スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯2回戦 佐藤康光vs豊島将之

2回戦屈指の好カード。決勝で当たってもおかしくない組み合わせだ。過去の対戦成績は佐藤の3勝、豊島の2勝。そのうち4局は王将戦の挑戦者決定リーグで顔を合わせている。

戦型は後手佐藤のダイレクト向飛車。対して先手が▲6五角打つかどうかが序盤のポイントだが、豊島は▲6五角を打った。4三に角を成って、6一の金と交換して▲7五金で角を捕獲するところまでは定跡手順。△3五歩~△5四歩(22手目)が佐藤の工夫のようだ。

先手は▲7七桂から8筋に飛車を転換。対して後手も△8一飛と回ると思われたが、佐藤は△9四角と角を投入して受けた。少し欲張った指し方だが、△7五歩からの反撃も狙っている。
20130929佐藤豊島1
桂交換の後▲7七金~▲8六金と上がって角をいじめるが、角を逃げずに△7六歩の取り込みが厳しい。これに▲6九桂と受けるのでは先手が少し辛いのではないかと思われた。

しかし、形勢は難しかったようだ。▲6八玉に佐藤は△5五歩~△5一飛と追撃したが、▲7三歩~▲7四歩の叩きが返し技。
20130929佐藤豊島2
△7四同玉に▲4七角△7三玉▲7四歩△7二玉▲7三角・・・と先手の攻めが続いて形勢逆転、豊島が優勢になった。

以下先手の寄せが決まって豊島七段の勝ち。

中盤は佐藤九段がうまくやったと思いましたが、△5五歩~△5一飛が甘かったのかな。それにしても豊島七段、一瞬の隙を見逃さなかったのは流石ですね。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/30 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

順位戦C級1組4回戦 中村太地六段敗れる

昨日の順位戦の感想に入る前に、船江恒平五段が結婚しましたね。おめでとうございます!
Twitterの@kansaishogiのアカウントで一ヶ月前ぐらいにサプライズ報告があると呟いていたので、もしかして結婚かなと思ってたのですがやはりそうでした。順位戦の棋譜コメによると9月11日に入籍されたそうですね。彼は良いお父さんになりそうです。

船江五段は昨日桐山九段に勝って3勝1敗。まだ昇級の可能性は残っているので後半戦も頑張ってほしいです。

昨日の対局前の時点では全勝が6人いましたが、そのうち千葉、中村、小林裕士の3人が敗れ1敗に後退。全勝は糸谷、高崎、菅井の3人となりました。

糸谷 哲郎六段(4勝0敗)○-●小林 健二九段(2勝2敗)
この将棋が一番早い終局でした。正調角換わりの出だしから後手の小林九段が右玉、先手は穴熊。△8三銀~△9二香~△9一飛の地下鉄飛車の構想をみせましたが、穴熊の堅さを生かした攻めが炸裂して糸谷六段の快勝。

菅井 竜也五段(4勝0敗)○-●田中 寅彦九段(2勝2敗)
これは面白い将棋でした。菅井五段の先手中飛車にタナトラ先生の急戦で、後手の仕掛けがちょっと珍しい形でした。中盤から終盤にかけて猛烈な攻め合いになりましたが菅井さんの勝ち。

真田 圭一七段(3勝1敗)○-●小林 裕士七段(3勝1敗)
両者ともに竜王戦では1組昇級したことがある(小林さんは来期初の1組)実力者ですが、順位戦ではあと一歩成績が伸びず足踏みが続いています。戦型は真田七段が先手で横歩取り。△8四飛+5二玉型に先手が端を伸ばしていく形でした。終盤の競り合いを制して真田七段の勝ち。

高崎 一生六段(4勝0敗)○-●富岡 英作八段(2勝2敗)
高崎先手で▲7六歩△3四歩▲7五歩の出だしから相振り。先手の穴熊に後手は左玉で対抗しましたが、やはり穴熊の堅さが生きて高崎六段の圧勝に終わりました。

高崎さんは去年は順位戦初の負け越しに終わりましたが、今期は好調ですね。後半戦に昇級候補との対戦が続きますが、そこでどれだけ白星を積み重ねることができるか。

阪口 悟五段(1勝3敗)○-●中村 太地六段(3勝1敗)
王座戦挑戦者の中村六段ですが、負けてしまいました。先手中飛車に急戦調の将棋で対抗しましたが、阪口さんに上手く指されて終始押され気味でした。太地さんの最近の成績を調べてみるとちょっと黒星が増えてますね。上位との対戦が増えているので仕方ない部分はありますが、少し調子を崩しているかもしれません。

佐々木 慎六段(3勝1敗)○-●千葉 幸生六段(3勝1敗)
この将棋は一番最後の終局で大熱戦でした。千葉さんが終盤粘りましたが及ばず佐々木六段の勝ち。

その他の結果は以下の通りです。

近藤 正和六段(2勝2敗)○-●土佐 浩司七段(0勝4敗)
片上 大輔六段(2勝2敗)●-○脇 謙二八段(2勝2敗)
桐山 清澄九段(0勝4敗)●-○船江 恒平五段(3勝1敗)
平藤 眞吾七段(1勝3敗)●-○大平 武洋五段(1勝3敗)
加藤 一二三九段(1勝3敗)●-○長沼 洋七段(1勝3敗)
金井 恒太五段(3勝1敗)○-●塚田 泰明九段(0勝4敗)
阿部 健治郎五段(2勝2敗)○-●北島 忠雄六段(2勝2敗)
福崎 文吾九段(3勝1敗)○-●浦野 真彦八段(0勝4敗)
斎藤 慎太郎五段(3勝1敗)○-●神谷 広志七段(1勝3敗)
高野 秀行六段(2勝2敗)●-○日浦 市郎八段(2勝2敗)
宮田 敦史六段(2勝2敗)○-●佐藤 秀司七段(1勝3敗)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/25 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

B級2組4回戦 中田八段4連勝

昨日はB級1組とB級2組の順位戦がありました。対局数が多くて観る方からすると大変でした。できればB1とB2で日程を分けてほしかったですね。まぁ対局数自体はC2よりも少ないんですけど、じっくりと楽しみたいので。

結果は以下のようになりました。
<B1>
山崎 隆之八段(1勝5敗)●-○丸山 忠久九段(4勝1敗)
飯塚 祐紀七段(3勝3敗)○-●高橋 道雄九段(0勝6敗)
豊島 将之七段(4勝2敗)●-○松尾 歩七段(5勝1敗)
鈴木 大介八段(0勝5敗)●-○広瀬 章人七段(5勝1敗)
橋本 崇載八段(4勝2敗)●-○畠山 鎮七段(4勝1敗)
阿久津 主税七段(3勝2敗)○-●木村 一基八段(1勝4敗)

B1は相変わらず混戦です。1敗が計4人。5勝1敗で松尾、広瀬、4勝1敗で丸山、畠山。昇級候補の豊島七段は松尾七段に敗れ2敗に後退しました。ここからが正念場ですね。順位が良くないので残り全勝もしくは1敗でないと上がるのは難しいでしょう。

心配なのは山崎八段。丸山九段に完敗で5連敗です。山崎さんが降級争いするとは思いませんでした。ここから立て直してほしいですね。

<B2>

田村 康介七段(1勝3敗)●-○先崎 学八段(3勝0敗)
井上 慶太九段(2勝2敗)○-●島 朗九段(0勝4敗)
戸辺 誠六段(2勝2敗)○-●野月 浩貴七段(2勝2敗)
畠山 成幸七段(1勝3敗)●-○泉 正樹八段(3勝0敗)
安用寺 孝功六段(1勝2敗)○-●中川 大輔八段(1勝3敗)
窪田 義行六段(1勝3敗)●-○稲葉 陽七段(2勝2敗)
南 芳一九段(2勝2敗)○-●阿部 隆八段(2勝2敗)
飯島 栄治七段(2勝2敗)●-○中田 宏樹八段(4勝0敗)
豊川 孝弘七段(3勝1敗)○-●中村 修九段(0勝4敗)
青野 照市九段(3勝1敗)●-○佐藤 天彦七段(4勝0敗)
北浜 健介八段(2勝2敗)●-○森下 卓九段(2勝2敗)

B2は全勝が4人。中田宏樹八段、佐藤天彦が4連勝。続いて先崎八段、泉八段が3連勝で追います。特に中田八段の頑張りは素晴らしい。昇級候補の若手(稲葉、村山、飯島)を次々と破っての4連勝ですからね。中田先生は前期までB1にいた実力者ですが、今期は当たりがきついので昇級は難しいかなと思っていました。次回(6回戦)、佐藤天彦七段との全勝対決に勝てば1期でのB1返り咲きもみえてきます。中田先生の将棋は好きなのでこのまま最後まで頑張ってほしい。

その他では先崎、泉、青野、豊川とベテラン勢の活躍が目立ちます。青野先生は天彦七段との全勝対決で途中良さそうな局面もあったのですが終盤の競り合いで惜しくも敗れてしまいました。B2以上では唯一の60代ですから一期でも長く頑張ってほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/20 21:58 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)

王座戦第2局 羽生王座が203手の激闘を制す

王座戦中継Blog: *第61期王座戦五番勝負第2局
棋譜→2013年9月18日 第61期王座戦五番勝負 第2局 羽生善治王座 対 中村太地六段

昨日行われた羽生王座対中村太地六段の王座戦第2局は凄い将棋でした。色んなことがありすぎてどこから感想を書けば良いのかわかりませんが、とりあえず序盤から振り返ってみようと思います。

戦型は▲7六歩△8四歩▲6八銀の出だしから矢倉対雁木でした。後手の急戦矢倉→雁木というのは意外でしたが、中村先生は週将で急戦矢倉講座を持ってたので前から試してみたかったのかもしれません。

中盤戦はお互いに手を出しづらい将棋になりました。王座戦(持ち時間5時間)は夕食休憩には終盤戦に突入していることが多いですが、本局は夕休を過ぎても膠着状態が続きます。
先手が穴熊に組み替えたのに対して後手陣は3二玉を飛角金金銀銀で固めるという見たことのない陣形。この辺は陣形差で後手が良くなるイメージがありませんでした。

20時過ぎ、中村六段の△1四歩(72手目)でようやく戦闘開始。以下先手が攻め、後手が受け続ける展開になりました。この攻めを受け切るのは容易ではない感じでしたが、先手が寄せ損なって後手玉は1筋から上部脱出に成功。1七にと金を作り、2九の桂馬も外して逃げ切れそうに見えましたが・・・

△1五玉と上がって入玉を目指す後手に対して羽生王座は▲3六銀~▲4八銀と活用して後手玉を押し返します。その直後の△2三香(142手目)が失着。単に△3六玉と逃げたのに比べて香一枚損してしまいました。
20130919羽生中村1

後手玉は5九にトライしますが、そこで穴熊の銀を▲6八銀(163手目)と引く手がありました。これでどうやら捕まってしまったようです。
20130919羽生中村2

そこから中村六段も40手近く粘り、△3六銀と銀をタダ捨てする勝負手も飛び出しましたが、凌ぎ切ることはできず203手目▲2七銀を見て投了。王座戦五番勝負の最長手数記録を更新する大熱戦でした。今年度の名局賞候補にも挙がってくるのではないでしょうか。

それにしても羽生さんの将棋体力は凄いですね。改めて羽生さんに勝つのは大変だと感じた一局でした。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/19 08:00 ] 王座戦 | TB(0) | CM(0)

NHK杯2回戦 金井五段vs久保九段

この両者は公式戦では初手合いだが、2009年に将棋世界誌上で対戦したことがある。トッププロと新鋭四段が香落ちで対戦するという企画で、下手が勝てば2局目は平手で、上手が勝てば次は角落ちで戦う指し込み二番勝負だった。トッププロは久保、渡辺、佐藤康光、深浦、木村、鈴木大介。新鋭側には金井の他に村田顕、豊島、糸谷、稲葉、西川がいた。この企画で金井は久保に香落ちで敗れてしまった。(2局目の角落ちでは勝ったが)あれから4年、今回は平手でリベンジを果たしたいところだ。

戦型は久保九段が後手で△4二飛~△3五歩の「4→3戦法」。対して先手は▲6六歩と角道を止める作戦を選んだ。先手が角道を止めてくれたので後手も△4四歩からノーマル振り飛車にスイッチ。結局昔よく指されたノーマル三間石田流vs玉頭位取りの将棋に合流した。

先手は6筋と7筋、2つの位を取って十分の構え。後手も3筋の歩を交換して不満のない形。
20130915金井久保1
後手が△8三銀と上がったところで先手は▲7四歩△同歩▲8五歩△7三金▲2四歩△同歩▲6四歩と歩を次々に突き捨て攻め込んでいった。角を切って▲4三銀と打ったところでは先手の仕掛けが成功している。

それでも久保九段も決め手を与えずに粘り、△6九角を打たれた局面は先手も怖い形になっている。素人目には形勢が接近したように見えたが、金井五段は崩れることなく押し切った。

一局を振り返ってみると中盤の△4四銀(52手目)がちょっと危ない手だったような気がする。本譜は後手の苦労が多い展開になってしまった。終盤は△4二金(104手目)~△6五金が受けになっていなかったので、代わりに藤井九段説の△4二銀だったらどうだったか。

金井五段の最近の充実ぶりを示した一局だったと思う。3回戦も強敵(丸山九段)との対戦だが頑張ってほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/15 23:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)