スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK杯 木村一基 vs 松尾歩 横歩取り8五飛

2回戦最終局は実力者の居飛車党同士の対戦となった。

2人は共に羽生名人主催の研究会に属しており、いわば「研究仲間」。お互いの手の内を知り尽くしている同士の対戦といえる。対戦成績は5-5と互角。

木村一基八段の先手で後手松尾の横歩取り8五飛となった。先手は「ベーシックな」3八金型の中住まい。後手は△2五歩と打って飛車を下段に引かせてから△7五歩と仕掛けた。竜王戦第3局と同じ展開だ。もっとも本局の収録は竜王戦よりも前に行われたようだが。

△2六歩(タダの歩だが取りにくい)を入れてから王手飛車ラインを避けるために△3一玉と寄る。手順は異なるが45手目▲4七銀の局面は竜王戦第3局と同一局面。後手は王手飛車を避けたが壁形、一方で先手のほうも4七に銀が上がったことで横から攻められたときに4七玉と逃げられなくなっている。互いに壁形なので均衡がとれているということなのだろうか。

そこから本譜は竜王戦と異なり△6六歩と取り込んだ。角交換から後手が△8七角成と8筋を破って攻め込む。△7八龍から△6七歩と迫られるが、先手も早逃げで耐えている。▲6二と~▲5一と(詰めろ)を先着することができれば先手勝ちだ。

▲6二とを放置して松尾は△2七歩成!
木村松尾1

これは詰めろなのか?解説の郷田は「詰めろだったかどうかあやしい」
いずれにせよ、30秒でこの手を指されると焦る。▲同飛と取った木村だが、△8九龍~△1五桂と先手先手で迫られてしまう。

matsuo2


74手目の△2六歩が横歩取りらしい軽妙な決め手だった。横歩取り8五飛の将棋では先後ともに持ち歩の数が重要になるという。スペシャリストの高橋九段によれば「常に持ち歩二歩以上をキープ」したいとのこと。(『最新の8五飛戦法 』より引用)
竜王戦では羽生名人の歩切れがクローズアップされたが、逆に持ち歩をキープしていれば本局のような寄せ(△2七歩成~△2六歩)が成り立つということだろう。

必死の受けを見せた木村だったが、最後は即詰みに打ち取られた。

感想戦ではいつものように木村八段のボヤキが炸裂して面白かった。それにしてもNHK杯で木村先生が勝ったところをあまり見たことがない。負けてぼやく木村先生も面白いが、来年は笑顔の感想戦を観たいものだ。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/29 22:02 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL