スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第63回NHK杯準々決勝 屋敷伸之vs大石直嗣

3回戦で羽生善治三冠を破った大石直嗣六段とA級の屋敷伸之九段の対戦。
解説は豊島七段でした。両対局者の印象を聞かれて「(屋敷九段は)序盤中盤終盤、隙がない」「(大石六段は)駒が躍動する将棋」と答えてましたね。まさか豊島さんがあのネタを入れてくるとはw・・・思わず笑ってしまいました。

将棋は大石六段が後手で得意のダイレクト向かい飛車を採用しました。3回戦の対羽生戦もこのダイレクト向かい飛車で白星を挙げています。対して屋敷九段の作戦は6五角を打たずに▲3七銀から▲4六銀を急ぐ指し方でした。この先手の指し方は手詰まりになりやすいので少ない、と豊島七段。

先手は▲7五歩から玉頭位取り、後手は銀冠に組み替えます。後手が△4五桂(46手目)と跳ねて戦いが始まりました。
以下▲4五同桂△同歩▲同銀に△4一飛が気づきにくい好手でした。
20140223屋敷大石1
△4一飛は次に△5二金と寄って銀取りと4七飛成を狙っています。そこで屋敷九段は▲3四銀と出て△5二金▲4八金と受けましたが、豊島説の▲2七飛△5二金▲4六歩と受けるほうが良かったか。大石六段も感想戦でこのほうが嫌だったと言ってましたね。

20140223屋敷大石2
本譜は△5六桂~△4九角以下飛車を成り込むことに成功し後手が優勢になりました。先手は2九に自陣角を打って勝負しますが、△4七歩~△4八成桂で角と飛車の利きを遮断されてかなり辛い格好に。

それでも先手は玉頭に嫌味をつけて勝負形に持ち込みますが、後手に冷静に対処されてあと一歩及ばず。102手で大石六段の勝ちとなりました。

これで大石六段はA級棋士3人(行方、羽生、屋敷)を倒してベスト4進出。準決勝は、優勝経験のある実力者丸山忠久九段との対戦です。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 23:30 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)

第39期棋王戦第2局 ゴキ中超急戦

棋王戦中継plus: *第39期棋王戦五番勝負第2局
棋譜→2014年2月22日 第39期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段

渡辺明棋王の先勝で迎えた第2局。戦型はまたしても渡辺棋王のゴキゲン中飛車でした!
直近2局、ゴキ中で佐藤、羽生に連敗しているにもかかわらず再度チャレンジする。渡辺さんの本気を感じますね。

対して居飛車の作戦は▲5八金右超急戦でした。これも三浦九段らしい選択だなと思います。かつて行方八段が三浦九段を「狭い局面、局地戦で異常に力を発揮する」と評していましたが、この超急戦は狭い局面になりやすく三浦さんの得意とするところでしょう。

20140222渡辺三浦1
▲1一龍(21手目)までは定跡手順。そこで△7二玉が少し珍しい手のようです。三浦九段は▲6三桂成と飛び込んで以下△同玉▲1八角△5四歩▲6六香△7二玉▲2二歩・・・と進みました。先手は2枚のと金で攻める方針ですが、このと金が間に合うのかどうか。

20140222渡辺三浦2
△8二玉(38手目)が価値の大きい一手でした。6三に香車は成れますが、そこで△6一香が幸便。▲5二成香と金は取れますが香車が先手陣の6七の地点に直射してきます。形勢は後手が優勢になりました

そこで三浦九段は▲4九玉と早逃げして粘りますが、△2八歩~△3五桂で逃げ道を封鎖。
さらに△2七歩で1八の角と2九の龍を抑え込まれて辛い格好になりました。

78手で渡辺棋王の勝ち。終わってみれば圧勝でした。三浦九段としてはと金攻めが上手くいかなかったのが誤算だったかもしれません。

これで渡辺棋王が2連勝。防衛に大きく近づきました。第3局は3月16日に行われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 00:12 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)

渡辺二冠のゴキゲン中飛車(王将戦第4局)

王将戦中継ブログ
渡辺明王将の2勝1敗で迎えた第4局。渡辺王将が後手で、戦型はまさかのゴキゲン中飛車になりました。

渡辺さんは2月14日の王位リーグ対佐藤九段戦でもゴキ中を採用していますが、まさか続けてやってくるとは思わなかったですね。30代を迎えて新境地を開拓しようとしているのか、それとも後手番で指す戦法に苦労しているというネガティブな理由なのか。心境を聞いてみたいですね。
20140219羽生渡辺3
先手超速対後手銀対抗(△4四銀型)に進みました。後手は金美濃から木村美濃に組み替え。
40手目△2三歩に▲2五飛と引いた手が羽生三冠の工夫でしょうか。ただ、水面下では研究されていた手だったようです。封じ手のあたりは先手のほうが指しやすそうに見えました。

20140219羽生渡辺1
しかし、ここから渡辺王将が形勢を立て直します。まず封じ手の△7四歩▲5六歩の交換を入れてから△6五銀~△7六銀。そして▲7七歩を打たせてから△8五銀と引きました。この銀引きの評判が良く、逆に先手は7九に引いた角が使いづらそう。振り飛車がやれそうな雰囲気が出てきました。

20140219羽生渡辺2
しかし、▲3五歩に△同歩と取ったのがどうだったか。本譜は▲3四銀(67手目)以下飛車成りが実現して先手が一気に優勢になりました。

終盤、後手は△4七と~△5七歩と垂らして先手玉に迫りましたが、7九の角がいるため△5八歩成が詰めろにならない。一見働いてないように見えた7九角でしたが、ちゃんと守り駒になっていました。

111手で羽生王将の勝ち。渡辺王将が珍しく飛車を振りましたがイマイチ歯車が噛み合わず完敗に終わってしまいました。やはり振り飛車に慣れてないのかなという感じはしました。

これで2勝2敗の五分、振り出しに戻りました。第5局は渡辺王将の先手番なので嫌な流れを断ち切りたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/20 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)

第72期A級順位戦8回戦 羽生三冠敗れるも挑戦決定

昨日はA級順位戦「ラス前」8回戦一斉対局がありました。
7戦全勝の羽生善治三冠は深浦康市九段に敗れ連勝ストップ。しかし、2敗の渡辺明二冠が三浦弘行九段に敗れたため羽生三冠の挑戦が決まりました。

羽生善治三冠(7勝1敗)●-○深浦康市九段(5勝3敗)
羽生深浦戦は羽生三冠が先手で矢倉。▲4六銀・3七桂の後手8五歩型に先手が▲9六歩受ける形に進みました。
20140205羽生深浦1
桂香交換になった後、先手は▲2六桂~▲1七香打と端に勢力を集中させましたが、△3一玉とかわされて攻めが続かず。逆に後手の8筋、9筋からの攻めが厳しく深浦九段が優勢になりました。116手で深浦九段の快勝。深浦九段はA級5期目にして初めての勝ち越しです。おめでとうございます!
羽生深浦戦の終局は22時32分。5局の中で最も早い終局でした。

渡辺明 二冠(5勝3敗)●-○三浦弘行九段(3勝5敗)
羽生さんが敗れたことで2敗の渡辺二冠にもチャンスが巡ってきたのですが・・・、結果は三浦九段の勝ち。
戦型は渡辺二冠が先手で横歩取り。先日の棋王戦第1局も横歩取りの名局でしたが、この将棋も大熱戦となりました。最後まで難解な終盤戦でしたが、三浦九段が逃げ切って勝ち。三浦さんの終盤の強さ、底力を感じた将棋でした。
渡辺さんは今年も挑戦ならず。三浦九段は残留へ向けて大きな1勝を挙げました。

その他の結果は以下の通りです。
久保利明九段(4勝4敗)○-●郷田真隆九段(3勝5敗)
谷川浩司九段(1勝7敗)●-○行方尚史八段(5勝3敗)
屋敷伸之九段(3勝5敗)●-○佐藤康光九段(4勝4敗)


谷川九段は既に降級が決定。久保、三浦、郷田、屋敷の4人に降級の可能性が残っています。
最終局久保vs三浦の直接対決が組まれていて、勝者は残留。敗者は屋敷、郷田が共に勝った場合に降級となります。
郷田九段は最終局羽生三冠戦で勝てば残留。敗れて屋敷九段勝ちの場合降級となります(屋敷負けなら残留)。
屋敷九段は最終局勝てば残留。敗れると降級です。
ちょっとややこしいですが、4人とも「勝てば残留」なのである意味わかりやすいのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/06 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(1)

第39期棋王戦五番勝負第1局 

棋王戦中継plus: *第39期棋王戦五番勝負第1局

渡辺明棋王に三浦弘行九段が挑戦する棋王戦五番勝負が昨日から開幕。第1局は期待通りの大熱戦となりました。
棋譜→2014年2月2日 第39期棋王戦五番勝負 第1局 渡辺明棋王 対 三浦弘行九段

戦型は渡辺棋王が先手で横歩取り。後手の△5二玉+△8四飛型に対し、先手は中住まいで▲3七銀~▲4六銀と右銀を繰り出す作戦に出た。対して後手はじっと両方の端を伸ばして待機する。

角を交換してから▲6六角(43手目)~▲2二歩で先手が主導権を握った。以下先手が好調に進めたが、△5四桂に対して▲2四歩が疑問だったか。
20140202渡辺三浦1
ここは単に▲5六桂と打って▲2四歩は後から入れるほうが良かったようだ。本譜の進行は取られるはずの6四角が馬になり、1四の飛車も2筋に転換させて後手が得をしたと思う。

20140202渡辺三浦3
▲6六銀~▲5五桂(79手目)のあたりは再び先手が良くなったように見えたが、△3三金と受けられてみると後手玉へのすぐの寄せがない(なので先に▲4三銀を決めたほうが良かった?)
そこで渡辺棋王は▲9三龍(85手目)~▲8四桂!(91手目)
20140202渡辺三浦2
この桂打ちもすごい手ですね。しかし△5五香~△5七香成~△6九馬で先手玉も危ない形に。この辺は後手に勝ちがありそうにも見えたが・・・

非常に危なく見えた渡辺玉だったが、ギリギリの所で凌ぎ切って先手が勝ちになった。最後は5五の玉が詰みにも働くすごい将棋だった。

最後はどちらが勝ってるか分からない難解な終盤戦でしたが、1つだけ言えるのは渡辺さんの終盤力が強すぎるということですね。他の棋士だったら三浦さんに押し切られていたかもしれない。あそこで踏ん張れるのが渡辺二冠の強さだと感じました。

第2局以降も熱戦を期待したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/03 07:00 ] 棋王戦 | TB(0) | CM(0)