スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第48回三段リーグ最終戦

門倉啓太・阿部光瑠 新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
第48回奨励会三段リーグ成績表(日本将棋連盟)

23日に行われた三段リーグ。第18回戦と19回戦が行われ、その結果13勝5敗の門倉啓太三段、阿部光瑠(こうる)三段が四段昇段を決めました。おめでとうございます!

門倉新四段は三段リーグ在籍通算11期の苦労人。NHK杯の記録係としてご存知の方も多いでしょう。Twitterにもいらっしゃるので個人的に応援していました。つぶやきを見る限り明るく面白い人のようですね^^大学にも通われていたようで両立は大変だったと思います。今度は対局者としてNHKに出てほしいです。

阿部光瑠(こうる)新四段は16歳、青森県出身。今年前期に四段昇段を決めた佐々木勇気四段と同学年。誕生日では佐々木四段より2ヶ月遅い阿部光瑠四段は最年少棋士となります。佐々木四段同様スピード出世で将来が期待されます。


前期に昇段を決めた佐々木勇気、船江恒平、そして今回の門倉、阿部、さらにはフリークラスからの「脱出」を決めた吉田正和の5人が6月から始まる順位戦(C級2組)に新たに参加することになります。特に16歳の佐々木、阿部の両先生がどのような活躍を見せるか注目したいと思います。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/03/24 22:13 ] 奨励会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL