スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豊島将之五段、王将戦挑戦権獲得!

将棋:王将戦 豊島五段が挑戦権…20歳、史上最年少(毎日jp)

第60期王将戦の挑戦者決定リーグの最終戦が昨日行われ、豊島将之五段が、佐藤康光九段との1敗対決を制し挑戦権を獲得した。

今期は二次予選で谷川、丸山の名人経験者を、挑戦者決定リーグ(王将リーグ)では、森内、深浦、三浦、羽生、佐藤と錚々たるメンバーを倒しており、文句のつけようのない勝ち上がり方だ。

ここ十五年のタイトル戦は羽生世代(羽生、森内、佐藤、郷田、藤井、丸山)とその周辺世代の棋士達(谷川、久保、深浦、木村、etc...)によって争われてきた。渡辺明が登場し、竜王6連覇を達成したものの、若手の中で孤軍奮闘という状況だった。それが今年に入って、1987年生まれの広瀬章人の王位挑戦→獲得、豊島の王将挑戦、さらには棋王戦では豊島のライバル格の糸谷哲郎が挑戦者決定戦に進出するなど、世代交代の流れを感じる。

第一人者・羽生善治が初めてタイトル挑戦、獲得したのが1989年(平成元年)、島朗との竜王戦で当時19歳だった。その翌年に生まれたのが豊島将之だ。平成生まれの棋士としては初のタイトル挑戦となる。今回タイトルを獲得することになれば、世代交代が一気に進むかもしれない。予選からこれだけのトップ棋士を倒してきたのだからタイトル獲得の可能性は十分にある。

もちろん、久保利明王将もそう簡単にはタイトルの座を明け渡さないだろう。しかし、年下相手のタイトル戦は羽生佐藤相手よりもやりにくいのではないかと私はみている。新時代の幕開けが訪れるかどうか、年明けからの七番勝負が今から楽しみだ。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/11/30 07:30 ] 王将戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL