スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レビュー『最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)』

最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の矢倉3七銀戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/12/23)
屋敷 伸之

商品詳細を見る


「プロ最前線シリーズ」の第3弾。横歩取り8五飛、相掛かりの次はタイトル戦でも頻出の矢倉3七銀戦法だった。著者の屋敷伸之九段は昔から居飛車振り飛車問わず何でも指しこなしていたが、特に矢倉を得意とされている。

本書は矢倉戦法の中でも主流の▲3七銀戦法を、最新の動向を中心にコンパクトにまとめた一冊である。

最新の矢倉3七銀戦法―目次
第1章 矢倉3七銀戦法の基礎知識
第2章 加藤流
第3章 ▲4六銀を巡る攻防
第4章 最新の矢倉3七銀戦法
 第1項 ▲3八飛に△9五歩型
 第2項 ▲3八飛に△8五歩型
第5章 実戦編
 参考棋譜


第1章では、矢倉3七銀戦法の基礎知識ということで、基本図(本書p20の第9図)に至るまでの駒組みをさらっと解説している。ここは簡単なおさらい。

yagura_37gin_1

第2章は「加藤流」。上図から▲1六歩△8五歩▲2六歩と飛車先の歩を先に突いた形をさす。(もっとも本家加藤九段はもっと早い段階で飛車先の歩を突くが)
加藤流に対する後手の対策は、右銀(6二の銀)を攻めに使う(7三に上がる)か、それとも守りに使うか(△5三銀と上がる)かに分かれる。現在のプロ棋界では△5三銀と上がって守勢に回るのが後手有望とみられているようだ。そのため近年先手は加藤流を避けることが多いとのこと。△5三銀型への対策として、著者は先手が穴熊に組む新構想を示している。

第3章では、基本1図から▲4六銀と上がる手に対して△4五歩の反発が成立するかどうかを検討。△4五歩には▲3七銀と引いて次に▲4六歩から反発して先手が指しやすいとみられている。よって現在は▲4六銀には△5三銀と守勢に回るのが主流である。

第4章では、本題の矢倉の最新定跡の解説。注目したのは、今期竜王戦七番勝負第2局でも登場した、例の△3七銀と打つ変化。

yagura002

第2図では今までは素直に△1五同歩が多かったが、最近になって増えているのが▲1五歩に△3七銀ともたれる指し方。2年前に出版された森内俊之九段著の『矢倉の急所―4六銀・3七桂型 (最強将棋21)
では「銀が重くなるので、後手を持ってこの変化を選ぶ棋士は少ない」と述べられていたが、最近では後手の勝率が高く矢倉▲3七銀の課題局面となっている。竜王戦の時点では先手が6連敗しており、第2局も△3七銀で後手渡辺の勝ちとなった。

△3七銀には竜王戦でも指された▲3九飛と、もう一つ▲5八飛と横に逃げる手もあり両方とも解説されている。但し、竜王戦の▲1五香(59手目)と走って▲6五銀と角取りに打つ順は紹介されていない。10月末だったので原稿が間に合わなかったのだろうか。

第5章は著者の実戦譜。一番古いものは平成9年の郷田六段(当時)戦から今年の将棋まで21局収録されている。21局も収録されているのは嬉しい。ちなみに全局屋敷プロが先手番。
※ちなみに参考棋譜⑦屋敷日浦戦と⑩屋敷高野戦、棋譜の最初▲7六歩△8四歩▲6八銀が抜けていました


全体的に簡にして要を得た内容で、最新の矢倉▲3七銀型を頭の中で整理することができた。欲を言えば、もう少し局面ごとの考え方を示してくれれば良かったと思う。変化が多岐にわたる矢倉定跡を一冊にまとめるとなると解説もあっさりめになるのは仕方ないか。有段者向けであることは確かだ。

プロ最前線シリーズは本書が3冊目となる。8五飛戦法と相掛かりに関しては長らく関連棋書が発売されていなかったため非常に有難かった。解説も分かりやすく、プロ将棋の観戦ガイドとして役立っている。矢倉に関しては森内九段の『矢倉の急所』など出ていたが、最新の変化をおさえた本書もガイドブックとして役に立ちそうだ。

矢倉は変化が膨大で、基本1図に至る駒組みだけでも一冊本が書けるほど奥が深い。「よく一冊にまとめたなぁ」というのが率直な感想。

以下、関連書籍の紹介。矢倉の基本1図までの駒組と考え方を知りたいなら森下さんの本がお勧め。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2010/12/28 08:00 ] 書籍レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL