スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いざ、フランスへ

本日、25日夕方発の飛行機でフランスへと旅立ちます。
5日間の予定で観光が目的です。

しばらく将棋はお休み。羽生山崎の王座戦も見たかったけど。
飛行機が個人手配でバンコク経由なので片道約11時間!なので、将棋の本でも読んで暇つぶそう
と思う。

パリで将棋を知っている人に出会うかもしれないので、そのときは
将棋で国際交流というのもしてみたいですね。

さてと、まだ荷造りが終わっていないっ( ̄_ ̄ i)
自分の無計画ぶりをみると鬱になってきます(笑)
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/25 00:50 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

朝青龍、復活?

私のもう1つの趣味は相撲観戦。なんだか爺臭いなw

朝青龍、全勝を守りましたね。序盤内容が悪いながらも勝ちながら強さが増していく。
かつての貴乃花なんかはそうでしたね。序盤でとりこぼしても徐々に内容がよくなっていく

今場所の朝青龍は期するものがあるでしょう。先場所、その前のバタバタと崩れる姿は
2005年の最強朝青龍の面影がなく、引退危機と騒がれてもおかしくないないようだったから。
やっぱりこの人は憎まれてナンボだと思う。なんか彼が引退すると、大相撲がスパイスの効いてない
料理みたいになっちゃう。

それとマスコミは朝青龍を叩き過ぎ。07年のいわゆる「サッカー騒動」以来の朝青龍に関する報道
は個人的にはあまり快く思っていない。ちょくちょくモンゴルに帰る横綱も少し自重したほうが良いとは思うけど。ちょっとした出来事で騒ぎすぎですよ。

それと、ここ数年の相撲界に関する報道、テレビのコメンテーターの発言を聞いていると、
横綱の「品格」とか「国技の伝統」という言葉がなんかひとり歩きしているように思うんですよ。
「品格」とは「伝統」というものは何なのか、ちゃんと理解している人は少ないんじゃないだろうか
相撲オタクの私でもよく理解していなかったですし。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/23 23:01 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

『光速の寄せ』~終盤から逆算して考える~

将棋はどうすれば上達するか

級位者にとって一番難しいのが、中盤から終盤にかけての戦い方だと思う。
「詰将棋マニアだけど指し将棋は全く駄目です」とか「指定局面まではスラスラと指せるんですけどね、これにて良しから分からない・・・」という意見をよく耳にする。私はどちらかといえば後者のタイプ
だ(だった)。定跡本を読むのは好きだし、プロの観戦もよくするので序盤の戦型についてはある程度理解していたが、中終盤での逆転負けが多かった。(今はどちらかといえば序盤のほうが酷いが)

最終盤の詰めはある程度5手詰めぐらいの易しい詰め将棋をこなせば力はつく。
序盤の定跡も、頻出の戦型、好きな戦法の本を読んで真似れば、有段者、プロ
と同じように指せるようになる。

これに対して、中盤から終盤は、駒の損得、速度、自玉の安全度・・・etc様々な要素が複雑にからんでいる。最終盤の詰めのように単純ではないし、序盤のように体系的に説明し、理解できるものでもない。

本書は、将棋の中終盤、特に終盤の戦い方を法則化し説明しようと試みたものである。
第1章で囲いの長所と弱点が説明される。囲いの急所を知ることで、中盤から終盤でどこを目標にするか方針をたてられるようになる。

第2章は囲い崩しの手筋、3章は頻出の詰み筋を解説。ここは何度も読んで暗記しておきたい。
詰み形、詰み筋をたくさん覚えれば覚えるほど、速く寄せられるようになる。

そして第4章は谷川の実戦譜。谷川が中盤から終盤にかけてどのような方針で戦っているかが分かる。この章は一番難しいが、並べながら読むことで、谷川流の中盤から終盤の考え方が漠然とながら
つかむことができるだろう。
王座戦中継の谷川の解説を読んでもわかるが、プロは最終盤の詰み形をイメージし、そこから逆算して寄せの構図を描いている。


とまぁ、偉そうにレビューしてみたが、相変わらず筆者の中終盤の寄せは下手糞だ。
本書も段ボール箱に1ヶ月ぐらいしまっていた(笑)
改めて読み直して勉強しなければ。





このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/21 23:20 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)

開始

ブログをはじめます
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2009/09/16 22:59 ] ブログ | TB(0) | CM(0)