スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第60回NHK杯 松尾歩vs丸山忠久

丸山vs松尾。過去の対戦成績は丸山の5勝2敗。ただ、昨年(2010年)は3回当たっていずれも丸山勝ち。その1つは竜王戦1組決勝の大きな勝負だった。順位戦B1では二年連続で勝ち越し、他棋戦でも安定的に勝っている松尾だがタイトル挑戦は未だない。対丸山戦が1つの壁となっているようだ。

本局は、後手丸山の△8三歩型での一手損角換わり。相腰掛銀の将棋となり後手が6筋の位を取って、最近よく見かける右四間飛車に構えた。角換わりでは端歩は受けることが多いが、本譜は丸山が9筋の位を取らせる。終盤のことを考えるとこの端の位は大きい。「詰ますのに金銀5、6枚違ってくる」(解説の野月七段)

43手目、後手からのカウンターを警戒して仕掛けを見送り▲7九玉と手待ち。手損だが後手からの仕掛けはないとみたのだろうが、ここで後手は△9四歩といきなり仕掛けていった!▲9三歩成とされても怖くないとみている。厳密には成立していなかったかもしれないが、早指しの後手番ということを考えれば、この仕掛けはアリだったと思う。何か他の手では先手の攻めを受けるだけの展開になってただろうし。

後手の攻めを先手が受けきれるかという展開。▲7三角(51手目)と打って飛車取りと▲8四角成をみせ先手の攻めを催促したが、桂馬のおかわりから△7七角が強烈、一見細そうな後手の攻めがつながった。ただ感想戦によると△7七角はやり過ぎだったとのこと。

先手も飛車を二段目に打ち込んで攻めあいになったが、▲2五歩に△7一金と寄って飛車取りに当てたのが気づきにくい好手。飛車を4段目に追いやって自玉は安全、後手の勝ちがはっきりした。

先手が手得、端の位も取って作戦勝ちのはずが、▲7九玉の手待ちで台無しにしてしまった。取った端の位を逆用され、最後は端で詰まされる。プロからすると相当悔しい負け方だろう。逆に、わずかな隙を見逃さずに果敢に仕掛けた丸山九段の攻めが見事だったといえる。「激辛流」と呼ばれ、受けのほうだけがクローズアップされるが、攻めも強いことを示した一局だった。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/01/31 08:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL