スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王位戦第6局は羽生二冠が勝ち、最終戦へ

棋譜:広瀬章人王位 対 羽生善治二冠

第6局は角交換型の相振り飛車となった。前例の少ない力戦形ということもあって序盤から一手一手の意味が難しい戦いだった。

後手が6四に打った角が働くかどうかが序中盤のポイント。しかし、2日目に入ってその角が8二に隠居して「壁角」となってしまった。48手目の局面は後手の3三の桂馬も取られそうで先手が良さそう。

感想にもあるように49手目の▲7八角では▲2六歩と突いて▲3四歩から桂馬を取りに行くほうが良かったと思う。角は成れるが、飛車を取っても大したことがない。「壁銀」ということを考えるともう少し安全運転でいくべきだったのかもしれない。

そうこうしているうちに後手の角も働き出して3三の桂馬にも逃げられてしまった。形勢は逆転、後手ペースに。

△3七角(80手目)はごつい。以下の攻めはひと目細いようにも見えるが、後手玉が堅いので成り立つのだろう。防戦一方の先手だが、駒得なのでここを凌ぎきればチャンスが巡ってきそうだ。しかし、なかなか手番が回ってこない。そこで▲5一と(103手目)と捨ててスピードアップを図る。△同銀に▲4六角は不思議な手順だ。飛車を逃がしてからの▲5三桂に期待をかけた。


攻防風の▲2六角で5三の桂馬に紐をつけたが、△5六金以下寄せられてしまった。
しかし、ここでは▲7五角!という手があった。詳しくは中継ブログを参照されたい。
「最終盤での妙手順」王位戦中継ブログ)

9三の地点を狙うのが急所で、もう一枚金が入れば▲6一飛△8二玉▲9三銀以下の詰みが生じる。よって△5六金と、金を渡すのはダメなので△5三金と桂馬を払うのだろうが▲5七角とこちらも金を取って、長い戦いになりそうだがこれならば先手が勝てそうだ。

控室、そして将棋ソフトも発見できなかった幻の妙手▲7五角。これで勝っていたらカッコ良かったですね。

最後は妙手を逃してしまったが、熱戦の良い将棋だった。難解な将棋だったけれども見ごたえがあった。
第7局、振り駒でどちらが先手番となるか、そして広瀬王位は穴熊を投入するのかどうか?序盤から目が離せない戦いになりそうだ。最終局も熱戦を期待します!





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/31 07:30 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)

8月28日 第61回NHK杯2回戦 松尾vs杉本

松尾歩七段対杉本昌隆七段、どちらかといえば地味な顔合わせとなった。むしろ本局の見どころはNHK杯初解説の豊島将之六段だったかもしれない。TLでも「頑張れ豊島くん(きゅん)」の声が多かったような。

杉本七段のゴキゲン中飛車に、先手は「超速」ではない旧式の▲3七銀急戦で対抗。最近は4九金型のまま6八銀→7七銀と上がる将棋が多いが、本局は先に▲5八金右(21手目)として5筋に備える。

▲9七角(45手目)に後手は△9四歩と端から反撃していったがあまり戦果が得られなかった。後手は囲いが中途半端で2一の桂馬も捌けず苦しい戦いとなった。


最終盤、△9四玉に▲8二金ならば後手玉は必至で先手勝ちだった。△8八銀or△6五桂には▲8七玉で先手玉に詰みはない。ところが、松尾はこれを逃してしまう。言われてみれば簡単な必至だが、これを逃してしまうのが30秒将棋の恐ろしいところ。これで後手にチャンスが来たかと思われたが、それでも先手が余していたようだ。駒を渡せないので後手からの迫り方も難しかった。

最後は▲6五角(129手目)がぴったり詰めろで勝負あり。最後は冷や汗の勝利だったが、松尾七段が3回戦進出。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/29 23:09 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

今日から王位戦七番勝負第6局@陣屋

王位戦中継サイト

今日(8月29日)明日と王位戦七番勝負第6局が神奈川県秦野市「陣屋」で行われます。

先週行われた第5局は相穴熊戦となり、広瀬章人王位が完勝。「穴熊王子」の面目躍如と言うべき見事の指し回しだった。

ここまでの5局を振り返ってみると、第1局、2局は広瀬王位が終盤の競り合いを制して勝ち。第3局は早い段階で優劣がついて羽生二冠の勝ち、第4局は前例どおりの展開で羽生勝ち。そして第5局は広瀬王位が早い段階で優勢となって4時前に終局。最近3局は(こういう言い方は失礼だが)やや盛り上がりに欠ける内容になっている。第6局はどちらが勝っても熱戦を期待したいところ。前期第6局のような名局になると良いですね。

戦型は広瀬王位先手ということで相居飛車か相振り飛車。第4局に続いて横歩取りもあるかもしれない。対抗形の穴熊にはならないと思う。

なお、対局2日目の明日は現地陣屋と東西の将棋会館で大盤解説会が行われる。解説会の情報はこちら(中継ブログに飛びます)


四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
(2011/04)
広瀬 章人

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/29 07:00 ] 王位戦 | TB(0) | CM(0)

第49回奨励会三段リーグ&関西奨励会の里見さん

第49回三段リーグも大詰めを迎え、残すところあと2戦となっている。

第49回三段リーグ戦(日本将棋連盟)

高見泰地三段(5位)が12勝4敗で単独トップ。次いで5敗で竹内貴浩三段(21位)、上村亘三段(25位)、6敗で斎藤慎太郎(1位)、都成竜馬(6位)ら8人が追う展開となっている。

首位の高見三段は順位が良いため最終戦連敗でも上がる可能性が高い。昇段を逃すパターンは残り2戦で2連敗し、竹内、上村、斎藤のうち2人が2連勝の場合。2連敗でも上がれそうだが、1つ勝って自力で決めたいところだろう。

2番手争いは混戦。注目は前回次点の斎藤慎太郎三段。今回も次点ということになれば次点2回でフリークラス編入の権利を得るが、その権利を行使するかどうか。まだ若いので佐藤天彦さんのように権利放棄することも十分考えられる。

関西奨励会(関西将棋会館HP)

関西奨励会1級に編入した里見香奈女流三冠。成績については上記リンクで見ることができる。8月8日例会までの通算成績は10勝5敗と順調に来ている。これまでの星取表は以下の通り。

里見奨励会1

前回(8月8日)の例会で1級勢全員との対戦が終了し、ここから2周り目に入る。今回3連勝ならば直近良いとこ取り12勝4敗で入品(初段昇段)の目があったが・・・

結果は、1勝2敗。

これで入品までは6連勝(16勝6敗)、8勝1敗(18勝7敗)となった。入会直後は5連勝と好スタートを切ったがここ最近の成績を見ると壁にぶち当たっているのかもしれない。


女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け
(2010/07/21)
里見 香奈

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/26 06:30 ] 奨励会 | TB(0) | CM(0)

8月21日 第61回NHK杯2回戦 糸谷vs北島

日曜日のNHK杯の感想。
NHK杯2年連続準優勝の糸谷哲郎五段と北島忠雄六段の対戦。前期NHK杯、39手で丸山九段を倒した将棋は記憶に新しい。糸谷丸山戦の反響は大きく、このBlogも放映翌日のPVが過去最高を記録した。(いつもと比べて5倍以上はあったと思う)

後手北島六段が4手目△9四歩から角交換向かい飛車を採用。この形もだいぶ定跡化が進んだ。序盤は▲8二角や▲6五角を打つチャンスがあったが、それらを全てスルーして着々と駒組みが進む。(▲8二角には△9四歩の効果で△9三香と逃げられる。▲6五角には△7四角と合わせる。)

後手は片銀冠、対して先手は7筋、6筋の位を取って模様を張る。後手が先手の7筋の位に反発して戦いが始まった。


43手目の▲3一角。△3二飛で部分的には角が死んでいるが、▲7五角成△同銀▲同銀で▲7四歩が残ってこれは先手有望。しかし、△5二飛~△5一飛で角を捕獲したのが好手順。▲7四銀と取らせたことで7四歩も消している。後手が冷静な切り返しでリードを奪った。

△4二角(50手目)は角交換型の振り飛車ではよく見られる自陣角。先手の薄い端に狙いをつける。先手は勢い▲2四歩と突っかけていったが△2四同角(54手目)をあまり読んでいなかったのかもしれない。この辺り糸谷五段の「長考」が続く。普通は▲2四歩を突くときに考えるものだけれども、この時間の使い方はある意味糸谷さんらしい。



上図の△4九角(60手目)が好手だった。▲5八銀で打った角は死ぬが、その瞬間△4六角と飛車取りに出る手がある。しかし、代わる手もなく先手は考慮時間3回使って▲5八銀。△4六角▲4八飛に△5八角成から二枚換えで後手優勢となった。

そこから糸谷五段も激しい追い上げをみせ後手玉に迫るが、少しずつ足りない。9筋の位が大きく後手玉になかなか詰めろがかからないのだ。延々と粘ってみせたが最後は即詰みに討ち取られ投了。

感想戦での北島六段の優しい笑顔が印象に残った。表情は穏やかだが、将棋の指し手は厳しい。そのギャップに魅力を感じたファンも多かったのでは?屋敷、糸谷と強豪を連破し今期は台風の目となりそうだ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/08/25 06:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)