スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期A級順位戦5回戦終了

金曜日行われたA級順位戦5回戦の最終局、渡辺明-藤井猛戦。

藤井九段はここまで星が伸びていない、プラス本局に負けると単独最下位となってしまうため何としても勝っておきたい。対する竜王は今週、佐藤康光(王将リーグ)、広瀬章人(棋王戦)に相次いで敗れ、竜王戦第3局と合わせて3連敗中。悪い流れを早く断ち切って竜王防衛&名人挑戦へと前進したいところ。

戦型は後手藤井九段の角交換振飛車。△8二玉-△7二金で囲いを済ませ、2筋から早々と仕掛けていったのはいかにも藤井九段らしい積極的な序盤だった。

終盤、第1図

わたふじ_1


この局面、後手が駒得であるが、成り駒の働きが良くない。対して先手からは香車と桂馬で8三の地点を攻める手が厳しい。後手は▲7五桂と打たれるのを消すために△7四歩と受けたかったが、▲3七角(王手成香取り)がある。そこで底歩を用意した△2三飛は苦心の受けだが、第1図から渡辺竜王が目の覚めるような寄せを見せてくれた。




▲8三桂成 △同金 ▲6二竜! △同銀 ▲8三香成 △同玉 ▲6一角 (第2図)

watafujii0033

上下からの挟み撃ちで後手玉はあっという間に寄り形に。「大外から一気に」来たという表現があてはまるような鮮やかな寄せだった。もっとも、終盤で守りの金を剥がすのは寄せの鉄則なので▲6二竜自体は驚くような手ではないのかもしれないが、それでもやはり決め手を逃さないのは流石である。

必死に反撃を探した藤井九段だったが、竜王の手堅い指し手の前に及ばず、79手目▲6六金を見て駒を投じた。


さて、A級順位戦は金曜日の渡辺藤井戦で5回戦が終了。現時点での成績は以下の通りである。


【4勝1敗】森内九段(3位)、谷川九段(6位)、渡辺竜王(9位)
【2勝3敗】三浦八段(1位)、高橋九段(2位)、丸山九段(4位)、木村八段(5位)、郷田九段(7位)
久保二冠(10位)
【1勝4敗】藤井九段(8位)


挑戦者争いは永世称号者3人に絞られた感がある。前期は谷川森内の両名がここから失速し三浦八段が逆転で挑戦権を獲得したので3敗勢の可能性もないことはないが、ここからの4連勝は厳しいだろう。3人の先頭集団のなかでも渡辺竜王が本命とみてるが、谷川羽生の久々のタイトル戦も見てみたいので最後まで頑張ってほしい。

降級戦線は大混戦。藤井九段は順位が良くないので最低でも4勝はほしいところ。残り4戦負けられない戦いが続く。












関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/21 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL