スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第60回NHK杯 丸山忠久vs三浦弘行

昨年もNHK杯の準々決勝で当たった両者。前期は横歩取り8五飛vs新山崎流の将棋で激しい戦いとなった。最終盤、三浦が長手数の詰みを逃したのが印象に残っている。

本局は後手三浦の横歩取らせ、△8四飛型+中住まい。最近△5二玉型の「一手損横歩取り」(場合によっては4一玉型で戦う)が増えているのでそれかと思ったが、これは普通の中住まい。「一手損横歩取り」ならば先に△5一金と囲うことが多い。序盤は猛スピードで指し手が進んだが△7二金をみて丸山の手がパタリと止まった。
角を交換して△8五飛の局面は「僕もあまり見たことがない。▲7五角のところは未知の局面」(解説の深浦康市九段)

△5五角と香取りに打たれて▲8六角と引かされた格好はあまり良くない。序盤は「ぱっと見三浦さんがうまくやった。8六角の位置が良くない。」(深浦九段)

お互いに手を殺しあう難解な将棋となった。
先手は角を交換して▲5六角(53手目)で桂頭攻めをみせる。後手が8五に桂馬を跳ねたのに対して▲6五角(59手目)~▲7六飛も難しい手順だ。そこから角を3四に移動して中住まいの弱点であるコビンに狙いをつけたが
maru_miura_1

角の素抜きを狙われた上図で▲7七歩が渋い受け。確かに盤上この一手だが、なかなか指せない手だと思う。
この辛抱で丸山が流れを引き寄せたか。

先手は桂取りをみせて、後手の攻めを催促する。そこで後手は角切りから猛攻を仕掛けたが、丸山の冷静な受けの前に切らされてしまう。手がなくなった後手は△3三金(88手目)から守りの金を繰り出して飛車角両取りをかけるが、▲4三角成から飛車を成られて先手優勢

対して△1四角も先手玉のコビンに狙いをつけて迫力があるが、先手の攻めのほうがが速い。▲4六龍と金を払った手が逆転の芽を消した決め手となった。△4七馬に▲同龍が詰めろで綺麗な一手勝ち。

全体的に難解だったが、対局前に解説の深浦九段が言っていたように、「ねじりあい」の見ごたえのある将棋だった。

これでベスト4が出揃った。羽生渡辺糸谷丸山、昨年と同じ顔ぶれというのも珍しいのではないか。羽生渡辺丸山は常連どころなので驚かないが、糸谷五段の2年連続4強は素晴らしい。今期NHK杯も大詰め、残り3局楽しみだ。

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/28 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第36期棋王戦五番勝負第2局 ゴキゲン中飛車超急戦

棋王戦第36期中継サイト

ゴキゲン中飛車の▲5八金右からの超急戦となった。この戦型は居飛車とゴキゲンの意地と意地のぶつかり合い。ゴキゲン中飛車の命運をかけた戦いである。

37手目の▲1三龍が「新手」。最近は▲6五香打が主流だった。有名なところでは昨年の王将戦第6局羽生久保戦がある。
部分的にはある竜引きだが、今までこのタイミングでは無かった。「新手」の▲1三龍だが、水面下では何度も指されてそうではある。実際に,渡辺遠山の研究会でこの形が指されていたとのこと。
棋王0226_1

47手目の▲2八歩は見えていても指しにくい手。この将棋は既に終盤戦なので駒の損得よりもスピード。2手かけて角を取る手が間に合うとは思えなかったが、竜王の決断は早かった。ここも研究の範囲内だったのだろう。角を取ってから▲3六角(51手目)が攻防で厳しい。気づいてみれば、トッププロ同士では縮まることのない差がついていた。

銀を4五に引かせてから、1四角→4一角成(詰めろ)→6三角成(詰めろ)の角の大移動。最後の▲6三角成が決め手となって渡辺竜王の勝ちとなった。まさに「勝ち将棋鬼の如し」である。

感想戦によれば▲2八歩のところで△2二銀なら難解だったようだ。今日の▲1三龍の「新手」、まだまだ難しい変化が沢山埋もれていると思う。今日の将棋だけでは結論が出せないだろう。ゴキ中党の巻き返しに期待したい。


これで番勝負は1勝1敗のタイとなった。相手のエース戦法を超急戦で破っての勝利なので、この1勝は2勝分の価値があると思う。第3局は久保棋王の先手番で石田流が予想されるが、竜王がどのような対策を見せるかが見物だ。


遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)
(2010/07/28)
遠山 雄亮

商品詳細を見る










このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/26 23:59 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

羽生善治『大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)』

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21 C 198)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21 C 198)
(2011/02/10)
羽生 善治

商品詳細を見る


<デビュー25周年を迎えた羽生善治の言葉>
<棋士人生の後半戦に向けた羽生善治の決意>


当ブログでも紹介したが、先月1月31日は、羽生善治名人が公式戦デビューを果たした記念日だった。(→「羽生善治名人、プロデビュー25周年!」)史上3人目の中学生棋士としてデビューしてから今年で25年。25年後には65歳、引退していても不思議ではないことを考えると、棋士人生の折り返し地点を迎えたとも言える。本書は、満40歳を迎えた羽生名人が、25年のプロ棋士生活のまとめとして執筆したものである。


ここ数年、羽生は「大局観」という言葉をよく使うようになった。年齢を重ねるにつれ、若い頃よりも読みの量や瞬発力は衰える。では、将棋は若い人のほうが有利なのかというと、そうではない。将棋は「読み」と「大局観」のゲームであり、「大局観」は経験を積めば積むほど精度が上がっていく。「大局観」とは文字通り大局に立って考えることであり、「大局観」を駆使することで無駄な読みを省略できるのだと羽生は語る。

本書では触れられていないが、羽生は講演等で大山十五世名人の例を挙げる。大山将棋について羽生は「大山先生は深く読んで指しているようにはみえなかった。それなのに急所にスッと手が伸びてくる」(※)と述べる。

晩年の大山名人は読みの量は衰えていたのかもしれないが、谷川、羽生ら若手強豪を倒し、69歳で亡くなるまで第一線で活躍し続けた。有望な若手が続々と出てくる将棋界、これからは羽生も下の世代との対局が増えていくだろう。羽生名人にも「読み」の力では若手に負ける時が来るかもしれないが、「大局観」では彼らには負けないという強い意志が感じられる。

「大局観」は後期羽生将棋を語る上で重要なキーワードとなるだろう。


最後に、第5章のまとめが強く印象に残ったので引用する。
私はこれまで、何と闘うという目標を立ててやってきていない。
信じていただけないと思うが、常に無計画、他力志向である。
突き詰めると、「結論なし」となる。人生は突き詰めてはいけないと思う。何のために闘うのかは、七十歳になってから考えたいと思う。

「七十歳」という言葉に反応したのは私だけだろうか。「常に無計画」と述べているが、七十歳までは若手に負けずに一線で闘い続けるぞという決意とも読み取れる。羽生ならば「69歳A級」の大山十五世名人を超える活躍を見せてくれるのではないか。今後羽生がどのような進化をみせるのか楽しみだ。

符号は全く出てこないので将棋を知らない人でも読める。
昨年末から数えると羽生本も4冊目。「また羽生本か!」と思われた方もいるかもしれない(笑)が、内容は非常に面白いのでぜひ読んでみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/25 21:00 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)

第69期順位戦B級2組9回戦まとめ

名人戦棋譜速報

日曜日のNHK杯が熱戦だったのでそちらを先に更新しましたが、先週金曜日に行われたB級2組順位戦の結果を簡単にまとめておきます。

田中寅彦九段(2勝7敗)○-●阿部 隆八段(4勝5敗)
橋本崇載七段(8勝1敗)○-●先崎 学八段(3勝6敗)
森下 卓九段(1勝8敗)○-●土佐浩司七段(3勝6敗)
飯塚祐紀七段(4勝5敗)●-○北浜健介七段(7勝2敗)
堀口一史座七段(4勝5敗)○-●神谷広志七段(4勝5敗)
青野照市九段(3勝6敗)●-○桐山清澄九段(3勝6敗)
戸辺 誠六段(6勝3敗)●-○窪田義行六段(5勝4敗)
南 芳一九段(5勝4敗)○-●畠山成幸七段(5勝4敗)
中川大輔八段(8勝1敗)○-●佐藤秀司七段(2勝7敗)
飯島栄治七段(6勝3敗)○-●安用寺孝功六段(3勝6敗)
野月浩貴七段(4勝5敗)●-○島  朗九段(7勝2敗)
泉 正樹七段(4勝5敗)●-○阿久津主税七段(7勝2敗)

個人的に面白かったのは、千日手指し直しとなった泉阿久津戦、窪田ワールド全開の将棋だった窪田戸辺戦の2つでしょうか。あとはゴキゲン中飛車からの相穴熊となった飯塚北浜戦は、日曜日のNHK杯羽生佐藤と37手目まで同一進行なので参考になると思います。

この結果成績は以下のようになりました。

【8勝1敗】中川(8位)、橋本(15位)
【7勝2敗】阿久津(3位)、北浜(6位=ここまで昇級ライン)、島(10位)
【6勝3敗】戸辺(21位)、飯島(22位)
【5勝4敗】南(14位)、畠山成(17位)、窪田(19位)
【4勝5敗】阿部隆(1位)、堀口一(2位)、野月(5位)、飯塚(9位)、泉(16位)、神谷(18位)
【3勝6敗】先崎(4位)、青野(11位)、安用寺(12位)、桐山(20位)、土佐(24位)
【2勝7敗】田中寅(13位)、佐藤秀(23位※=降級)
【1勝8敗】森下(7位※)

昇級争いは「闘う理事」こと中川八段、BARオーナーの橋本七段、「目ヂカラ」の阿久津七段、「係長」こと北浜七段の4名に絞られました。

事前予想で昇級候補本命に挙げていた阿久津七段は、1敗勢の結果待ちとなります。阿久津七段は過去順位戦の通算成績が70勝30敗、ちょうど7割の勝率を残しているのですが、全勝・1敗が一度もない、つまり毎年最低2つは落としているんですよね。今年は順位が良いので8勝2敗でも上がれると思っていましたが・・・安定した勝率を残しているのに上がれないというのは、C級1組時代の屋敷プロを思い出します。

中川さんは連盟理事、ハッシーはBAR経営との兼業で忙しいと思うのですが、これだけ勝つのは凄いですね。

最終戦、中川八段は畠山成幸七段(降級点消去がかかっている)、橋本七段は北浜七段との直接対決、阿久津七段は安用寺六段との対戦となります。

なんとなく北浜七段の「まくり一発」が見られそうな予感がするのですが、果たしてどうなるでしょうか?

降級点(4名)は佐藤秀、森下の2名が決定。佐藤秀司七段は2個目の降級点で降級が決定しました。
残る2枠は青野九段から田中寅九段まで5人に可能性が残っています。

森下九段、佐藤秀七段、いずれも手厚い棋風の矢倉党の2人が降級点をとったのは、棋界全体で矢倉戦が減っていることと関係があるのでしょうか?(寅彦先生も矢倉党ですね)森下九段は順位戦以外はそれほど成績は悪くないようなので、来期以降の復活に期待したいですね。

B級2組最終戦は3月4日(金)に行われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/22 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

第60回NHK杯準々決勝 羽生善治vs佐藤康光

羽生佐藤戦、将棋界屈指のゴールデンカードだ。解説はNHK杯優勝7回の加藤一二三九段。
楽しみにしていたファンも多いだろう。
対戦成績は92勝49敗。かつては毎年番勝負を戦っていた両者だが、最近は佐藤さんの不振もあり、対戦が減っている。


将棋は、後手佐藤のゴキゲン中飛車から相穴熊になった。
▲4六飛までは実戦例のある形。(ちなみに金曜日の順位戦飯塚北浜戦が同じ将棋だった)3三桂で▲4四飛~▲4三角を受けてその桂馬をさらに2五に跳ねたのが佐藤の趣向。「桂馬の高跳び歩のえじき」になりそうだが、直ぐには桂取りは実現しない。後手とすればこの桂馬をおとりにして反撃するのだろう。

▲8四角から角をスパッと切って端攻めを仕掛ける。続いて金を9三にぶち込んだ。露骨だがこれが穴熊らしい攻めだ。とにかく食らいつけば勝ちという実戦的な迫り方だが、一目細いようにも見える。攻めが続かないと先手玉も危ない。事前に△8七歩▲同金を利かしていた効果で△7五桂がある。攻防の▲7五歩(75手目)に△7六歩が最強の反撃。互いに一歩も引かない。

最強手の応酬を経て迎えた98手目(下図)の局面

habu_sato96kin

▲9六歩と受けるのは△7九竜で先手玉に必至が掛かってしまう。このとき後手玉は4四の角が利いているために詰まない。
「佐藤九段の勝ちです!」解説の加藤九段は断言したが・・・

▲9六金!の移動合いが妙防。

加藤九段「ひゃあー、もう、大変な驚きの一着!」
△同香なら▲8七玉から上部へと逃げられてしまう。そこで後手は△5二玉の早逃げだが▲7八銀と金を取って先手玉が一気に安全になった。どの時点でこの▲9六金が見えてたのだろう?

加藤九段「これは羽生さんの勝ちです!」
わずか1~2分の間に加藤さんの結論も覆ってしまった(笑)

これで決まったと思ったが、そこからの佐藤九段の粘りも凄かった。投了してもおかしくない局面が続いたが最善の頑張りで入玉を狙う。9一にいた佐藤玉はいつの間にか2五の地点にたどり着いていた。

佐藤の粘りで怪しい雰囲気になったが、羽生が何とか逃げ切り勝ち。必死の遁走を続けた佐藤玉だがついに147手目4六の地点で捕らえられた。

終局直後の2人の表情が熱戦を物語っていた。歴史に残る名勝負となったのではないか。加藤先生の解説も熱戦を盛り上げる名解説だった。▲9六金はまさに「羽生マジック」。期待通りの良い将棋だった.



永久保存版 羽生vs佐藤全局集永久保存版 羽生vs佐藤全局集
(2006/09)
日本将棋連盟書籍

商品詳細を見る

↑200局超えも夢じゃない!いつの日か全局集第2弾が出てほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/20 23:24 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)