スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期A級順位戦8回戦「ラス前」

一局ずつ簡単な感想を書いていきます。

▲三浦 弘行八段-△高橋 道雄九段
一番早く終局したのは、この三浦高橋戦。後手の高橋九段が横歩取り△8四飛型+中住まい△5二玉型を採用し、先手の三浦八段は▲6八玉型で対抗。「昭和の将棋」の香りが漂う戦いとなった。30手目△7五歩からの仕掛けで、後手がポイントを奪う。7七玉型で踏ん張った先手だが、いかにも危険な構え。それでも三浦八段はこの構えで十分やれるとみていたようだ。しかし、△8二角と自陣角を打って遠く睨みを利かせたのが上手い構想。そこからは後手の攻めが続き大差の将棋となってしまった。先手は中段玉で粘るも詰めろ詰めろで迫られ、投了となった。

これで高橋九段は最終戦を待たずに残留確定。50代での2期連続残留はお見事!

▲郷田 真隆九段-△森内 俊之九段
今日勝てば挑戦が決まる可能性もあった森内九段がゴキゲン中飛車を採用した。先手は流行の「超速」▲3七銀、対して後手は△3二銀型で対抗。15手目、早くも6八玉型のまま▲3五歩△同歩▲4六銀と仕掛ける。そこで手筋の△3六歩に▲3八金(19手目)としたのが(少なくとも私は)見たことのない構想。
gouda_moriuchi1
これで後手困ってしまった。以下先手が一歩得の作戦勝ちとなったがそこから磐石の四枚穴熊に組んで後手に何もさせなかった。「▲3八金で指しようがない。以下は指してみただけ」という局後の森内の感想が凄い。私達素人には見えない微差の世界でトッププロは戦っているのだ。

数日前、「構想力を駆使し、自分なりの戦略を描き、オリジナルな手を指して道を拓いていくことも大切」という郷田九段の言葉を紹介したが、本局はその構想力の素晴らしさに尽きる。前例にとらわれず果敢に踏み込むのが郷田将棋の良さであり、私が郷田ファンである理由はそこにある。本譜は郷田将棋の名局といっても良いと思う。
参考記事:郷田真隆「プロの勝負力」(1月29日)


▲藤井 猛九段-△丸山 忠久九段
現時点で最下位、もう後がない藤井九段。今期これまでの2勝はいずれも先手矢倉で挙げたものだが、本局は先手で角交換型の四間飛車を採用した。そういえば前期「ラス前」の康光戦もこの角交換型の四間飛車だった。ゲンをかついだのだろうか?

角交換振飛車は手詰まりになりやすいと言われるが、本局もそのような展開になった。成算ありとみて、7筋から果敢に仕掛けた丸山だったが、あまり上手くいかなかったようだ。49手目の▲9五角が気づきにくい好手で、いつの間にか先手が良くなっていたという感じの将棋だった。

丸山九段の必死の抵抗を振り切って藤井九段が3勝目を挙げ、残留に望みをつないだ。

▲渡辺 明竜王-△谷川 浩司九段
これもまたゴキゲン中飛車△3二銀型vs「超速3七銀」の対抗形となった。郷田森内戦と異なり、こちらは普通の二枚銀急戦。この△3二銀型は最近流行っているが進展性がなく個人的にはあまり良いとは思えない。本局も序盤は先手のほうが模様が良かったように思う。

終盤戦が面白かった。後手の4四の角が好位置で、3五角と歩頭に捨てて先手玉を詰ます筋があり、これは「光速流」の名局なるか?と思ってみていたが、後手玉も余裕がなかったようだ。4四の角を王手で抜く変化があり、一回受けなければならないのでは辛い。最後まで際どい勝負だったが、111手目▲8五歩で一手勝ちを読みきった竜王の終盤力が見事だった。

順位戦序盤戦を引っ張った谷川九段は4連敗で挑戦者争いから脱落。しかし他の結果により最終戦を待たずに残留を決めた。

▲久保 利明二冠-△木村 一基八段
こちらは先手久保二冠のゴキゲン中飛車。後手は角交換から5筋の交換を阻止する形、対して先手は穴熊に組んだが、作戦的にさえなかったようだ。中盤から終盤にかけて、木村八段が「千駄ヶ谷の受け師」らしい指し回しで先手の攻めを切らし優勢に。しかし、敗勢になってからの久保二冠の粘りも凄かった。「さばきのアーティスト」の裏の顔は「粘りのアーティスト」ということがよくわかる将棋だった。


さて、今回の一斉対局の結果、成績は以下のようになった。
【6勝2敗】森内(3位)、渡辺(9位)
【4勝4敗】高橋(2位)、谷川(6位)、郷田(7位)、久保(10位)
【3勝5敗】三浦(1位)、丸山(4位)、木村(5位)、藤井(8位)

郷田九段まで残留確定。降級の可能性が残っているのは久保、三浦、丸山、木村、藤井の5人
藤井九段は勝って、丸山久保のどちらかが敗れた場合に残留。木村三浦の両者は降級をかけた直接対決となる。木村八段は敗れれば即降級決定。三浦八段は敗れても丸山藤井共に敗れた場合残留となる。
丸山は渡辺、久保は森内との対戦。ともに相手が挑戦者争いをしているということで厳しい組み合わせだ。

挑戦者争いは森内渡辺の2人に絞られた。最近の勢いを考えると渡辺竜王の挑戦の可能性が高くなったように思う。このBlogの新春予想で「渡辺二冠」と予想したが、名人戦にも登場しての「三冠」達成もあるかもしれない。

挑戦、降級ともに近年稀に見る大混戦となった。来月3日の「一番長い日」が今から楽しみだ。私も仕事の都合がつけば千駄ヶ谷の解説会に行ってみたいと思う。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/04 08:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL