スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相穴熊ワールド

王位戦の挑戦者決定戦、戸辺誠六段の挑戦を期待していたがプレーオフで残念ながら羽生名人に敗退
そして、その羽生名人を広瀬章人五段(当時)が得意の振り飛車穴熊で破り、挑戦者に。

一昨日のNHK杯は伊藤真吾四段vs阿部隆八段。伊藤四段が5筋位取り中飛車を採用、対する阿部八段が居飛車穴熊を採用したことで相穴熊戦となった。以前は、「ゴキゲン中飛車>居飛車穴熊」と言われていたが、最近本譜のように角の引き場所を作るなど、居飛車側が組み方を工夫するようになり、穴熊で中飛車に対抗する将棋が増えた。

伊藤四段が二枚角から細い攻めをつなげて、快勝。相穴熊の将棋は一度手番を握られてしまうと攻め一方、受け一方となり大差の将棋になってしまうが、本譜はその典型だったように思う。実力者の阿部八段だが本来の実力を発揮できなかった。

一昨日は、もう一戦、夕方からネット将棋最強戦の深浦-広瀬戦も相穴熊となった。
深浦王位が先攻し、先に桂香を拾い駒得。対して広瀬プロは敵玉近く5八にと金をセットし、先手を焦らせ、ついには手番を握り、じわじわと先手の穴熊を崩していった。
穴熊のスペシャリストらしい絶品の指し回しで、最後は一手差にもならず快勝。渡辺、羽生、深浦と破り、穴熊戦に関してはトッププロと変わらない実力を持っているといっても過言ではないだろう。

最近、相穴熊の将棋が多い。来る王位戦でも、相穴熊の将棋が少なくとも1回はみられるはずだ。
穴熊の将棋というと豪快とか荒っぽいというイメージがあるが、実際はものすごく繊細な将棋である。
先日ようやく広瀬プロの「とっておきの相穴熊」(遠藤正樹アマとの共著)を購入し、読んでみたのだが、今までの穴熊戦に対する「詰まらない」という印象が変わった。穴熊将棋の奥深さに触れることができたような気がする。

「相穴熊は、経験値が高いほうが有利」とは遠藤アマの言葉。広瀬さんの経験値が深浦王位にどれだけ通用するか、いまから番勝負が楽しみ。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/06/15 21:19 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL