スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

糸谷新竜王誕生

竜王戦中継ブログ
棋譜→2014年12月3日~12月4日 第27期竜王戦七番勝負 第5局 森内俊之竜王 対 糸谷哲郎七段

昨日行われた竜王戦第5局は挑戦者・糸谷哲郎七段が森内俊之竜王を破り、4勝1敗で竜王位を奪取しました。
糸谷さんは初のタイトル獲得で八段に昇段。一方、森内さんは春の名人戦に続いてタイトルを失い約3年ぶりの無冠(九段)となってしまいました。

第5局は第4局に続いて森内さんが終盤に間違えて、糸谷七段の大逆転勝ちとなりました。
まさか、2局続けて大逆転劇が起きるとは思いませんでしたね。2日目の昼休にチラッと見たときには先手(糸谷)が悪かったので、これは第6局コースだろうなと思っていたらいつの間にか逆転してたので驚きました。過去のタイトル戦でも終盤の大逆転は何度もありましたが、2局続いてこういう結末というのはあまりないのでは。

20141205糸谷森内
本譜は132手目の△9八桂成が敗着だったそうですが、その前に△1二玉と早逃げしておけば後手が残していたんじゃないかと思います。森内竜王らしくない着地ミスでした。糸谷さんの早指し、時間攻めにペースを乱されたんでしょうか?

逆に、糸谷さんの悪くなってからの粘り方は巧かったですね。良くも悪くも糸谷らしさが出た将棋だったと思います。
消費時間が4時間29分で3時間31分も残して勝つとは、、、すごいですね

糸谷さんは新四段のころから「怪物」と呼ばれ期待されていました。その後、NHK杯で2年連続準優勝に輝きましたが、タイトル戦挑戦には届かず、順位戦でも豊島さんに先を越されました。僕の中では、「強いけど少し安定感に欠ける」イメージがあったのですが、今年に入って一気に飛躍しましたね。

20代若手棋士がタイトルを獲得するのは渡辺さん、広瀬さん以来ですか。広瀬さんも1年で王位を失い、その後は渡辺さんが孤軍奮闘している状況でした。その渡辺二冠も今年三十路になって20代のタイトルホルダーはいなくなった。
個人的には若手棋士の台頭を待ち望んでいたので、糸谷さんの竜王奪取は嬉しいです。

タイトルを獲ると色々な仕事も増え大変だと思いますが、糸谷さんには竜王らしく頑張ってほしいです。順位戦も早くB1に上がってほしいですね。

糸谷新竜王おめでとうございます!
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/12/05 07:45 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(1)

第26期竜王戦 森内名人9年ぶりの竜王復位

一昨日から昨日にかけて行われた竜王戦第5局は挑戦者の森内俊之名人が渡辺明竜王を破り、4勝1敗で竜王位を奪取。渡辺竜王の竜王戦連覇記録は9でストップしました。

棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第5局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人
森内名人の3勝1敗で迎えた第5局。戦型は相矢倉になりました。今期は5局全て矢倉の「矢倉シリーズ」でしたね。
本局は▲4六銀・3七桂の定跡形に進みました。

45手目、森内名人は宮田新手の▲6五歩ではなく▲2五桂を選びました。先後を変えて第4局と同じ形です。森内名人はまた往復ビンタを狙おうとしているのか。
59手目▲4四歩までは定跡手順。そこで△4四同金か△4五馬の2つ選択肢があります。第4局後手の森内名人は△4五馬と銀を取りましたが、本譜後手の渡辺竜王は△4四同金。以下▲7一角△4三金引に▲5七金が名人の用意してきた新手でした。馬を引いてくれれば先手の得ですが、竜王は強く△同馬と取りました。
20131129森内渡辺1

72手目△6九銀で封じ手。この時点では後手の攻めがうるさそうに見え、解説も後手持ちという見解でした。
しかし、ここから森内名人が強靭な受けを見せます。まず▲6八金から馬を自陣に引きつけて、▲7九金と貼り付けて自陣を補強。これで先手玉は寄らなくなりました。

20131129森内渡辺3
続いて▲5七角(87手目)~▲4八歩。この角打ちは受けだけでなく攻め(次に▲2四角)もみています。形勢は先手に傾きました。

対して竜王は△6七香~△5七銀と食いつきます。次に△6八銀不成が詰めろ。これは先手も少し嫌な格好に見えましたが・・・

20131129森内渡辺4
▲3三桂打(99手目)~▲2一竜(105手目)が好手順でした。▲2一竜が詰めろなので後手は△3一金打と受けるしかないですが、金を一枚使わせたことで先手玉が安全になりました。この手順は思いつきませんでしたね。先手玉に詰めろが続かず、一方後手玉は▲5三銀が厳しく寄り。以下は差がついて森内名人の勝ちとなりました。

森内名人の持ち味である受けの強さが存分に発揮されたシリーズだったと思います。本局もそうでしたが、名人の鉄板の受けの前に渡辺さんが終始攻め急がされている感じでした。

竜王戦で渡辺さんに4-1、そして春の名人戦では羽生さんに4-1、現時点では棋界最強と言っても良いのではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/30 09:18 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)

第26期竜王戦第4局 森内名人、奪取に王手

竜王戦中継Plus
棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第4局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人
挑戦者・森内俊之名人の2勝1敗で迎えた第4局。第1局~第3局に続いて本局も矢倉になった。これまで3局はいずれも後手の急戦矢倉だったが、今回はじっくり組み合う相矢倉戦に。▲4六銀・3七桂の定跡形に進んだ。

20131122渡辺森内1
45手目▲2五桂は昔よく指されたが最近ではあまり見られなくなった手。ここ10年ぐらいは▲2五桂に代えて▲6五歩の「宮田新手」が主流だ。定跡書(例:森内俊之「矢倉の急所」)では▲2五桂は△4五歩で「後手良し」と解説されている。だが、直近3局はいずれも先手が勝っている(そのうち2局は先手中田宏樹八段)。実際やられてみると難しいということだろう。

春の名人戦第5局では宮田新手▲6五歩に対し、森内名人が新手△3七銀(ponanza流)を出して快勝した。そのこともあって▲6五歩はやりにくかったのかもしれない。

67手目までは定跡化された手順。そこで△4四歩と受けるか、△4四馬と引くか2通りあったが森内名人は前例が1局しかない△4四馬を選んだ。以下▲3七角△4五歩▲6五歩に△7五歩(72手目)で前例から離れる。
20131122渡辺森内2
形勢は難しいが、2日目のニコ生解説の羽生三冠は4四の馬の存在が大きく後手持ちという見解を示していた。渡辺竜王も普通に攻めては上手くいかないとみて▲3二歩と工夫した。

△6五銀に▲5五銀!(83手目)は勝負手。4四の馬をどかさないと攻めきれないとみたのだろう。この勝負手が実って先手の攻めが繋がりそうにも見えたが・・・

20131122渡辺森内3
△5二角(106手目)が鉄板の受け。この角打ちが好手で先手の攻めが続かなくなった。▲1一飛成には△6六歩と攻め合って後手玉は寄らない。竜王は後手玉を必死に追いかけたが捕まらず森内名人の勝ち。後手の馬が終始大威張りで最後は詰みにも働いた。森内名人の頑強な受けが光った一局だった。

これで森内名人が3勝1敗で竜王奪取に王手。3連敗4連勝で防衛したことがある渡辺竜王だが今回はさすがに厳しいかもしれない。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/23 07:41 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(1)

第26期竜王戦第3局 急戦矢倉でリベンジ

竜王戦中継Plus
棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第3局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人

森内名人の2連勝で迎えた第3局。
第1局、第2局に続いて戦型は三たび急戦矢倉になりました。竜王も名人も意地っ張りですね。

▲7六歩(37手目)までは第2局と同じ進行。第2局は△3三桂でしたが、本局竜王は△3三銀を選びました。この△3三銀は昨年の第70期名人戦第3局(▲森内△羽生戦)と同じ将棋。森内羽生戦は先手の森内名人の完勝でした。▲8二角で先手は香得が確定。名人戦ではこれで「先手良し」と言われていたが後手はどうするのか。

20131108森内渡辺2

△2二玉(44手目)が渡辺竜王の研究手でした。駒損する代わりに玉の堅さを主張する構想。渡辺将棋の特徴として実戦的であることが挙げられますが、本局の構想はまさに実戦的だと思います。
△1四歩▲9六歩の交換を入れてから△7五歩▲同歩△6四飛と仕掛けて封じ手となりました。この仕掛けも凄いですね。香車+桂馬を取らせても指せるという大局観。
20131108森内渡辺1

以下2日目は後手の渡辺竜王が攻め続け、森内名人が受けるという展開になりました。後手の細い攻めが続くか微妙なところでしたが、竜王は巧く攻めを繋げました。流石の森内名人でもこの猛攻は凌ぎきれませんでした。

終盤は形勢が揺れ動き先手にもチャンスが訪れましたが、時間がなく読み切れなかったようです。感想コメントによると▲2三歩(103手目)で▲2四同角ならば先手有望だった模様。最後は△6九角以下長手数の即詰みに打ち取って竜王の勝ちとなりました。

久々に渡辺竜王らしさが出た将棋でした。敗れた森内名人も持ち味を出せたと思います。最後は急転直下の幕切れでしたがあれは仕方ないですね。他に上手い受けもなかったみたいですし。

渡辺竜王が1つ返して番勝負は面白くなりました。この勝利で流れは変わるのか、第4局以降も目が離せません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/11/09 09:30 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)

第26期竜王戦第2局 往復ビンタ再び

竜王戦中継Plus
棋譜→第26期竜王戦七番勝負 第2局 渡辺明竜王 対 森内俊之名人

挑戦者・森内名人の先勝で迎えた第2局。
渡辺竜王の先手で戦型は矢倉になった。対して後手の森内名人が選んだ作戦は△5三銀右の急戦矢倉。第1局、後手の渡辺竜王が使った作戦だ。同じ戦型で先後両方持って勝てばいわゆる「往復ビンタ」ということになる。そういえば春の名人戦も相掛かりで「往復ビンタ」を食らわせて連勝スタートでしたね。

29手目が作戦の分岐点。第1局は▲6八角と引いたが、本局渡辺竜王は▲7五歩を選んだ。この▲7五歩もよく指されている将棋。△3一玉(34手目)は2008年の竜王戦第6局で渡辺竜王が指した新手。昨年の名人戦第3局も同じ形だったが、そのときは37手目▲7六歩に△3三銀と上がっていた。(結果は先手森内の勝ち)本譜は△3三桂。この桂跳ねは端が弱くなるデメリットがある。渡辺竜王は▲1六歩~▲1五歩と伸ばして弱体化した端に狙いをつけた。

△3四飛(50手目)に対して渡辺竜王の封じ手は▲1八飛だった。▲1四歩からの飛車交換を含みにしているが、結果的には飛車交換が成立していなかったのでこの手は疑問だったかもしれない。

20131029渡辺森内1
竜王は▲1四歩(61手目)に△同飛と取られるのをうっかりしていたようだ。
20131029渡辺森内2
飛車交換の後、先手は角を切って攻め込むが△3三銀(78手目)で受かっている。攻防の△1八飛(86手目)が入って攻めが完全に切れてしまった。

▲6五歩の銀取りには△6九銀(92手目)が厳しく、以下後手の攻めが続いて森内名人の勝ちとなった。

第1局に続いて急戦矢倉で「往復ビンタ」を食らわせたことになった。ここまで2局森内名人の強さが際立っている。その一方で渡辺竜王はらしさが出ていない。渡辺竜王は毎年秋になると調子を上げてくるが、今月は1勝4敗(収録済みのNHK杯を除く)と不振。今日の将棋も△1四同飛をうっかりしたところに不調を感じる。1つ勝てば3連敗4連勝のときのように流れが変わるとは思うが、今の森内名人の充実ぶりをみるとちょっと厳しいかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/30 07:00 ] 竜王戦 | TB(0) | CM(0)