スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第68期名人戦羽生vs三浦 第2局

一昨日、昨日行われた名人戦

第1局に引き続き、横歩取り△8五飛の将棋となり、先手の羽生が新山崎流を選択し、
途中までは王座戦山崎羽生戦と同じ展開となった。

39手目▲2三歩に△3三銀と出たのが、前述の王座戦の将棋だったが、三浦は前例の少ない△同金を選んだ。形を乱されるが、この変化に何か新たな「鉱脈」を見つけたのだろう。自らの研究をぶつけようとしたわけだ。

封じ手の局面
封じ手1

検討陣は▲3九歩を有力視していたが、予想は外れ、攻め合いの▲5三桂成。
手抜かれて、△3八歩成~△4九飛成が怖いが、7七から左辺に逃げて十分という読み
局後の感想によれば、三浦挑戦者もこの手は予想してたようである
しかし、その後△6二金と成桂を取った手がどうだったか、とのことで、控室の行方八段推奨の△4二金が優っていたようである。

形勢がやや苦しくなった三浦八段だが、今期順位戦では劣勢の将棋を何度も逆転してきた。
しかし流石は羽生名人、決め手を与えずに、鮮やかな寄せを見せてくれた。61手目の▲5三歩が、A級経験者勢ぞろいの検討陣も最初は意味を理解できなかった妙手。△同玉から▲4六銀で、三浦の上部脱出の狙いは阻まれてしまった。

対して先手玉は▲9八玉と逃げて8筋に竜が利いているため安全、後手からの手掛かりはない。
71手目の▲5七桂が決め手で、以下危なげなく寄せきった。

三浦挑戦者は持ち味を出せぬまま、2連敗となってしまった。今期A級順位戦では相手のミスに乗じて拾う将棋が多かったが、第一人者羽生は容易には崩れてくれない。一つ勝てばまた流れも変わるのだろうが・・・
何とか踏ん張ってほしいところだ。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/04/22 20:40 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL