗。第1局、第2局とも人間が普通に戦って普通に力負けしているという印象です。何かもっと工夫しないと勝てないくらいコンピュータは強くなっています。

第3局は豊島七段とYSSの対戦です。豊島七段が負けると負け越しが決まってしまうのでなんとか頑張ってほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/23 08:00 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

第3回電王戦の出場棋士5人が決定!

「第3回 将棋電王戦」5人の出場棋士揃う、屋敷九段「非常に心強い面々です」 | マイナビニュース
将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画

第3回電王戦の出場棋士が発表されました。
出場者は
屋敷伸之九段、菅井竜也五段、森下卓九段、佐藤紳哉六段、豊島将之七段
の5人に決まりました。

良いメンツを揃えたなと思います。

菅井五段は振り飛車党枠。大和証券杯優勝の実績があり、若手振り飛車党では最も強い棋士だと思います。前回は振り飛車党がゼロだったので菅井くんには期待しています。
森下九段はベテラン枠(塚田枠)。故・米長永世棋聖と縁が深かった棋士なので出そうな予感はしてました。出場を決めた理由について「最近は解説する側が多かったので解説される側に回りたかった」と答えてましたね。塚田さんのような根性を見せて男を上げてほしい。森下さんは入玉が得意なので塚田さんの時みたいに入玉将棋になるかもしれません。
佐藤紳哉さんはサトシン枠?(笑)最近はバラエティ方面で注目されてますが、勝率第1位賞を取ったこともある実力者。あまりネタに走らず将棋の内容でいいところを見せてほしいと思います。
豊島七段は若手エース。順位戦はB1ですが実力はAクラスと言って良いと思います。豊島さんが出てくれるとは思っていませんでした。

A級棋士は前回と同じく一人しかいませんが、豊島さんは実質A級みたいなもんですし、菅井五段は某所のレーティングでは20位以内に入ってる強豪。前回よりも少しレベルが上がっている印象があります。順位戦の各クラスから1人ずつ、関東3人に関西2人とバランスの取れた人選だと思います。

対戦相手の5つのソフトは11月2日~4日に行われる「将棋電王トーナメント」で決まります。電王トーナメントに出場するのはBonanza、ponanza、ツツカナ、習甦ら23チーム。前回出場のGPS将棋、Puella αとコンピュータ将棋選手権で上位に進出した激指、Ninedayfeverの名前はありません。強豪ソフトが出ていないのは残念ですが、あのルールだと仕方ないですか。

第3回電王戦の新ルールも発表されました。持ち時間はプロ棋士、コンピュータそれぞれ5時間のチェスクロック方式で、消費後は1分将棋。さらに、休憩を12時~13時までの昼食休憩と、17時~17時30分までの夕食休憩の二回設けることになりました。前回は持ち時間4時間で夕食休憩がなかったので、より人間に有利な時間設定になったと言えます。

勝敗予想は人間側の2勝3敗としておきます。理想は勝ち越しですけど、前回は1勝しかできなかったので2つ勝てば御の字でしょう。屋敷、豊島、菅井で2勝できるかどうか。森下さんと紳哉さんはちょっと厳しいかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/07 21:46 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

第3回電王戦開催決定(出場者の1人は屋敷九段)

「第3回 将棋電王戦」2014年3月より開催、プロ棋士に屋敷九段の出場決定 | マイナビニュース
"「第3回将棋電王戦」記者発表会の模様"(日本将棋連盟)

第3回電王戦の開催が正式に決定しました。日程は来年(2014年)の3月~4月。
前回と同じく5対5の団体戦で行います。

人間側の出場棋士の1人は屋敷伸之九段!出場が決まった経緯は第2回電王戦の解説での「機会があれば出てみたい」という発言。今回はタイトル保持者は出ないので屋敷さんが大将ということになりそうですね。
残り4人については
「準備を進めておりまして、棋士個人に書面を出してこちらからお願いするケースもありましたし、立候補してくださいという形で。ある程度は内定している。ほかの四人の人選についてはできるかけ速やかに発表させていただきたい。」(谷川浩司会長)とのことです。谷川会長の話だと「屋敷さんと同年代の棋士」と「20歳前後の若手棋士」がほぼ内定している模様。

コンピュータ側の5チームの選抜については11月に「将棋電王トーナメント」を行い、その上位5ソフトが電王戦に出場することになりました。「電王トーナメント」は「電王」を決める戦いであり、優勝ソフトには「電王」の称号が与えられます。そして上位のソフトには総額500万円の賞金を用意するそうです。

トーナメントは11月2日~4日に行われ、予選は持ち時間15分+10秒将棋、決勝トーナメントは持ち時間2時間の切れ負けで行う。

将棋電王トーナメントの詳細なルールについてはこちらをご覧ください(リンク先PDF注意)

レギュレーションに関してはいくつか変更がありました。1つ目は「統一ハード」今回は主催者側が統一したハードウェアで対決します。また、本番と同様のソフト貸し出しを義務付けることになりました。
私はハード制限は不要だと思うのですが、前回と同じ条件でやるのは興行的にみてどうかという意見もありますし、今回に限ってはこれもありかなと思います。プロ棋士側が有利な条件なので負けたらもう言い訳はできませんね。


そして今日の記者会見ではもう1つ発表がありました。
それは「denousen 2.1 電王戦タッグマッチ」の開催。これは第2回電王戦に出場したプロ棋士と5つの将棋ソフトがコンビを組んで、アドバンストチェスのような形で戦うというもの。いわゆる「アドバンスト将棋」ですね。以前、アマ強豪の篠田正人さん、古作登さんがやっていたのを見たことがありますが、プロ棋士が公式にやるのは初めてだと思います。

この企画はドワンゴ側の強い要望で実現したそうです。こういう新しい企画をどんどんやってみるところがドワンゴの良いところですね。面白いイベントになりそうです。

タッグマッチイベントは8月31日(土)9時半からニコファーレで完全生中継!解説は森内俊之名人です。

電王戦タッグマッチ|ニコニコ動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/21 20:30 ] 電王戦 | TB(0) | CM(0)

塚田泰明九段の自戦記(新潮45)を読んだ

18日発売の『新潮45 2013年6月号』に電王戦第4局を戦った塚田泰明九段の手記「われコンピュータ将棋と引き分けたり」が載っています。タイトルは故・米長永世棋聖の「われ敗れたり」をもじったもの。62ページから9ページにわたって掲載されています。

新潮45 2013年 06月号 [雑誌]新潮45 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/18)
不明

商品詳細を見る


詳しくは本誌を手に取って読んでいただくことにして、気になった部分を抜き出しておきます。

・電王戦の応募者は十数名いたそうだが非公開。佐藤慎一四段は前会長の御指名。三浦八段は「A級の参加者が1人欲しい」というドワンゴの要請。純粋に公募で決まったのは阿部光瑠と塚田の2人。

・ツツカナの開発者は△7四歩という普通では珍しい手をあらかじめ入力しておくことにより、ソフトの弱点が出ないよう手を加えていました。それは「人工知能」だけの戦いではないので妙な話です。(中略)ちょっと人力を加えることで隙が減るのは不公平で、ルール上認めてしまったのは失敗でした。

・(第4局の内容について)端に垂れ歩をしたら、なぜか飛車を引いてくれたので入玉を目指す方針に転換した。飯田さん(弘之六段)から教わった作戦「入玉を狙え」に従い、確信を持って手順を進めた。

・対局を観戦していた妻(高群女流)からは「指さして駒を数えるのはみっともない」と指摘された

・終わった後にさまざまな議論があったが、びっくりしたのは「勝てた」という意見があったこと

・第3回は最新版に近いソフトを提供してもらうこと、序盤に開発者の意志を加えないことをルール化すべき

※注:「塚田九段は勝てた」という意見はネット上でもいくつか見かけましたが、参考までにApery開発者の平岡さんのブログを載せておきます。
電王戦第四局 塚田泰明九段 対 Puella α - buoyance

==========
一番気になったのは、序盤に開発者の意志(例:ツツカナの△7四歩)を加えるのはおかしいという意見。

私は別に不公平だとは思わなかったです。ツツカナの場合、開発者の一丸さんが事前にソフトを貸し出してたので。
それに、序盤の駆け引きがあったほうが「人間対人間」の戦いという感じがしてむしろ面白かったですね。でも、対局者の立場だとそれは不公平だと思うのも分からなくはない。どこまで開発者の意志を入れていいのか、難しい問題ですね。

現代ビジネスの観戦記(後編)で塚田九段は「第3回があるなら、その運営委員に立候補したい」と語っていました。前回はルールが曖昧な部分があったので、もし第3回やるのであれば開発者ときちんと議論してほしいと思います。

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【前編】対局3日前、「棋界の武蔵」三浦八段が漏らした本音 文/山岸浩史
「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実 【後編】一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか 文/山岸浩史

↑現代ビジネスの山岸さんの観戦記は非常に読み応えがあって面白かったです。未だ読んでない方は是非。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/05/20 21:28 ] 電王戦 | TB(0) | CM(5)