スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第60回NHK杯 丸山忠久vs三浦弘行

昨年もNHK杯の準々決勝で当たった両者。前期は横歩取り8五飛vs新山崎流の将棋で激しい戦いとなった。最終盤、三浦が長手数の詰みを逃したのが印象に残っている。

本局は後手三浦の横歩取らせ、△8四飛型+中住まい。最近△5二玉型の「一手損横歩取り」(場合によっては4一玉型で戦う)が増えているのでそれかと思ったが、これは普通の中住まい。「一手損横歩取り」ならば先に△5一金と囲うことが多い。序盤は猛スピードで指し手が進んだが△7二金をみて丸山の手がパタリと止まった。
角を交換して△8五飛の局面は「僕もあまり見たことがない。▲7五角のところは未知の局面」(解説の深浦康市九段)

△5五角と香取りに打たれて▲8六角と引かされた格好はあまり良くない。序盤は「ぱっと見三浦さんがうまくやった。8六角の位置が良くない。」(深浦九段)

お互いに手を殺しあう難解な将棋となった。
先手は角を交換して▲5六角(53手目)で桂頭攻めをみせる。後手が8五に桂馬を跳ねたのに対して▲6五角(59手目)~▲7六飛も難しい手順だ。そこから角を3四に移動して中住まいの弱点であるコビンに狙いをつけたが
maru_miura_1

角の素抜きを狙われた上図で▲7七歩が渋い受け。確かに盤上この一手だが、なかなか指せない手だと思う。
この辛抱で丸山が流れを引き寄せたか。

先手は桂取りをみせて、後手の攻めを催促する。そこで後手は角切りから猛攻を仕掛けたが、丸山の冷静な受けの前に切らされてしまう。手がなくなった後手は△3三金(88手目)から守りの金を繰り出して飛車角両取りをかけるが、▲4三角成から飛車を成られて先手優勢

対して△1四角も先手玉のコビンに狙いをつけて迫力があるが、先手の攻めのほうがが速い。▲4六龍と金を払った手が逆転の芽を消した決め手となった。△4七馬に▲同龍が詰めろで綺麗な一手勝ち。

全体的に難解だったが、対局前に解説の深浦九段が言っていたように、「ねじりあい」の見ごたえのある将棋だった。

これでベスト4が出揃った。羽生渡辺糸谷丸山、昨年と同じ顔ぶれというのも珍しいのではないか。羽生渡辺丸山は常連どころなので驚かないが、糸谷五段の2年連続4強は素晴らしい。今期NHK杯も大詰め、残り3局楽しみだ。

blogram投票ボタン
↑ランキングに参加しています。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/02/28 07:00 ] NHK杯 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL