スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏バテ竜王? A級順位戦三浦vs渡辺

昨日は、表題の三浦渡辺戦に加え、B級1組、B級2組、さらには王位戦のために延期されたC1広瀬脇戦もあるという、「夏の順位戦まつり」という感じの一日だった。

全部チェックするのは流石に無理で、三浦渡辺とB1までが精一杯。B2の将棋はまた暇なときにでも並べることにしようと思う。

さて、三浦渡辺戦。後手の渡辺竜王が2手目に△8四歩と突いて角換わりの将棋に。よくある腰掛銀の将棋ではなく、後手が棒銀を選んだ。2月の王位リーグ対佐藤戦で敗れて以来、同型腰掛銀の将棋を採用していないらしい。腰掛銀の後手番が苦しいがために、将棋界全体で2手目△8四歩と突く将棋が減っているという。本局2手目△8四歩と突いたのをみて、渡辺竜王の秘策が見られるか?と期待したが。。。

先手は後手の棒銀を捌かせずに厚みを築いて押し返す方針。4筋の位を取って4六に角を置いて、相手の攻め駒をけん制するのは、相居飛車の将棋ではよく見られる構想だが、角を打たせてから、3七に角を置いたのが巧かった。対して後手は玉を2二に入城したのが問題で、角を3七→5九→7七と使われ、角のラインを避けるために玉を3一にバックしなければならなくなった。この手損は大きく、61手目の局面は明らかな先手作戦勝ち。

中盤から終盤にかけて先手が少々もたつき、後手も先手の玉頭に嫌味をつけるなどして形勢の差が縮んだかにみえたが、先手三浦八段の手堅い受けの前に攻めを切らされてしまう。序盤でついた差が大きすぎたようだ。ギリギリで凌いでいた後手陣だが程なく崩壊し、三浦勝ち。


渡辺竜王からすれば、後手番での不安が、そのまま表れた一局となってしまった。2ヵ月後に迫った竜王戦ではどのような作戦選択で臨むのだろう。2手目△8四歩は封印するのだろうか?それとも何か秘策を発見しているのだろうか?


話は変わるが、掲示板の写真を見て、しばらく見ないうちに三浦八段が日焼けして精悍な顔つきになっていたのには驚いた。愛犬の散歩で焼けたんだろうか?なんかプロ野球選手が二軍調整して黒く焼けて一軍に帰ってきたかのようで、良い顔つきだった。

名人戦で残念ながらストレートでの敗退に終わり、その影響か他棋戦でも連敗が続いていた三浦八段。野球選手でいえば、「ファームで修行して一から出直し」というような状況なのかもしれない。しかし、昨日の対局、そして精悍な表情を見て、再度挑戦の大舞台に戻ってきてくれそうな、そんな予感がした。順位戦での勝負強さは今期も健在のようだ。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/08/07 23:37 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL