スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人生“中盤”の一手~奨励会昭和57年組

昨日NHKで、ドキュメンタリー同期生「人生“中盤”の一手~奨励会 昭和57年組」が放送された。

昭和57年組とは、昭和57年にプロ棋士の登竜門である奨励会に入会した人達のことを指す。彼らの中から羽生善治三冠、森内俊之名人、佐藤康光九段、郷田真隆九段ら8人のプロ棋士が生まれた。名人を3人(森内、羽生、佐藤)も輩出した黄金世代だ。

昭和57年度奨励会入会者
http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/syoreikai/douki/S57nyukai.htm

その一方で多くは年齢制限で奨励会を退会し、別の道を歩むこととなった。
↑のホームページに昭和57年入会組の名簿が載っているが、入会者24人のうち四段昇段したのは8人。残りの16人はプロになれず奨励会を去った。その中の1人が秋山太郎さん(46歳)。奨励会入会試験では羽生に勝利。周囲からはプロ入り間違いないと言われていたが、三段時代、大事な対局で自分より勝率の低い相手に負けることがあり結果を残せなかった。

秋山さんは現在都内のレコード会社で経理課長を務める傍ら、アマ棋戦にも出続けている。アマチュアのタイトル戦で優勝すれば年齢に関係なく奨励会(三段リーグ)編入試験を受けられるようになった。
放送では触れていなかったが、秋山さんは過去に2度「三段リーグ編入試験」を受験している。結果は不合格だった。それでもなお挑戦し続けている。「自分が20年前に出せなかった結果を出しに行く」と秋山さんは語る。

一方、プロになれたものの勝負の世界の厳しさを実感している同期生もいる。
豊川孝弘七段、46歳。羽生森内らが10代から活躍していたのに対し、豊川が四段になったのは24歳と遅咲き。それでも徐々にトップとの差を詰め、18年掛けてB級1組に昇級した。しかし、2年でB級2組に降級。収入も減った。現在は副業として知人の経営する道場で指導対局を行っている。

今年の名人戦は森内と羽生の同期生対決だった。第5局、森内は前例を覆す新手△3七銀(ponanza新手ですね)を出し快勝。同期森内の将棋に対する姿勢を見た豊川は改めて自分の将棋を見直した。「自分は勝ちたい、勝ちたい、邪念の塊なんですよね。」と豊川は語る。

秋山さんは7月にアマチュア名人戦の東京予選に出場した。2連勝したが3局目で敗れ決勝には勝ち進めなかった。今回はアマタイトルを取る目標は叶わなかったが、今後も挑戦を続けるそうだ。

豊川は一歩ずつ上を目指す決意を新たにしていた。「先も長くない。もしかしたら終わってるかもしれない。でもやってる限り、少し上でも目指す」と語る。今期の順位戦はここまで2勝1敗。3回戦では若手有望株の稲葉陽を倒している。もう一度上を目指して頑張ってほしいと思う。

羽生森内といった勝者ではなく、「敗者」にもスポットを当てた良い番組だったと思う。
普段の豊川プロはオヤジギャグを連発するような明るく陽気なキャラだが、この番組では暗く鬱屈した一面が描かれていた。対局に負けて一人暗い夜道を帰るシーンはグッときました。

この「ドキュメンタリー同期生」は月曜日に放送された相撲回も良かったので是非定期化してほしいなと思います。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/14 20:30 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

達人戦準決勝 羽生vs加藤

富士通杯達人戦中継ブログ: *第21回2回戦
棋譜→第21回富士通杯達人戦準決勝第1局 羽生善治三冠 対 加藤一二三九段

今日は達人戦準決勝の羽生三冠vs加藤九段戦がありました。2人が対戦するのは2002年のA級順位戦以来なんと11年ぶり。久しぶりの羽生加藤戦ということで楽しみにしていたファンも多かったでしょう。人気棋士同士の対戦ということでニコ生でも中継がありました。

振り駒の結果加藤九段が先手で▲7六歩△8四歩▲6八銀から矢倉に。羽生さんが加藤先生得意の矢倉を受けてくれました。5手目▲7七銀~▲2六歩は昭和の香りがする駒組みですね。現代は飛車先不突が主流ですが、これは▲2六歩を早めに突く旧矢倉24手組です。27手目▲3七銀と上がって「加藤流」になりました。

△7三銀に▲4六銀と上がった局面は30年前の中原加藤の名人戦でも指されている有名な形。
△7五角(42手目)に▲7六歩と打つのも加藤九段が最初に指した手です。50手目過ぎまで定跡手順が続きます。
2013羽生加藤001

解説は矢倉の名手高橋九段でしたが、終始後手が指せるという見解でした。「羽生補正」もあったようですが(笑)。高橋先生も言ってましたが、この将棋は3七の銀の活用が難しいですよね。

2013羽生加藤002
終盤の▲4一金(93手目)はかなり打ちにくそうな手でしたが、どうだったのでしょうか。このあたりで形勢に差がついたように思います。ニコ生では▲4一金に代えて▲4六銀!という強手が指摘されていましたが、駒を沢山渡すのでちょっとやりにくかったですか。でも、▲4六銀見たかったですね。

結局3七の銀は最後まで上手く使えず羽生三冠の勝ちとなりました。結果は残念でしたが加藤先生らしい将棋が見られたので良かったです。

それにしてもひふみんの「あと何分?」攻撃は凄かったですね。1~2分おきに「あと何分」と聞いてました(笑)

感想戦の中継もあって楽しかったですね。ひふみんらしい感想戦で羽生さんも楽しそうでした。高橋先生の「感想戦の解説」も新鮮で面白かったです。

ニコ生のアンケートでは93%が「とても良かった」と回答していましたが、私も大満足でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/21 23:19 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

2012年度印象に残った将棋ベスト10

先日棋王戦が終わり、今年度のタイトル戦が全て終了しました。
将棋連盟のHPでは今年も名局賞と升田幸三賞のネットアンケートを行っています(〆切は3月31日)
第19回升田幸三賞・第7回名局賞アンケートフォーム
このアンケートフォーム、連盟のHPのトップに貼ってあるんだけど、見つけづらい(苦笑)数日前に気づきました・・・。

私も独断と偏見で今年度の名局ベスト10を選んでみました。まずは10位から

10位 第71期C級1組順位戦5回戦 ▲糸谷哲郎△稲葉陽 棋譜
今年活躍した関西若手強豪同士の対戦。横歩取りの大激戦になり、終盤の入玉を巡る攻防が凄かった。
糸谷はこの将棋に勝ったものの、前半の2敗が響いて昇級ならず。ライバルの豊島、稲葉に先を越されているが、来期は昇級できるように頑張ってほしい。

9位、第39期女流名人戦第5局 ▲里見香奈△上田初美 棋譜
四間穴熊vs銀冠の大熱戦。過去のプレイバックで女流の将棋が選ばれることはほとんどないけど、この将棋は特別賞あたりで選んでほしい。男性棋士と比べても遜色ない素晴らしい内容だった。

8位、第70期名人戦七番勝負第1局 ▲森内俊之△羽生善治
森内名人の完勝譜。終盤の▲8六同銀が印象に残っている。名人戦直前まで半年勝ちがなかった人の将棋とは思えない内容だった。

7位、第53期王位戦七番勝負第2局 ▲藤井猛△羽生善治 棋譜

藤井羽生76角001
藤井九段が対羽生戦の連敗を約6年ぶりに止めた一局。藤井流角交換四間の最高傑作だと思う。
上図は△8四飛に▲7六角と打ったところ。8筋交換に▲7九金と寄って受けるのが藤井流で▲8八飛のぶつけを狙っている。今期はこれと似た将棋で随分稼ぎましたね。ちなみに升田幸三賞は藤井流角交換四間を推します!。

6位、第38期棋王戦五番勝負第4局 ▲渡辺明△郷田真隆 棋譜
渡辺三冠誕生の一局。角換わりの大熱戦。▲4五歩からの仕掛けは今後定跡化されるでしょうね。郷田さんの粘り(根性の飛車打ち)も凄かった。

5位、第53期王位戦挑戦者決定戦 ▲渡辺明△藤井猛 棋譜
ネットでは大盛り上がりだった一局。終盤形勢が揺れ動く大熱戦となったが、藤井せんせーが辛くも逃げ切って挑戦を決める。「名局」というよりは「熱局」という感じで、後で冷静に振り返ってみるとお互い疑問手も多いんだけど熱い将棋でした。

4位、第60期王座戦五番勝負第2局 ▲渡辺明△羽生善治 棋譜
1人千日手が話題になった将棋。羽生さんの中終盤の指し回しが絶品。番勝負の流れが変わった一局だった。

3位、第25期竜王戦七番勝負第5局 ▲丸山忠久△渡辺明 棋譜
渡辺竜王が9連覇を決めた一局。序盤で渡辺がペースを握ったが、丸山が粘り強く指して大熱戦になった。最後は渡辺の△1九角成が鋭い決め手。

2位、第71期A級順位戦7回戦 ▲三浦弘行△羽生善治 棋譜
羽生三冠のA級順位戦21連勝が止まった将棋。途中三浦さんの攻めが切れそうになったが、粘り強い指し回しがミラクルを呼び込んだ。投了数手前の攻防は見ごたえあり。
三浦羽生A級001
関連記事→"三浦マジック! 羽生三冠の連勝を止める"

1位、第60期王座戦五番勝負第4局(千日手局)▲渡辺明△羽生善治 棋譜
羽生さんの2手目△3二飛、そして終盤の鬼手△6六銀が話題となった将棋。指し直し局も熱かった。ニコ生視聴者数は39万人!の新記録達成。
羽生渡辺王座4_001

本譜は△6六銀▲同歩以下千日手となったが、厳密には▲7八銀上と受ければ先手が勝ちではないかと元日の日経朝刊で羽生さんが語っていた。だが、持ち時間が切迫した状況では千日手もやむを得なかったのかなと思う。
参考→"王座戦第4局後日談(△6六銀周辺)"

この他にも紹介したい名局がたくさんありましたが、とりあえず10局だけ選んでみました。今年の名局は羽生渡辺絡みが多かったですね。この2人の活躍が目立った1年でした。来期はどうなるでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/03/27 23:09 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

週刊将棋が売れてない件について

最も売れた書籍は「久保の石田流」 | 将棋編集部

正解は週刊将棋の創刊記念日です。1984年1月25日創刊なので、30年目に入りました。私にとっては学校を出てから10年間籍を置き、編集長をやらせていただいた、非常に愛着のある媒体です。

しかし、残念ながらネット隆盛の波に押されて売上は右肩下がり。恐らく皆さまが想像される以上の大きな累積赤字を抱えています。ネット中継より一歩突っ込んだ紙面を作成するよう心掛けておりますので、ご購読のほどお願い申し上げます。


まぁこれは将棋に限らず紙媒体全般に言えることですし、今に始まった問題ではないですが、中の人がこうやって書くぐらいだから相当厳しいんでしょうね。

以前は月刊誌よりも情報が速いというのが週将の売りだったのでしょうが、ネット中継が充実したことで速報性は薄れました。中継サイトを見れば棋譜の解説コメントはついてますからね。私もネットで情報が得られるようになってから購読を止めてた時期があります。今は週将も将棋世界も同じようなもんだろと思ってる人多いんじゃないでしょうか。

では、速報性がないから紙メディアが要らないかというとそんなことはないと思います。観戦記には観戦記の良さがありますね。感想戦で結論が出なかった部分の解説が載ってあったり。ネットよりも時間をかけて調べることができるのが専門紙の良さでしょう。

ただ、週刊紙の場合締め切りが短いために深く調べることができないことも多いのではないか。専門誌(将棋世界)と比べると立ち位置が中途半端になってるような気もします。

最近の週将、頑張ってると思いますけどね。
先週と先々週のどないやねんの関西棋士対談は面白かったです。ああいう対談とかインタビュー、ネットで読めないような記事を増やしてほしいですね。

最後に、週将は去年から電子版も出てますよと一応宣伝しておきます。↓
Newsmediastand
週刊将棋ネット新聞
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/27 09:30 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

2013年お正月の将棋番組

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

新年一発目の更新ということで、年始の将棋番組情報をまとめておきますね。

新春お好み対局 2013年指し初め 将棋講座対抗ペアマッチ(1月2日午前9時~11時)
新春お好み対局 | NHK 年末年始番組ガイド 冬ナビ
今年のお好み対局は将棋講座の講師と聞き手によるペア将棋。出演は山崎隆之・鈴木真里、戸辺誠・つるの剛士、高橋道雄・山口恵梨子、阿久津主税・安食総子の4チームです。放送は午前9時からなので要注意。

そういえば去年は「東西巨匠ライバル対決」で故・米長永世棋聖が出演されてたんですよね。あれは良い番組でした。1年経つのは早いなぁ(しんみり)

名人・棋王・王将出演 第3回上州将棋祭り(1月4日)


今年も上州将棋祭りのニコ生があります。森内名人vs佐藤王将のスペシャル対局やトークショーが予定されてるようですね。

第4回とちぎ将棋まつり~王手で愉快だ宇都宮(1月6日)


とちぎ将棋祭りもニコ生中継があります。今年は1日だけになったようですね。
郷田vs戸辺、森内vs広瀬の席上対局が予定されています。

新春スペシャル「第62期王将戦 番勝負直前特番」(1月1日午後6時~)
囲碁将棋チャンネルでは王将戦の直前特番があるようです。放送は1日18時から

A級順位戦最終局をスカパー!で完全生中継(3月1日)
そしてお正月番組ではありませんが、A級順位戦最終局をスカパー!で完全生中継することになったそうです。
詳細は下記リンク先をご覧ください。

"将棋「名人戦」順位戦A級リーグ最終全対局を初の完全生中継"(スカパー!エンタメ情報館)
これはすごいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/01 08:30 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)