スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

藤井渡辺の激闘/第53期王位戦挑戦者決定戦

王位戦中継サイト

昨日の王位戦挑決は凄い将棋だった。藤井猛九段が渡辺明竜王を破り挑戦者となったが、正直藤井九段が勝つとは思っていなかった。戦前の予想では8:2で渡辺挑戦だろうと思ったのだが、勝負は何が起こるか分かりませんね。

棋譜→第53期王位戦挑戦者決定戦 渡辺明竜王 対 藤井猛九段
藤井九段が後手で最近連投している角交換振飛車になるかと思ったが、4手目△4四歩からまさかの藤井システム。対して渡辺竜王はシステム対策の▲5五角から角を転回して持久戦策を取った。

序中盤は藤井九段のほうがが指しにくい将棋になった。7筋の位+3七の角が後手陣を睨んでおり居飛車の模様が良い。対して後手はまとめるのが難しそうだ。△3五歩(50手目)~△6三金は苦心の手順。先手の角筋を緩和してから△4六歩と突いて捌きに出る。

△4六歩からの仕掛けはやや無理気味だったが、飛車角を捌いて勝負形に持ち込むことができた。しかし今の竜王相手ではきっちり余されて一手負けになりそうだと思った。

あえて両取りをかけさせる▲3四歩(65手目)には驚いた。△6九銀には受けずに▲4二と。次に飛車を下ろして▲5二との"と金攻め"を狙う。▲4二とは「手勝ちを読み切った」と言わんばかりの堂々とした手だが、藤井九段の次の一手(三手)が好手だった。

△4一歩▲3二飛に△6二金引
藤井渡辺王位002

△4一歩(74手目)は受けの手筋で▲同とならば"と金"の位置が悪くなる。対して竜王は3二に飛車を打ち込んだが、"と金"を取らずに△6二金引がこれまた好手。この数手の応酬で形勢は後手に傾いた。

そこから得意のガジガジ攻めで先手玉に襲い掛かる。振り飛車必勝というところまでいったが、竜王も凄まじい粘りで決め手を与えない。藤井先生も何回か明快な勝ちを逃し怪しい雰囲気が漂う。▲7四桂(146手目)が入ったときは形勢が入れ替わったかと思ったがギリギリ後手が残していたようだ。最後は「一歩千金」△3八歩で先手玉を受けなしに追い込んだ。

それにしても、あの竜王相手に逆転勝ちできるとは思わなかった。最近は終盤で競り負けることが多かったが、この将棋は全盛期を彷彿とさせる迫力があった。藤井先生というと「序盤巧者だけど終盤は逆転負けが多い」というイメージがあるが、本当は終盤も強いんです。

藤井システムがというよりは、藤井猛が強かったという将棋だった。

最後に勝又六段のツイートを引用して締めます。



七番勝負でも鰻屋の鰻が見たいですね。相手は強敵だけどなんとか陣屋(6局、7局)まではもつれてほしい。
頑張れ、藤井先生!

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/31 22:54 ] 王位戦 | TB(1) | CM(0)

NHK杯1回戦 中田宏樹vs瀬川晶司

棋譜→2012年05月27日第62回NHK杯1回戦第8局

今期のNHK杯予選は糸谷、村山、戸辺ら若手強豪が次々と敗れる波乱の展開となった。中でも一番驚いたのは前王位の広瀬章人七段が初戦で姿を消したこと。そもそもなんで予選にいるの?という感じなのだが。広瀬さんは昨年度B2だったので基本的には予選スタートだが、各棋戦で活躍しているので「成績優秀者」に入るのかなと思っていた。順当に本戦に出ていたら優勝候補に挙げられていただろう。その広瀬さんを破ったのが今日登場の瀬川晶司四段。本戦出場は3回目となる。過去2回はいずれも1回戦負けなので、今回は3度目の正直といきたいところだ。

将棋は中田宏樹八段が先手で横歩取りになった。後手は8四飛+5二玉型の「今最もナウい」(by豊川)指し方。▲2四歩(33手目)から▲3六飛が中田の構想。3四の銀取りを△3五歩で受けるのではつまらない。そこで瀬川は△7五歩から△6五桂と跳ねて銀取りを受ける。この6五の桂馬は歩のえじきになりそうだが簡単には取れない。

後手は金銀を盛り上げて先手の飛車を押さえ込む。▲1七桂には△1四歩と端から逆襲。後手の駒が躍動する展開で先手が苦しい。解説の豊川七段は「プロ棋士100人に聞いてみたで100人とも後手を持ちたい」とまで言っていた。


苦しい中田は▲6四歩(61手目)と一本嫌味をつける。△同歩は玉のコビンが空いてしまうし、△同飛には▲7六桂がある。
「かと言って放っておくのも、ホットケーキも味が悪い」(豊川)
ここで瀬川四段が指した手は△1六角。以下▲3九金に△3八歩▲4九金△2七桂と進んだが後手の駒が重い。対して先手からは▲5五桂が厳しく形勢が逆転してしまった。

最後は▲2二銀(101手目)という鮮やかな決め手があって中田八段の勝ち。途中までは瀬川さんが優位に進めていたが△3八歩~△2七桂がどうだったか。

今回も初戦突破はならなかった瀬川さんだが、またNHK杯に出られるように頑張ってほしい。応援してます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/28 07:15 ] NHK杯 | TB(1) | CM(0)

第70期名人戦第4局

森内俊之名人の2勝1敗で迎えた第4局。結果を先に書くと羽生善治二冠が勝ち2勝2敗のタイに戻した。

羽生vs森内の名人戦で2勝2敗になるのは意外にも今回が初めて。この2人の対戦は星が偏る傾向があり、過去6度の名人戦は第4局を終えた時点で3勝1敗か4連勝だった。いずれも先に3勝したほうが防衛、奪取している。こういうデータがあったのでこの第4局で後手のブレイクがあるかもしれないと思ったが、またしても先手番の勝利。このままいくと3勝3敗で最終局振り駒勝負ということになりそうだ。

===============

第4局はこのシリーズ3度目となる矢倉。▲4六銀・3七桂の定跡形で第1局は△8五歩型だったが本局は△9五歩型。この形では後手が3七に銀を打つ将棋が最近の主流だったが(最近ではNHK杯決勝▲羽生△渡辺)、森内名人は早めに△3三桂(46手目)と跳ねてマイナーな形に誘導する。

羽生森内70_4_001
封じ手の局面から先手が猛攻を仕掛ける。▲3四歩△同銀に控室では▲1四歩や▲2三歩が検討されていたが、羽生二冠が選んだのは最も激しい▲1五香!(65手目)先手の攻めは細いようだが、切らすのは容易でない。

そこから数手進んで第2図
羽生森内7_4_002
△3三金寄(74手目)が森内名人の悔やんだ一手。対する羽生二冠の▲3六歩が指されてみればなるほどの一着。この手を森内名人は軽視していたようだ。以下▲2六桂(83手目)も厳しく先手優勢がはっきりした。△3三金寄では金直か3四金なら難しかったようだ。

そこから森内名人も粘るのだが、反撃の味がないのが辛いところ。先手陣が磐石で、一段飛車が受けにもよく利いている。後手から△8六歩や△8六桂はあるが駒を渡すと反撃が厳しい。△4三桂(102手目)はしぶとい受けだが、攻めに使いたかった桂馬なのでやはり辛い。

控室では先手の寄せは評判が悪く「変調」とも言われていたが、そんなに悪い感じはしなかった。感想コメントを読むともっと早い決め方があったようだが、これはこれで羽生さんらしい手堅い勝ち方だと思う。

この第4局も序盤で先手がリードを奪ってそのまま勝ち切るという前3局と同じような展開だった。たまには逆転ホームランが飛ぶような将棋も見たいのだが、この2人相手だとそれは難しいのだろう。

木村の矢倉 急戦・森下システム木村の矢倉 急戦・森下システム
(2012/03/24)
木村 一基

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/26 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(1) | CM(0)

勝手に順位戦予想2012

今年も管理人の独断と偏見で昇級者を予想してみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/23 07:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(1) | CM(0)

カロリーナが初戦突破/第2期女流王座戦一次予選

"第2期リコー杯女流王座戦1次予選海外招待選手にカロリーナ・ステチェンスカさんが出場"(日本将棋連盟)
"ポーランド人女子大生、女流プロから勝利 漫画読み興味"(朝日新聞デジタル)

インターネット将棋対戦サイトの81dojoに強いポーランド人(しかも女子大生)がいるということで以前からtwitterの将棋クラスタの間では話題になっていたが、観戦する機会もなかったので実際どれくらいの強さなのか分からなかった。しかし、この将棋を見ると本当に強い!女流プロ相手に序盤からリードを奪い、終盤も力負けしなかった。流石にタイトル経験者の千葉さんには勝てなかったが、力を存分に発揮した。

高群佐知子女流三段との将棋は先手カロリーナの三間飛車。▲7六歩△8四歩に▲7五歩がプロでは珍しく、力戦調の出だしとなった。
棋譜→ 高群佐知子女流三段 対 カロリーナ・ステチェンスカアマ

中盤、カロリーナが軽快な捌きでリードを奪う。▲6三歩(49手目)が軽妙手。△7四歩には再び▲4六角と出る。このあたりカロリーナの手の作り方が巧い。以下互いに飛車を取り合う激しい展開となったが7三の金取りが残って先手が優勢となった。


そこから先手が勝勢というところまでリードを広げたが、高群さんも簡単には土俵を割らない。

クライマックスは111手目~113手目。▲7八角に△3四桂(112手目)が"詰めろ逃れの詰めろ"で後手が凌いだかと思ったがそこで▲3二竜の切り返しがあった。この詰めろの掛け合いは見てて興奮した。

最後は▲6一銀から見事な即詰みに討ち取ってカロリーナの勝ち。159手の大熱戦。高群さんの粘りも見事で良い将棋でした。

===============

カロリーナさんが将棋を始めたのは4年前。きっかけは日本の漫画「NARUTO」だった。作品の中に登場人物が先生に将棋で勝つシーンがあって興味を持ったそうで、そこからネットで調べるうちに将棋にハマったようだ。
将棋を始めてわずか4年でここまで強くなったのは素晴らしい。海外にいても将棋は強くなれることを示してくれたと思う。

カロリーナは来月2日に行われるマイナビ女子オープンのチャレンジマッチにも出るとのこと。日本で実戦経験を積んでますます強くなるんでしょうね。今後が楽しみです。

こちらの記事もオススメ↓
"【世界人間模様】ネットで学び 夢はプロ棋士 ポーランドの新星は20歳女子大生"(Sankei Express)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/05/20 09:48 ] 女流 | TB(0) | CM(0)