スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相掛かり棒銀vs△8五飛(NHK杯山崎vs羽生)

一昨日、新刊の『最新の相掛かり戦法』(野月浩貴七段著)を購入。

近年、相掛かりは引き飛車型が登場して定跡が目まぐるしく変わっている。しかし名人戦などの大舞台で登場する割には相掛かりの定跡書は少なく、よく分からない戦型というイメージを持っているアマチュアは多いと思う。本格的な相掛かりの定跡書は10年以上振りのようだ。
一読してみたが、野月さんらしい、分かりやすく丁寧な解説で良書だと感じた。
詳しいレビューは気が向いたら後日改めて記してみたい。




今日のNHK杯、山崎羽生戦は、先手山崎得意の相掛かり引き飛車棒銀、これに後手は△8五飛と浮く最新の対策で応じた。

aigakari_yamasaki1

ここで▲2五銀と出られるのが後手としては気になるが、△3五歩から△3六歩と飛車のコビンを攻めるのだろう。
激しい攻め合いになるが、先手それほどうまくいかないようだ。先手は▲6八銀と自重、後手は△7五歩と先手の角を使いづらくする。これに先手は7五の歩を目標にして銀を繰り出した。

中盤
羽生山崎2
第2図、山崎らしい▲8八金寄り!、普通の人なら思いつかないような手が出た。狙いは7筋に飛車を回っての▲7四歩。確かにこれはまともに食らうと厳しい筋だ。そういえば、山崎は去年のNHK杯羽生戦でも2二金型のまま右玉の飛車を3筋に展開していた。普通の人なら金は7八(3二)に置いておきたいと考えるところだが、山崎さんは形の悪さをあまり気にしない。

羽生さんも意表をつかれたようで、ここで時間を使ったが、▲7八飛に角を切って△6七銀と打ち込んだのが好判断。
△5六銀成から4六の角を取ってその角を8五に打ったのが好手だった。
以下、細かい攻めを巧くつないて羽生の勝ち。最後は大差となったが、後手が羽生でなかったら逆転してもおかしくない将棋。山崎の粘りもしぶとかったが、羽生さんの攻めのつなぎ方が完璧だった。
流石ですねぇ。

最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/02/24)
野月 浩貴

商品詳細を見る



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/28 21:29 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

棋王戦は久保快勝 

佐藤康光九段(挑戦者)の先勝で迎えた今日の棋王戦第2局。

午後から外出したので、リアルタイムでは観戦できなかったので、今棋譜を確認。
第1図のあたりで、ネット観戦を中断して外出した。
satokubo

先手が▲9八香と上がった瞬間に後手が△2四歩から"逆棒銀"に出た。
本譜の場合、▲9八香-▲8八玉の形が中途半端、終盤に△9九銀と尻から打たれて寄せられる危険性のある形である。「9八香-8四歩の交換は後手の得、ここが仕掛けどころ」と久保さんはみたのだろう。

帰宅してから、第1図以降の進展を確認したが、やはり、▲9八香-▲8八玉の形が祟る展開となってしまった。
△4四角-▲7七桂の交換で先手の玉形はさらに酷い形に。
ただ先手悪形だったとはいえ、途中まではかなり難解な展開だった。それでもしっかりと寄せきった久保棋王の手順が見事だった。

(最近の)佐藤将棋のファンとしては、本譜の構想は面白くいつもながら楽しませてもらった。
ただこういう挑発的な構想は、負けたときに本譜のように酷い形になってしまうのは悩ましいところだ。
また外野から色々と言われるんだろうなぁ。。。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/27 22:41 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

振り飛車は角のニラミが命?



最近、指す将棋のほうでは(角道を止める)三間飛車を使うことが多くなった。銀を5七から4六に使えるのが個人的には好みである。場合によっては3七銀引と固めることもできる。相手の作戦に応じて銀の動きを変えられるのが三間飛車の魅力だと思う。

三間飛車といえば、コーヤンこと中田功七段が有名だ。その中田七段の師匠は、故・大山康晴十五世名人。大山先生はいわずと知れた振り飛車の大家で、三間飛車も得意とされていた。

上の動画は、1985年のNHK杯、二上九段戦のもの。
先手大山先生の三間飛車に二上九段は玉頭位取りを採用。
大山二上
第1図、▲7五歩に△3一角と引いたところ、7五の歩を守るには▲6八角と引くのが普通に見えるが、大山は▲6五歩と角道を開けて大捌きを見せる。△7五角には、丸田九段の解説にもあるように▲4五歩△同銀左▲4四角△5七角成▲同金△4四歩▲7一角で決まってしまう。飛車が逃げれば次の▲4四角成が厳しい(銀香両取り)

よって後手は△8四飛と自重した。この後も角は引かずに7七のままで敵陣にニラミを利かせる。
oyama,hutagami
第2図、依然として△7五角とは取れない(▲3三角成~▲7五飛がある)。しかも次に▲3四歩と打たれると困るので△3四銀打と辛抱。これには手順に▲4六銀と上がる手が味が良い。以下、大山がリードを守って103手で勝ち。

ギリギリまで角のニラミを利かせる大山先生の指し回しは非常に参考になる。
そういえば、弟子の中田七段は、『最新戦法の話』でのインタビューでこう答えていた。
石田流は組み方がよくわからない。自分の好みに合わないのです。・・・(中略)
だけど、石田流にするためには、角を引くなどして、自分からこのラインからはずれてしまう。角がこのラインからズレると、穴熊がとても堅く見える。
「振り飛車の長所は?」と聞かれたら、私は真っ先に「角が敵陣をにらんでいることだ」と答えます。だから、コーヤン流は角に頑張ってもらうための戦法なんです。 
最新戦法の話、p244


やはり、この師弟はどこかで深く血がつながっているのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/25 22:21 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)

第59期王将戦七番勝負第4局

ここ最近、公私共に忙しかったので更新が滞っていました。

さて、17日~18日の王将戦第4局、
久保棋王が後手ということで、やはり予想通りゴキゲン中飛車、対する羽生王将が「丸山ワクチン」から左美濃に組む作戦に出た。

封じ手直前、羽生王将が玉頭から積極的に仕掛ける。検討陣も予想していなかった早い仕掛け。このタイミングなら後手の4二の銀と3二の金を無力化することができると考えたのだろう。大局観に明るい羽生さんらしい仕掛けだなぁと思ってみていた。このあたりの考え方は観ていて参考になる。

2日目、羽生が▲2三角と打ちこむ(第1図)、これに△同金は先手が良さそうだ。
羽生久保
ここで△3一金と引いた手が、馬を作られてしまうので指しにくいが好手だったようだ。大山十五世名人の将棋を思い出させるような、渋い金引きだった。

しかし、先手の玉頭からの攻めはなかなかふりほどくことができず、第2図を迎える
羽生久保3
ここで羽生は▲3三馬!と桂馬を補充。狙いは▲8四桂だ。馬を捨てても▲8四桂で勝ちとみたのだろう。
しかし、ここで△3三銀と馬を取らずに、△7七歩成が利いた。△7七歩成に直ぐ▲8四桂としたが、いったん▲同銀と手を戻すほうが優ったようだ。▲8四桂に対する△同銀が冷静な応手で、以下は久保優勢となった。

最後はあっさり、74手の短手数で羽生王将が投了。これで久保挑戦者の3勝1敗となった。

今期は羽生王将の「マジック」的な手(例えば前局の△7六飛、本譜の▲3三馬)にも冷静な対応をみせている。このまま勢いに乗って奪取しそうだ。特に次局、第5局が先手番なのが大きく、おそらく主戦の石田流を投入するであろう。逆に第5局石田流で取れないようだと羽生王将に流れが傾いてしまう可能性がある。久保挑戦者からすれば、次局で一気に決めたいところだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/20 00:42 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

朝青龍はある意味「被害者」だ

4日の朝青龍の突然の引退会見、相撲オタクの私にとって非常に衝撃的だった。

初場所中の「暴行事件」からの一連の騒動の責任を取っての引退とのこと。一部報道では「自ら引退しなければ解雇処分を出す」という協会からの圧力があったという。

正直、残念だ。「残念」というのは「辞めなくても良いのでは」という意味でである。酔っ払って暴行した、確かに悪いことである。ただ、一言謝罪して、減俸、謹慎などの処分を受ければ良いのではないかとみていた。

今回の場合、高砂親方、マネージャーの一宮某の対応もまずかった。朝青龍本人のやったことも悪いと思うが、それよりも親方、マネージャー、協会含めて朝青龍を管理・教育することができていなかったことのほうに問題があるのではないか。

好角家のデーモン小暮氏が、横綱引退に関して次のようなコメントを発表している
今回の件を見て、外国から来た新弟子には相撲の技術だけではなく日本の文化や美徳を教えることも、やっているのだろうが、今以上にかなりの重きを置いて叩き込む必要があると、強く感じる。そういう意味では、そういうことを深く理解できないまま番付ばかりが上がってしまった朝青龍、身近に暴走を諌める人がいなかった朝青龍はある意味かわいそうな存在(被害者)であったとも言える。
デーモン閣下の地獄のWEBROCK


閣下の意見にほぼ同意だ。横綱とはどういうものなのか、「横綱の品格」とは何か、これは日本人でもちゃんと理解している人は少なく、非常に難しいものなのだ。それなのに、横綱に求められる品格とは何かをしっかり教育することなく、いざ事が起きたら本人だけに責任を負わせる。これでは、かわいそうだ。

前から感じていたことだが、朝青龍に関しては「品格」という言葉だけが独り歩きしていたような気がする。普段相撲を見ないような人達が、テレビで「品格」「伝統を汚した」と言っているのを見ると腹立たしく思う。

閣下もいうように一アスリートとしては「超優秀」だった。そして彼の相撲はただ強いだけではない、「魅せる」相撲であった。超一流のアスリートであり、かつ一流のエンターテイナーであった。そのことを私たちは忘れてはならない。
まぁ彼のようなタイプの人間には日本の大相撲は合わなかったのかもしれない。しかし、閣下も言うように横綱として成長した姿を見せてほしかったなぁ。そういう意味で本当に残念だ。

第2の人生、その持ち前の明るさを生かして成功をおさめてほしいですね。お疲れ様でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/02/06 20:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)