スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期順位戦B級2組9回戦まとめ

名人戦棋譜速報

日曜日のNHK杯が熱戦だったのでそちらを先に更新しましたが、先週金曜日に行われたB級2組順位戦の結果を簡単にまとめておきます。

田中寅彦九段(2勝7敗)○-●阿部 隆八段(4勝5敗)
橋本崇載七段(8勝1敗)○-●先崎 学八段(3勝6敗)
森下 卓九段(1勝8敗)○-●土佐浩司七段(3勝6敗)
飯塚祐紀七段(4勝5敗)●-○北浜健介七段(7勝2敗)
堀口一史座七段(4勝5敗)○-●神谷広志七段(4勝5敗)
青野照市九段(3勝6敗)●-○桐山清澄九段(3勝6敗)
戸辺 誠六段(6勝3敗)●-○窪田義行六段(5勝4敗)
南 芳一九段(5勝4敗)○-●畠山成幸七段(5勝4敗)
中川大輔八段(8勝1敗)○-●佐藤秀司七段(2勝7敗)
飯島栄治七段(6勝3敗)○-●安用寺孝功六段(3勝6敗)
野月浩貴七段(4勝5敗)●-○島  朗九段(7勝2敗)
泉 正樹七段(4勝5敗)●-○阿久津主税七段(7勝2敗)

個人的に面白かったのは、千日手指し直しとなった泉阿久津戦、窪田ワールド全開の将棋だった窪田戸辺戦の2つでしょうか。あとはゴキゲン中飛車からの相穴熊となった飯塚北浜戦は、日曜日のNHK杯羽生佐藤と37手目まで同一進行なので参考になると思います。

この結果成績は以下のようになりました。

【8勝1敗】中川(8位)、橋本(15位)
【7勝2敗】阿久津(3位)、北浜(6位=ここまで昇級ライン)、島(10位)
【6勝3敗】戸辺(21位)、飯島(22位)
【5勝4敗】南(14位)、畠山成(17位)、窪田(19位)
【4勝5敗】阿部隆(1位)、堀口一(2位)、野月(5位)、飯塚(9位)、泉(16位)、神谷(18位)
【3勝6敗】先崎(4位)、青野(11位)、安用寺(12位)、桐山(20位)、土佐(24位)
【2勝7敗】田中寅(13位)、佐藤秀(23位※=降級)
【1勝8敗】森下(7位※)

昇級争いは「闘う理事」こと中川八段、BARオーナーの橋本七段、「目ヂカラ」の阿久津七段、「係長」こと北浜七段の4名に絞られました。

事前予想で昇級候補本命に挙げていた阿久津七段は、1敗勢の結果待ちとなります。阿久津七段は過去順位戦の通算成績が70勝30敗、ちょうど7割の勝率を残しているのですが、全勝・1敗が一度もない、つまり毎年最低2つは落としているんですよね。今年は順位が良いので8勝2敗でも上がれると思っていましたが・・・安定した勝率を残しているのに上がれないというのは、C級1組時代の屋敷プロを思い出します。

中川さんは連盟理事、ハッシーはBAR経営との兼業で忙しいと思うのですが、これだけ勝つのは凄いですね。

最終戦、中川八段は畠山成幸七段(降級点消去がかかっている)、橋本七段は北浜七段との直接対決、阿久津七段は安用寺六段との対戦となります。

なんとなく北浜七段の「まくり一発」が見られそうな予感がするのですが、果たしてどうなるでしょうか?

降級点(4名)は佐藤秀、森下の2名が決定。佐藤秀司七段は2個目の降級点で降級が決定しました。
残る2枠は青野九段から田中寅九段まで5人に可能性が残っています。

森下九段、佐藤秀七段、いずれも手厚い棋風の矢倉党の2人が降級点をとったのは、棋界全体で矢倉戦が減っていることと関係があるのでしょうか?(寅彦先生も矢倉党ですね)森下九段は順位戦以外はそれほど成績は悪くないようなので、来期以降の復活に期待したいですね。

B級2組最終戦は3月4日(金)に行われます。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/22 07:30 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL