スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72期名人戦第4局 羽生三冠が名人奪取、四冠に

昨日行われた第72期名人戦第4局は挑戦者の羽生善治三冠が森内俊之名人を破り、4連勝で名人を奪取しました。
4年ぶり通算8期目の名人獲得で、史上最多3度目の名人復位となります。

第4局、羽生三冠が先手で戦型は相掛かりでした。今期の名人戦は第1局と第2局が相掛かり、第3局が矢倉△5三銀右、そして本局が相掛かり、4局中3局が相掛かりでした。力戦調の将棋が多かったシリーズでしたね。

20140521羽生森内2
先手が桂頭を狙って5六に角を打ち、羽生三冠が攻め、後手の森内名人が受けるという展開になりました。2日目の午前中のあたりは後手が良いと言われていたようですが、先手の攻めが続き難解な勝負に。

最後は激戦になりましたが、91手目俗手の▲4一金~▲4二角が好手で羽生三冠が寄せ切りました。
20140521羽生森内1

過去3年の森内名人の圧倒的な強さを見ていたので、4タテは正直予想していませんでした。けど、羽生森内戦って意外と4-0、4-1が多いんですよね。通算成績は拮抗しているのですが、連勝連敗が多いというか星が偏る傾向があります。今回は羽生さんの4勝0敗でしたが、森内さんが4連勝で羽生さんから竜王奪取したこともあります。そういう傾向をみると意外でもないのかな。

今期の羽生さんは竜王戦1組でも優勝して6戦負けなし。ここ数年は春先の成績が良くなかったですが今年は絶好調ですね。この2人は6月から始まる棋聖戦五番勝負でも顔を合わせます。こちらも楽しみですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/05/22 06:54 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第72期名人戦第1局

今年で4年連続9回目となる森内vs羽生の名人戦が開幕しました。開幕局は期待通りの大熱戦となりました。

森内名人が先手で戦型は相掛かりに。前期名人戦の第1局、第2局も相掛かりで、森内名人が「往復ビンタ」を食らわせて連勝スタートでした。

早めに9筋の位を取ったのが後手の趣向です。後手が7六の歩を狙って△8六歩と合わせてきたのに対し、先手は▲7七金。これに後手が△8七歩と打って飛車角交換の激しい変化に進みました。
20140409森内羽生1
先手は金銀バラバラでまとめにくそうに見えましたが、森内名人は▲6七飛の自陣飛車から陣形を上手くまとめ上げてみせます。
2日目が始まった時点で解説の木村八段は先手持ちの見解を示していました。ただ、これは好みが分かれるところで森内名人や木村八段のように受けが得意な人は先手でしょうが、攻め好きの人は後手を持ちたい人が多いかもしれません。私は正直どっちを持っても自信がないですね。力が強いほうが勝つという将棋だったと思います。

後手の手が難しいと言われていましたが、羽生三冠は△9三桂と跳ねてから△7四歩▲同歩△3六歩▲同歩△7四銀と仕掛けていきます。このあたり羽生三冠が上手く手を作って形勢は次第に後手ペースに。
20140409森内羽生2
後手の攻めが続き、流石の森内名人でも受けにくい格好となってしまいました。

終盤は森内名人が鋼鉄の受けで粘り、長手数の熱戦になりましたが逆転には至らず。羽生三冠が冷静な指し手を続けて逃げ切りました。総手数178手の大熱戦でした。

最近の2日制のタイトル戦は夕休前に決着がつく将棋が多かったと思います。9時過ぎまで(終局は21時54分)熱戦が続いたのは2日制では久々ではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/10 06:34 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)

第72期A級順位戦最終局

8回戦までに羽生三冠の挑戦と谷川九段の降級が決まったA級。この日の注目は残り1人の降級者が誰になるかだった。

対局前の時点で降級の可能性を残していたのは4勝4敗の久保九段と3勝5敗の三浦九段、郷田九段、屋敷九段の4人だった。

▲三浦九段-△久保九段戦は残留争いの直接対決。屋敷、郷田が共に勝った場合、この対局の敗者は降級となる。
戦型は久保九段のゴキゲン中飛車対先手の「超速」となった。42手目までは前例のある形。そこで三浦九段が▲5五銀と新手を出した。

郷田九段は既に挑戦を決めている羽生三冠(7勝1敗)との対戦。自身が敗れ、屋敷九段が勝つと降級となる。郷田九段が先手で角換わりになった。後手の専守防衛型に先手が▲6七金右(41手目)と上がる形に進んだ。

屋敷九段は5勝3敗の行方八段との対戦だった。戦型は屋敷九段が後手で横歩取り△5二玉・8四飛型。△2四飛のぶつけに前例では▲2五歩と飛車交換を拒否していたが、行方八段は▲3三角成△同銀▲2四飛と応じて飛角総交換の激しい順に進んだ。
20140307行方屋敷
互いに敵陣に飛車を打ち込んで竜を作ったが、▲3九金~▲2九金打とガッチリ受けて先手が優勢になった。73手で行方八段の快勝。敗れた屋敷九段は3勝6敗で降級となった。この将棋が5局の中で一番早い終局で降級争いは呆気なく決まってしまった。

▲郷田△羽生戦はねじり合いが続いたが先手が攻めあぐねて、形勢は徐々に後手に傾いた。△8六桂の反撃が厳しく羽生三冠が勝勢に。118手で羽生三冠の勝ちとなった。敗れた郷田九段は3勝6敗となったが、屋敷九段も敗れたため辛くも残留。

最後まで残ったのが▲三浦△久保戦だった。屋敷九段が敗れた時点でこの2人は残留が決まったわけだが、対局者はそれを知る由もない。中盤の長いねじり合いを経て三浦九段のほうが優勢になったが、久保九段もしぶとく粘って盛り返す。一時は後手に勝ちがありそうな局面もあった。しかし後手にもミスが出て200手超えの大熱戦になった。
20140307三浦久保1
最後は相入玉含みの展開に。まず後手が上部脱出を図ったが、先手に押し戻されて入玉を阻まれてしまう。一方、先手玉は上部に逃げ切って三浦九段がはっきり勝ちになった。久保九段は最後まで執念の粘りを見せたが271手▲1八歩を見てついに投了。終局は午前2時!本当に長い一日でした。
20140307三浦久保2

それにしても凄い将棋、これぞ人間同士の将棋という戦いでした。順位戦の重みをひしひしと感じた一局でした。対局者のお2人、関係者の皆さんお疲れ様でした。

最後に対局結果をまとめておきます。
行方 尚史八段(6勝3敗)○-●屋敷 伸之九段(3勝6敗=降級)
郷田 真隆九段(3勝6敗)●-○羽生 善治三冠(8勝1敗)
深浦 康市九段(5勝4敗)●-○谷川 浩司九段(2勝7敗=降級)
佐藤 康光九段(5勝4敗)○-●渡辺 明二冠(5勝4敗)
三浦 弘行九段(4勝5敗)○-●久保 利明九段(4勝5敗)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/08 19:20 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

順位戦C級1組10回戦 佐々木慎六段昇級

名人戦棋譜速報
昨日はC1の最終局10回戦がありました。

9回戦を終えた時点で糸谷哲郎六段が9連勝で昇級決定。残り1枠を8勝1敗の佐々木慎六段(4位)と中村太地六段(10位)の2人が争う展開でしたが・・・、結果はどちらも負け。この結果両者8勝2敗になりましたが、順位の差で佐々木慎六段が昇級することになりました。佐々木六段おめでとうございます!

最終成績は以下の通りです。小林健二九段以下6名に降級点。小林九段、土佐七段、桐山九段、加藤九段は2つ目の降級点でC2降級が決まりました。

【9勝1敗】糸谷(9)
【8勝2敗】佐々木慎(4)、中村太(10)、菅井(28)
【7勝3敗】真田(2)、船江(18)、高崎(20)、斎藤(30)
【6勝4敗】千葉(3)、片上(6)、近藤(17)、福崎(22)、長沼(26)、北島(31*)
【5勝5敗】宮田(5)、小林裕(12)、佐藤秀(21)、浦野(25)、脇(34*)
【4勝6敗】阿部健(7)、金井(8)、日浦(13)、高野(14)、富岡(15)、田中寅(19)、阪口(29)
【3勝7敗】神谷(1)、塚田(11)、小林健(23*)、大平(24)、土佐(27*)
【2勝8敗】平藤(16)、桐山(32*)
【1勝9敗】加藤(33*)

8勝1敗の中村太地六段は菅井竜也五段との対戦でした。戦型は菅井五段が後手でまさかの横歩取りとなりました。序盤20手目の△2三歩!が波紋を呼んだ一手。
20140304中村菅井1
普通は△2二銀と上がるところです。Twitterで遠山プロ(@funnytoyama)が「コンピュータ将棋の匂いがする」と呟いていましたが、言われてみればそんな感じはしますね。
△2三歩以下▲2八飛△4二銀と進みました。銀を2二ではなく4二に上がるのが菅井五段の狙いでした。

中終盤、先手が好調に攻め続けているように見えたのですが、後手が粘り強く指して入玉に成功。最後は先手玉を即詰みに打ち取って菅井五段の勝ちとなりました。

中村六段はこの悔しさをバネに来期頑張ってほしいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/05 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第72期A級順位戦8回戦 羽生三冠敗れるも挑戦決定

昨日はA級順位戦「ラス前」8回戦一斉対局がありました。
7戦全勝の羽生善治三冠は深浦康市九段に敗れ連勝ストップ。しかし、2敗の渡辺明二冠が三浦弘行九段に敗れたため羽生三冠の挑戦が決まりました。

羽生善治三冠(7勝1敗)●-○深浦康市九段(5勝3敗)
羽生深浦戦は羽生三冠が先手で矢倉。▲4六銀・3七桂の後手8五歩型に先手が▲9六歩受ける形に進みました。
20140205羽生深浦1
桂香交換になった後、先手は▲2六桂~▲1七香打と端に勢力を集中させましたが、△3一玉とかわされて攻めが続かず。逆に後手の8筋、9筋からの攻めが厳しく深浦九段が優勢になりました。116手で深浦九段の快勝。深浦九段はA級5期目にして初めての勝ち越しです。おめでとうございます!
羽生深浦戦の終局は22時32分。5局の中で最も早い終局でした。

渡辺明 二冠(5勝3敗)●-○三浦弘行九段(3勝5敗)
羽生さんが敗れたことで2敗の渡辺二冠にもチャンスが巡ってきたのですが・・・、結果は三浦九段の勝ち。
戦型は渡辺二冠が先手で横歩取り。先日の棋王戦第1局も横歩取りの名局でしたが、この将棋も大熱戦となりました。最後まで難解な終盤戦でしたが、三浦九段が逃げ切って勝ち。三浦さんの終盤の強さ、底力を感じた将棋でした。
渡辺さんは今年も挑戦ならず。三浦九段は残留へ向けて大きな1勝を挙げました。

その他の結果は以下の通りです。
久保利明九段(4勝4敗)○-●郷田真隆九段(3勝5敗)
谷川浩司九段(1勝7敗)●-○行方尚史八段(5勝3敗)
屋敷伸之九段(3勝5敗)●-○佐藤康光九段(4勝4敗)


谷川九段は既に降級が決定。久保、三浦、郷田、屋敷の4人に降級の可能性が残っています。
最終局久保vs三浦の直接対決が組まれていて、勝者は残留。敗者は屋敷、郷田が共に勝った場合に降級となります。
郷田九段は最終局羽生三冠戦で勝てば残留。敗れて屋敷九段勝ちの場合降級となります(屋敷負けなら残留)。
屋敷九段は最終局勝てば残留。敗れると降級です。
ちょっとややこしいですが、4人とも「勝てば残留」なのである意味わかりやすいのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/06 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)