スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月のライオン

漫喫に行ったら『3月のライオン』1~3巻があったので読んでみた。



(※以下ネタバレあり)







幼い頃に家族を亡くしながらも、義父・幸田の支えもあって将棋に打ち込み史上5人目の中学生棋士となった主人公・桐山零。
しかし、桐山は幸田家の家族とうまくいかず、居場所を失い一人暮らしを始める。高校に通い始めたが、友達はできない。そんな「孤独」な桐山だが、川本三姉妹と知り合い、次第に川本家にお世話になり始める。

第3巻の冒頭に印象深い言葉があったので、引用する。

何度も何度も同じ夢をみた
子供の頃から繰り返しみてきたヤツだ
長い 長い エスカレーターを登る夢
何が怖いというわけではない ただ
登って 登って 登りつめた そこには
還る道が 無いのだ


「還る道」のない「エスカレーター」をどう登っていくか
人とのつながりが薄い桐山は、自分の力だけで「エスカレーター」を登ろうとする。
しかし、それは17歳の男の子には過酷なものだった。

高校では常にひとりぼっちで友達を作ろうとしない。幸田家には連絡は取らず、マンションで一人暮らしだが、家事をしっかりこなせているわけではない。
そんな桐山に対して高校の林田先生が投げかけた言葉が桐山の胸に強く突き刺さる。

人に頼られたい、そう望むならば、まずは自ずから人に頼れ。そうしなければ誰もお前に頼ることはできないんだ。


第3巻で登場する島田開八段
彼は、故郷山形を心の拠り所として、地道に努力を続けながら「エスカレーター」を登り、「A級昇級・タイトル挑戦」まで到達した棋士だ。粘り強く、決して諦めない棋風の持ち主で、その姿は現役棋士でいえば深浦、豊川を想い起こさせる。

獅子王戦のトーナメントで桐山は島田に敗れる。獅子王戦に賭けていた桐山にとっては大きな挫折だった。
この挫折から桐山がどう立ち直るか?
桐山は巻末で島田に研究会入りを申し込む。
自分一人の力だけではなく、誰かを頼ることで桐山は前に進もうとする。


4巻以降で、桐山が周囲の支えによってどう成長していくのだろうか?

4巻が発売されるのが待ち遠しいですね~
全体的に面白く、将棋をあまり知らない人でも興味深く読むことができるのではないでしょうか。
テーマは若干重めですが、その重さをあまり感じさせない作者の描写がうまいなぁと思います。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/03/31 22:17 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL