スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鬼殺し対策の4手目

前記事からの続き

△6二金の受けで、鬼殺しの攻めを封じることができると解説したが、実はもっと簡単に受かる方法がある。

前記事では▲7六歩 △3四歩 ▲7七桂に△8四歩という手順だったが、この4手目△8四歩で別の手を指したほうが、鬼殺しを受けるだけならば優る。

さて、「鬼殺し」の狙いは
A、▲6五桂と跳ね、5三の地点への成りを見せる(あくまでも見せ球)
B、角交換から▲5五角と打って、両取りと7三の地点を狙う
C、結果的に7筋を数で破ることができれば大成功

だった。

この狙いを先受けすることができれば良い。△8四歩も△8六歩からの反撃をみて有力なのだが、その前に鬼殺し側が仕掛けてくる。先手は▲7七角と上がれないので飛車先からの反撃は後から間に合う。では、どのような手が考えられるだろうか。一つ一つ見ていこう。

①△6四歩
▲6五桂と跳ねさせなければ良いという考え。鬼殺しは桂跳ねから角を捌いていく戦法なので、桂馬が跳ねられないと角が使えず作戦負けとなる。後手からは△7四歩~△7二飛からの桂頭攻めがある。桂頭攻めを受けるには、▲5八金右 △7四歩 ▲6六歩 △同角 ▲6七金右とするぐらいだが、序盤早々の歩損は痛い。

②△5四歩
上で述べた狙いBの▲5五角を防げば良いという考え。普通の石田流でも4手目に△5四歩と突く対策があるが、鬼殺しに対しても有力だ。以下▲7五歩 △6二銀 ▲7八飛に△4二玉or△6四歩ぐらいで十分仕掛けを封じることができる。

③△6二銀
これも有力。▲7五歩なら△6四歩と突いて▲7八飛に△6三銀。

④4四歩
角道を止めてじっくりした展開にする。後手が振り飛車ならここから相振り飛車にする。鬼殺しは8二の飛車を▲7四歩~▲5五角から狙うが、飛車を振ることで予め逃げているという意味もある。
進行例は△4四歩以下▲7五歩 △4二飛 ▲6五桂 △6二銀 ▲7四歩 △7二金 ▲7八飛 △6四歩(下図)
onigoroshi4
先手も桂馬を捌けるのでこの順は不満ないか。以下、普通の相振り戦となる。これならば△5四歩や△6四歩から居飛車にするほうが優るかもしれない。


ここまでみてきたように、居飛車側に△6二銀、△6四歩、△5四歩と備えられると、鬼殺し側は上手くいかないことがわかった。桂馬を跳ねることができないと鬼殺し側は角を使うのが難しくなり、桂頭が負担となる。というわけで、鬼殺しは嵌め手の域を脱することができなかったが、その思想の一部は米長永世棋聖による改良版「新鬼殺し」、そして現代の△3三角戦法の一変化ともなっている「鬼殺し向かい飛車」へと受け継がれている。それらの戦法についてはまた機会を改めて紹介することにしたい。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/09 21:00 ] 将棋 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL