スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第69期A級順位戦最終戦その1 木村藤井降級

名人戦棋譜速報

「将棋界の一番長い日」、今回は現地千駄ヶ谷で観戦してきました。
東京将棋会館の大盤解説会に行くのは2年ぶりでしたが、とても面白かったです。
一局ずつ感想、解説会でのコメントを書いておきます。長いので2回に分けますね。まずは残留争いから。

谷川浩司九段(4勝4敗、6位)-△郷田真隆九段(4勝4敗、7位)
この2人は既に残留を決めている。予想に反して先手谷川九段の中飛車となった。谷川さんといえば角換わりのイメージが強いが、最近は振り飛車もよく指している。後手は角交換から五筋交換を防ぐ指し方。部分的にはよく見られる銀ぶつけで先手が主導権を握る。

goda

1図では先手の模様が良いとみられていた。ここから▲6六歩~▲6五歩と伸ばしていったが、大盤解説の鈴木大介八段は▲6六歩を疑問視。感覚的に、6六には将来的に角を置いて敵玉に睨みを利かしたいという。鈴木流なら▲2六歩だったか。先手が6筋を伸ばしている間に、後手は△4五歩から角を転換して陣形を立て直した。

先手はその後端を突破したが、後手の玉頭攻めのほうが速かった。郷田九段が勝って勝ち越し。谷川九段は後半5連敗で今期順位戦を終えた。

三浦弘行八段(3勝5敗、1位)-▲木村一基八段(3勝5敗、5位)
予想通り、最近流行の△5二玉型の横歩取り。端攻めを△4一玉と一手損して受ける指し方もあるが、本譜は△2三銀型。

木村三浦Ayokofu_001

解説の佐藤天彦プロは「この形は二枚の桂馬を4五と6五に跳ねて攻められると、先手としては神経を使う展開になる」とおっしゃっていた。第2図から解説のとおり「二枚桂の攻め」が炸裂する。まず△4五桂、次に△6五桂と右の桂馬も跳ねて角の逃げ道がなくなっている。そこで先手は▲5六飛と回って5四の角取りを見せたがこの手が敗着となった。△7三歩▲5四飛には一回5七桂右成の王手が利く。

以下後手の強烈な攻めが次々に決まる。横歩取りは本譜のように筋にハマッてしまうことがあるから怖い。「受け師」といえども持ちこたえられない局面が続き、80手で木村八段無念の投了となった。この時点で木村八段の来期B1への降級が決まった。


高橋道雄九段(4勝4敗、2位)-△藤井 猛九段(3勝5敗、8位)
後手藤井九段が、角交換型の四間飛車を採用した。今期順位戦では対渡辺、森内戦で採用している。

後手が端を受けなかったので、先手は▲9五歩と位を取る。7筋の位も取って高橋九段らしい構え。この位を生かした重厚な攻め、金銀のスクラムで押しつぶすような攻めを得意としている。解説の鈴木八段もA級昇級がかかった一番(注:07年の第65期B級1組順位戦最終戦、)で高橋さんの重厚な指し回しにやられたと語っていた。そこで勝又教授が瞬時に棋譜を検索してその投了図をプロジェクターで見せる。「えー、その棋譜も見せるんですか」という感じで苦笑いの鈴木先生が面白かった(笑)


さて、高橋藤井戦。この将棋は高橋九段の完勝と言ってもいいだろう。千日手模様となったが、▲1七桂から果敢に打開して先手が良くなった。75手目▲1九歩~▲2八歩で角馬二枚を無力化したのが「三手一組」の好手だった。私は対振りには位取りを愛用しているので、この棋譜を何回も並べて勉強したいと思う。

敗れた藤井九段は残念ながらA級から陥落することとなった。王座戦に挑戦するなど今年度は復調の兆しが見られたが順位戦では星が伸びなかった。本局もそうだが、後手の角交換振り飛車で勝ててないのが気になる。先手では「藤井矢倉」があるのだが。
序盤の構想力は棋界でもトップクラスなので、早くA級に戻ってきてほしい。


降級したお二人には直ぐ戻ってほしいところだが、来期のB級1組も混戦が予想される。
今期の佐藤康光九段は別格の強さを見せたが、この2人は1期でA級に戻ることができるだろうか。









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/04 21:00 ] 名人戦・順位戦 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL